マイナビ薬剤師 連載コラム更新のお知らせ

先週末からつるバラの冬剪定を始めました。
この冬はアーチを増やしたので、お休みごとにしばらく作業が続きます。
トゲにひっかかったり、高いところで作業したりと大変なこともありますが、
来春の開花をイメージしながらの誘引は、つるバラを育てる一番の楽しみです。


今月もマイナビ薬剤師 薬剤師のための情報コラム「薬+読(やくよみ)」
連載コラム「薬剤師の接遇・マナー」が更新されました。

95回目のテーマは、Q95 「精神科患者さんとの上手なコミュニケーション」です。

是非ご覧ください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
# by smile_garden | 2017-12-05 17:18 | お知らせ | Comments(0)

マイナビコメディカル・セラピストプラス 連載コラム更新のお知らせ

12月になり、住宅街を歩くとあちこちで
クリスマスの飾りつけを見かけるようになりました。
庭のイルミネーションの他に、
玄関のドアにクリスマス・リースを掛けているお宅もあり、
紅葉が終わった後も街歩きが楽しみです。


今月もマイナビ コメディカル(旧マイナビ医療介護のお仕事)
「セラピストプラス」の連載コラム
『セラピストのためのビジネスマナー』が更新されました。

第15回 こんなときはこう答える!言葉遣いQ&A その1

どうぞよろしくお願いします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
# by smile_garden | 2017-12-04 17:22 | お知らせ | Comments(0)

社名に込めた思い

今日で11月も終わり。今年も残すところ1ヶ月ですね。
寒さに負けず咲き続けた熱帯スイレンも、一昨日ついに最後の花が終わりました。
4月後半の温帯スイレンに始まり、夏から11月終わりまでは熱帯スイレンが、
毎日どこかの鉢で花を咲かせて、長い間、次から次に楽しませてくれました。
来春もしっかり植え替えて、またたくさん花を咲かせたいです。


先日伺った大学病院の医療安全講演でのこと。

講演後の質疑応答の時間、
医師の先生方からのご質問やお言葉のあとに、突然その質問をいただきました。

「スマイル・ガーデンの意味は何ですか?」
と。


思いおこせば、創業時はどこに行っても説明したものですが、
この頃では自分でもわざわざ口にすることはなくなり、
質問されることもほとんどありません。


花がいっぱいに咲く庭を見ると、多くの人がやさしい気持ちや笑顔になります。

医療機関や会社の職場に、
花が咲く庭のように笑顔があふれる空間を作るお手伝いをしたい。

そんな思いで、スマイル・ガーデンという社名をつけました。

創業当初、植木やさんですか?花屋さんですか?などとよく聞かれたものです。
あからさまに「違う社名にすればよかったのに」と言われることもありましたが、
自分では今もとても気に入っています。


・・・という説明をして、講演を終え、帰路に着いたところ、
偶然にも、上の質問をくださったKさんと一緒になりました。

最寄駅までの道中、
病院で長年ボランティアをされているというKさんからさまざまなお話をうかがい、
本当に貴重な楽しい時間を過ごすことが出来ました。

Kさん、素晴らしいお話をありがとうございました。
これからも益々お元気で、ボランティアのお仕事頑張ってください!


質問のおかげで、久しぶりに創業当時のことを思い出し、
講演とは関係ないお話をしてしまって恐縮しながらも
ちょっぴり嬉しい気持ちになりました。

何より、初心にかえって自分の立ち位置や目標を確認するいい機会になりました。

素敵な出会いと気付きを得てモチベーションも上がり、
これからも初心を忘れずに頑張ろう!
と気持ちを新たにした1日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
# by smile_garden | 2017-11-30 19:48 | 研修・講演 | Comments(0)

患者さんの気持ちに思いを馳せる

11月も後半、日ごと最低気温が更新され、真冬のような寒い日が続きます。
今年は、近くのウォーキングコースでも木々の紅葉が鮮やかで見応えがあります。
それほど冷え込みが厳しいということでしょう。
赤~黄のグラデーションや真っ赤できれいな落ち葉を見つけては
何をするでもないのに毎回拾いたくなる衝動をグッとこらえて歩いています。


