カテゴリ:研修・講演( 37 )

社名に込めた思い

今日で11月も終わり。今年も残すところ1ヶ月ですね。
寒さに負けず咲き続けた熱帯スイレンも、一昨日ついに最後の花が終わりました。
4月後半の温帯スイレンに始まり、夏から11月終わりまでは熱帯スイレンが、
毎日どこかの鉢で花を咲かせて、長い間、次から次に楽しませてくれました。
来春もしっかり植え替えて、またたくさん花を咲かせたいです。


先日伺った大学病院の医療安全講演でのこと。

講演後の質疑応答の時間、
医師の先生方からのご質問やお言葉のあとに、突然その質問をいただきました。

「スマイル・ガーデンの意味は何ですか?」
と。


思いおこせば、創業時はどこに行っても説明したものですが、
この頃では自分でもわざわざ口にすることはなくなり、
質問されることもほとんどありません。


花がいっぱいに咲く庭を見ると、多くの人がやさしい気持ちや笑顔になります。

医療機関や会社の職場に、
花が咲く庭のように笑顔があふれる空間を作るお手伝いをしたい。

そんな思いで、スマイル・ガーデンという社名をつけました。

創業当初、植木やさんですか?花屋さんですか?などとよく聞かれたものです。
あからさまに「違う社名にすればよかったのに」と言われることもありましたが、
自分では今もとても気に入っています。


・・・という説明をして、講演を終え、帰路に着いたところ、
偶然にも、上の質問をくださったKさんと一緒になりました。

最寄駅までの道中、
病院で長年ボランティアをされているというKさんからさまざまなお話をうかがい、
本当に貴重な楽しい時間を過ごすことが出来ました。

Kさん、素晴らしいお話をありがとうございました。
これからも益々お元気で、ボランティアのお仕事頑張ってください!


質問のおかげで、久しぶりに創業当時のことを思い出し、
講演とは関係ないお話をしてしまって恐縮しながらも
ちょっぴり嬉しい気持ちになりました。

何より、初心にかえって自分の立ち位置や目標を確認するいい機会になりました。

素敵な出会いと気付きを得てモチベーションも上がり、
これからも初心を忘れずに頑張ろう!
と気持ちを新たにした1日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-11-30 19:48 | 研修・講演 | Comments(0)

講演前のアナウンスに感動

ハクモクレンの花をあちこちで見かけますが、
通りがかりの公園では、コブシの蕾もだいぶ膨らんできました。
ユキヤナギやオウバイもちらほら花が咲き始め、
春の兆しを見つけるたびにワクワクするこの頃です。


先週の講演先で、とても心動かされた出来事がありました。

かなり早くからご参加の皆さんがお集まりくださり、
会場がにぎわっているのが分かりました。
そして、開始直前を知らせる、担当の女性のアナウンスが始まります。

どの会場でもよくあることなのですが、最前列って、だいたい空いていますよね。
その日も、前から2~3列がほぼ空いたまま、最後列まで大勢の方が着席されていました。

ここで、担当女性が声を掛けました。
「皆さん、前の方が空いていますよ。
 前の方が良く見えるしよく分かりますよ。前に移動しませんか」
これも、言ってみればよくあるお声がけです。


私が感心したのはその後のこと。

誰も前に動かないのが分かると、
「じゃあ皆さん、一列ずつみんなで移動しましょう。お願いします!」
とニコニコ笑顔でさらりと言ったのです。
特別に丁寧な言葉でもなく、ごくごく普通に。

内心、そんなこと言っても・・・と思っていた私。

ところが、その直後、着席していた方々が一斉に移動し始めたのです。
会場中が一斉に。
せっかく移動するのなら、と思ったのでしょうか、最前列もあっという間に埋まりました。

この見事な光景を目の当たりにして、心の底から、本当に感動しました。


100名近くいらしたご参加の皆さんほぼ全員がサッと移動して着席。
圧巻でした。
もちろん、気持ち良く登壇したのは言うまでもありません。


講演後、その担当者の女性に「感動しました!」と伝えたところ、
そこで返ってきた言葉がまた素晴らしかったです。

「私は何も・・・皆さんが動いてくれただけです」と。

何かコツがあるのか、あれば教えてほしいと思っていましたが、
完全に私の思い違いでした。

彼女の思いやりの姿勢、気持ち良く過ごしてほしいという願いや感謝の気持ちが
参加者に伝わるのですね。

もちろん、日頃からの信頼関係や環境もあると思います。
でも、決してそれだけではないはず。
主催者も参加者も、みんなが互いを思いやる気持ちがあふれていました。


本当にいいものを見せてもらいました。
言葉の力、声の力、笑顔の力・・・思いやりが伝わる瞬間に居合わせて
そても幸せな気持ちになりました。

終演後、ご参加の方々からご質問やお声がけもいただき、
素敵な出会いに感謝感激の1日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-03-15 11:41 | 研修・講演 | Comments(0)

