敬語が苦手な人へ・・・敬語を使えるようになるコツ

大型の台風18号が過ぎて、すがすがしい秋晴れが広がっています。
今晩は満月、そして皆既月食が見られるそう。
3回連続のスーパームーンの次は皆既月食だなんて、聞いただけでワクワクです。
月は午後6時過ぎから欠け始めるそうですが、心配なのはお天気。
赤銅色の満月が見えるのを楽しみにしています。


医療機関をはじめとする接遇コミュニケーション研修で
多く寄せられるご要望が敬語に関するもの。

そこで今日は、敬語について最近感じていることを少し書いてみます。


敬語というと、その言葉を聞いただけで、難しいもの、触りたくないもの、苦手なもの、
という印象を持つ方が多いようです。

しかしながら、そういう思いを抱いている方でも、敬語を使いこなせるようになりたい、
と思っている方が多いのも事実でしょう。


敬語に苦手意識をお持ちの方は、年齢も性別もさまざまです。
その多くの方が、一度は敬語の本を手に取ったり、
実際に使ってみようとチャレンジをした経験のある方々。

苦手意識を持つに至る経緯や原因が人それぞれにあるわけで、
それを大きくくくってしまえば、
一度トライしたけど上手く使えなかった、ということになりそうです。


せっかくヤル気を出してチャレンジしたのに、
一度や二度の失敗で諦めてしまうのはもったいないことです。

そこで、いつも研修でお話していることですが、
敬語を使えるようになるコツをご紹介します。


それはいたって簡単、
敬語を一つずつ繰り返し練習して身につける。
これに尽きます。

ポイントは「一つずつ」と「繰り返し」。
これだけです。


敬語に限らず、新しいことを身につけようと思ったら練習するしかありません。

私たちは普段づかいの言葉に慣れてしまっているので、
そこに新しい言葉、それも難しいと思い込んでいる敬語を
日常の会話にはさみ込んで自在に使えるようになるまでには
それ相応の時間がかかります。

なのに何故か、本を読んだらその後は
練習もせずに、すぐに使いこなせるようになると思ってしまうのですね。
そして多くの方が、一度試してうまくいかないからと練習もせずにやめてしまう・・・。

普通の言葉でも十分生きていけるから敬語は要らない、と自分に言い聞かせたり、
仕事をしながらずっと敬語コンプレックスを抱えていたりする方のお話を聞くたびに
ヤル気があるのに、もったいないなぁ、と思うのです。


新しいことを身につけようとすれば、
それが誰であっても、失敗を繰り返したり、冷や汗をかいたり、
恥ずかしい思いをすることはあるのです。

失敗を繰り返して、恥ずかしい思いもして、その結果、自分のものになるのです。

決して、自分だけ出来ないとか、センスがないとか、向いてないとか、
そういうことではないはずです。


一気に上手になろうとするから、うまくいかない。
私にはそのように思えます。

英語の勉強を始めた時、繰り返し単語を書いて読んで覚えませんでしたか?
敬語も同じように、繰り返しの練習が大切。
基本は日本語ですから、英語よりすんなりと身に付くと思います。


かくいう私も、人様の前でお話させていただく立場になっている今ですら
恥ずかしながら、敬語を使いこなせているとはとても言えません。

だからこそ、新しく覚えようと決めた敬語があれば
それを意識して繰り返し使うようにしています。

実際に相手がいる状況で使って練習すると一番いいのですが、
その状況がいつでもどこでも生じるわけではないので
ひとりでいるときにいつでもどこでもブツブツ口に出して練習します。

最初は口がもつれたり、噛んだりしますが、
1週間も繰り返せば、口元でもたつくことはなくなります。
少なくとも、たどたどしさは消えていきます。


どんな状況で使う言葉かイメージをふくらませながら、これを少しずつ繰り返せば、
いつしか自在に使える敬語のパターンが増えていきます。

繰り返しますが、一度にたくさん覚えようとしないこと。
一つ使えるようになってから、次の新しい言葉にチャレンジする。

一つずつ、時間をかけてゆっくり地道にコツコツと。
焦ることはないのです。
それが一番の早道のように感じています。


尊敬語、謙譲語、クッション言葉など、
相手やTPOに合わせて敬語を使いこなせるようになれば
それだけで相手への敬意や思いやりを伝えることが出来るようになり
コミュニケーションの幅が広がります。

相手があってこその私たちです。
コミュニケーションスキルの一つとして
是非楽しんで敬語を身につけてほしいと願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-10-08 10:25 | 接遇マナー | Comments(0)
<< マイナビ薬剤師 連載コラム更新... 深まる秋、味覚の秋 >>