汗とビタミン・ミネラルの関係

関東~東北地方では、各地で真夏日となりました。
一方、九州北部地方では、大雨・長雨による被害が出て、
一部地域では避難している方もいらっしゃいます。
梅雨明け前ですが、不安定なお天気が続いて心配です。


熱中症が話題にのぼることが多くなってきました。
自分の身体の声をしっかり聴いて、
睡眠不足や体調不良を感じたら、無理をしないように十分気を付けましょう。


梅雨の晴れ間の今日も蒸し暑く、
気持ちよい風が吹いていても、少し歩くと汗が流れてきました。

汗をかくのは、身体が熱くなり過ぎるのをを防ぐ大切な身体の機能。
しかし、汗をかきっぱなしでは、身体はカラカラに乾いてしまいます。
こまめな水分補給が重要。のどが渇いたと思う前に、少しずつ飲むのがポイント。
そして、もう一つ気を付けたいのが、ビタミンとミネラルの補給です。


発汗によって水分が失われるとき、
ナトリウムやカリウムなどの水に溶けているミネラルも一緒に流れ出てしまいます。
また、汗と一緒に体内に蓄えられた水溶性のビタミンも流れ出てしまうため
ビタミンが不足ぎみになることも。

ミネラルやビタミンが体外に流れ出てしまうと、
体内のミネラル・ビタミンのバランスが崩れ、
神経伝達や代謝がスムーズに進まなくなります。
これが疲れやすくなったり夏バテを起こす原因にもなるので、要注意です。


そこで、汗をたくさんかく時期に、不足しがちなミネラルやビタミンを補う方法について。

食事で補給するのが一番ですが、是非取り入れたいのが、この時期に旬の夏野菜です!


夏野菜には、たっぷりの水分が含まれるのはもちろんですが、
汗とともに失われやすいビタミンやミネラルをたくさん含むものが多く、
この時期不足しがちな栄養を自然に補う事が出来ます。

キュウリやナス、トマトなど今では一年中どこでも手に入れる事が出来ますが、
本当の旬はこれからです。


夏野菜は生食やちょっとしたひと手間で食べられるものが多いのも特徴。

利尿作用により体内の余分な水分や熱を取り去って夏バテに効果を発揮するキュウリ。
水溶性のビタミンB群やビタミンCを含み、抗酸化力のあるリコピンが豊富なトマト。
オクラやモロヘイヤなどのネバネバ成分のある野菜も欠かせません。


汗をかいたら水分の補給を怠らないのはもちろんですが、
ビタミン・ミネラルもしっかり摂って、熱中症や夏バテを予防しましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-07-04 20:11 | Comments(0)
<< どうやったら行けるかな? アメンボがやってきた! >>