新人研修に向けて

今日から3月。日中の日差しに春のぬくもりを感じます。
気付いたらミモザが満開になっていて、わぁいつの間に!と嬉しくなりました。
朝晩の冷え込みはまだ残り、インフルエンザは今も流行が続いています。
気温変化に惑わされて風邪をひかないよう、体調管理に努めましょう。


3月に入り、各職場では新入職の皆さんを迎える準備が着々と進んでいることでしょう。
もちろん私も、新人研修に向けて準備しながら、
今年はどんな出会いがあるだろうとワクワクしています。


4月にお目にかかる新人の皆さんに、伝えたいことがいっぱいあります。
中でも、失敗を恐れないで欲しい、と強く願っています。

印象に残っている西郷隆盛の言葉をご紹介します。

  間違いを改めるとき、自ら間違っていたと気付けばそれでいい。
  そのことを捨てて、ただちに一歩を踏み出すべし。

  間違いを悔しく思い、取り繕うと心配することは、
  たとえば茶碗を割り、その欠けたものを合わせてみるようなもので、
  意味がないことである。


間違いは誰にも起こるもので、
間違いが起きたらその事実をしっかり受けとめ、
また前に進んで行けばいいのです。

間違いが起きない人などどこにもいないはず。
失敗しても間違えても、そこで挫けるのではなく
そこから何を学べるかが大切です。

新人を見守る先輩や上司の皆さんも、
自らが間違いや失敗を乗り越えてきたことを
是非、新人の皆さんに伝えて欲しいと思います。


この時期、リピートで新人研修に伺うクライアントさんも多く、
顔馴染みの担当者さんに会うのも楽しみです。

昨日連絡をくれたTさんは、新人研修の受講者としての印象的な出会いに始まり、
その後も毎年、この時期にお目にかかっています。

1年ごとに話し方や立ち居振る舞いにも成長や自信が感じられて、
この仕事をしていて良かった、と思う嬉しい瞬間です。


1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。
・・・と言うくらいですから、今日からの1ヶ月も1分1秒無駄にしないよう
しっかり前を見て、4月に向けて準備していきたいと思います。

Tさん、今年の新人研修もよろしくお願いします!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-03-01 17:41 | 研修・講演 | Comments(0)

研修は「きっかけ」

今朝、冷たい空気のずっと向こうに、真っ白に雪化粧した富士山の頭が見えました。
くっきりと富士山が見えるようになると、冬を実感します。
身近なところでもインフルエンザの話題が増えてきました。
空気が乾燥しています。うがい手洗いを欠かさず、感染予防に努めましょう。


秋の研修が一段落して、各地から研修のご感想やレポートが次々に届いています。
ご参加いただた皆さん、本当にありがとうございます!

嬉しいのは「職場に帰って早速実行します」という皆さんからのお声が多数見られること。
皆さんの明るい笑顔が見えるようです。

研修はきっかけでしかないと思っています。
私の仕事は、変わっていくためのきっかけを提供することです。

研修で得た気付きや学びを現場にどうやって活かしていくのかは、
皆さんのやる気や熱意によるところが大きいです。

「良かった」「よく分かった」で終わりにすることなく、まずは何か一つでも行動してみる。
実際にやってみて、各職場に合う形に変えながら
より良い職場文化を築いていただきたいと願っています。

私自身も、皆さんからもらった刺激や気付きを今後の研修に活かして
もっともっと多くの職場に笑顔とワクワクを届けたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-08 17:32 | 研修・講演 | Comments(0)

想像力の目

庭のライラックが黄葉しました。
葉っぱが落ちないままに、全体がそっくり黄色く色づいた姿に見とれています。
街歩きをしていても、移動中の車窓からも、この時期の景色は見飽きることがなく、
日本にいて良かったとしみじみ思います。
今年は街中の紅葉も色が鮮やかに感じられて、ワクワクの毎日です。


今日も医療機関での接遇研修でした。
とても嬉しいことがあったので、早速ご紹介したくなりました。


少し前に「背中に目をつける」という記事を書きました。

後ろのことは目には見えないけれど、
背中に目を付けたつもりで、音や雰囲気に敏感に反応して、
見えない場所にいる患者さんのご要望にも
お応えできるように努力する、というような内容でした。


実は、今日の研修でも、同じお話をしたのですが、
研修後、今回もやはり医師の先生から
「自分も同じように考えているので、とても嬉しい気持ちで聞かせてもらった」
とご感想をいただきました。

F先生からは、研修前に心温まる素晴らしいお話を聞かせていただき、
私の方がたくさんの感動と大きな気付きをいただきました。

さらに研修後のご感想までいただいて、
平静をよそってお話を伺っていましたが、
あまりに嬉しくて、大きくうなずくだけでなく、心の中でもガッツポーズをしたほどでした。