おかげさまで、今年もリピートのクライアント様はもちろんのこと、
新しいクライアント様にも研修や講演にお招きいただき、各地を訪れました。

今日は二十四節季の小雪ですが
先週くらいから、北日本や日本海側の地域を訪れると雪景色に出会うこともあり
本格的な冬になったことを実感しています。


先日の接遇研修で、患者さんへのお声がけについてご相談を受けました。

何か困っているような気配を感じることがあるのだけれど、
声を掛けたら、かえって迷惑なのではないかと躊躇してしまう、
とのことでした。


患者さんに声をかけると、
嫌われるのではないか?嫌がられるのではないか?
と尻込みしてしまう、という話もよく聞きます。


私は、それは考えすぎ、間違った思い込みだと思っています。

確かに、時と場合によっては、余計なお世話と思われたり、
煙たがられることもあるかもしれません。

でも、相手の気持ちを考え、何か役に立てることはないかと考えたり、
相手を思いやる、その気持ちは、伝わるはずです。


やってみないと結果はわかりません。
喜んでもらえるかもしれないし、怒られるかもしれません。

失敗を恐れるあまり、悪い方ばかり考えてしまいがちですが、
案外、喜んでくださる患者さんが多いように思います。

人は誰でも、自分の存在を認めて欲しいと思っています。
声を掛けられるということは、
存在を認めてもらった、と感じられるそのものだからです。


質問のような思いを抱えている人は、
もしかしたら、前に一度でも二度でも
声を掛けてみて、患者さんから反応がなかったり、
嫌な顔をされた経験があり、
そのために声を掛けることに迷いがあるのかもしれません。

でも、過去の経験に引きずられて声を掛けることをやめてしまうのは
絶対にもったいないことです。

なぜなら、あなたの患者さんを思う気持ちが
患者さんに届かないままになってしまうから。

そして、もし失敗したとしても、その失敗のおかげで
声をかけるタイミングなどの要領が少しずつつかめてくるものだからです。


患者さんの気持ちに思いを馳せ、
自分に出来ることがないか考える。

困っているのかな。自分に何ができるかな。
痛みが強いのかな。立っているのがつらいのかしら。

患者さんはどうして欲しいと思っているのか。
どうしたいと思っているのか。
何を望んでいるのか、いないのか・・・。

考えたら、勇気を出して声を掛けてみましょう。


予想したことが外れてしまったら、
そのときは、素直に謝ればいいのです。
申し訳ありませんでした、と。

役に立てるとわかったら、次は行動です。

すぐに対応できないのであれば、
どうすればいいか、考える。
時には周囲の力を借りることもあるでしょう。


最初はドキドキびくびくするかもしれないけれど、
患者さんの気持ちに思いを馳せることが習慣になれば、
その後の行動も自然と習慣になっていきます。

そして何より、患者さんに喜んでもらえたら、
それが自信につながります。


迷ったりためらったりする気持ちもわかりますが、
勇気を出して、是非、ひと声掛けてみてください。

あなたの患者さんを思う気持ちを大切に、
ひとつ一つの言葉の積み重ねも大切に。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


[PR]
# by smile_garden | 2017-11-22 17:28 | コミュニケーション | Comments(0)

m3.com薬剤師コラム「患者タイプ別 服薬指導のツボ」第9回掲載

今朝のウォーキングで、皇帝ダリアをあちこちで見かけました。
昨日までまるで気付いていなかったことを情けなく思うほど、
高く高く伸びた枝先で大きな花を咲かせる姿は、いつ見ても迫力があります。
秋バラも1番花が終わり、これからは2番花が楽しみです。


m3.comにて連載中の薬剤師コラム
「患者タイプ別 服薬指導のツボ」が更新されました。

「患者タイプ別 服薬指導のツボ」
第9回 薬をためこむ患者さん

どうぞよろしくお願いします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
# by smile_garden | 2017-11-18 11:02 | お知らせ | Comments(0)