さて、F先生は、私が言うところの「背中の目」のことを「想像力の目」とおっしゃいました。
なんて素敵な言葉だろうと思い、しっかり心の中にメモしました。

確かに、背中の目は想像力の目です。

見えないところにいる患者さんが、今何をしているのか、
何か困った事はないか、気分が悪くなったりしていないか、
何か手助けしてほしいと思っているのではないか・・・。

想像力を働かせることで、背後で起こるかもしれない出来事が見えてきます。

何か作業をしているときでも
見えている場所も見えない場所も、小さな変化を見逃すことがないように
想像力をフルに働かせる。

慣れてくると、自然と意識が向くようになります。
私ももっともっと、想像力に磨きをかけたいと思います。


F先生のお話を伺いながら、
どんな小さなことも、たとえ医療とは関係のないことであっても、
全てがどこかでつながっている、と感じました。

無駄な事はひとつもない。
失敗も成功も、仕事での経験もプライベートでの出来事も、
全てが身について、いつかどこかで役に立つ。
そんな思いを強くしました。


これからは、F先生のお言葉をありがたく頂戴して
「想像力の目」としてお話をさせていただこうと思います。

F先生、そして、本日の研修でお世話になった皆さん、
どうもありがとうございました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-11-18 17:33 | 研修・講演 | Comments(2)

「背中に目をつける」

コスモスやシュウメイギクが満開で、ここでも秋本番を感じます。
どちらの花も、日本名に秋の文字が入りますが、
花の色合いまでも秋のおだやかな季節にぴったりで、見ていて嬉しくなります。


各地で研修や講演・セミナーが続き、
おかげさまで本当に嬉し楽しの毎日です。

研修が終わると、アンケート結果やレポートの形で
ご参加の皆さんのお声が届きます。

それらを見て、私自身が「また頑張ろう!」と元気をもらっています。
ご参加の皆さん、素敵なメッセージをありがとうございます。


先日、ある研修で「背中に目をつける」というお話をしました。

自分の前にいる患者さんは見えても、後ろは見えない。
でも、背中に目をつけたつもりで、人の動きを音や気配で敏感に察して
見えない場所にいる患者さんの要望にも、お応えできるよう努力しよう。

そんなお話をしたのです。
私自身が、患者さん応対で心がけてきたことそのものです。

すると、研修後、ご参加くださった医師の先生から
「自分も常日頃同じことを思って行動している」というご感想をいただきました。

同じように「背中に目をつけて」患者さんを思っている医療者がいると分かり、
とても励みになりました。


医療の現場に立っていると、自分の考えが正しいのか間違っているのか、
ときに不安になることがあります。

正しいと信じて、患者さんのお役に立てると信じてやっていることに
他者との違いを感じて、迷うこともあります。

そんなとき、同じ考えを持つ人に出会えると、
嬉しい気持ちになり、自信を持つことにつながります。


私の研修でも、今回の私のように、自分と同じような考えに出会うことで
「自信が持てた」「励みになった」「やる気が出た」というようなお声が多く寄せられます。

研修という場で自分の思いを再認識して、もっと頑張ろう、と思ってもらえることは
私にとっても大きな喜びであり、やり甲斐でもあります。

これからも、日本中の医療者の皆さんに
笑顔と勇気、自信とワクワクをたくさん届けられるよう、精一杯頑張ります!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-10-17 18:07 | 研修・講演 | Comments(0)

研修の秋、真っ盛り

ススキの穂が風に揺れ、畑の柿やみかんが少しずつ色づき始めました。
今年初めて植えてみたコキアも枝が赤く色づいてきました。
早いところでは、サツマイモやサトイモの収穫も始まっているようです。
収穫の秋、到来ですね。


読書の秋、スポーツの秋、実りの秋、といろいろな秋がありますが、
私はと言えば、おかげさまで、研修の秋、真っ盛りです。

リピートのクライアントさんをはじめ、初めての訪問先でも、
参加者が過去最高人数だったり、
ご質問やご相談を次々にいただいたりと
大変充実した時間を過ごしています。

お招きくださったクライアントさん、ご担当者さん、
そして遠方からも足を運んでくださるご参加のみなさんに
心より感謝申し上げます。


研修の度にさまざまな新しい感動や気付きがありますが、
先日は、お昼の休憩で偶然ご一緒した女性のお話に大変刺激を受けました。

最初は、
「職場の事務の人たちも誘えば良かった!」
「これから職場に帰ったら、今日の話を10分くらいにまとめてすぐに伝えます」
等々、午前中の研修についてのご感想やお仕事の話を伺いました。

そこから話がどんどんふくらんで、
「現状に不満はないけれど、もっと違うこともやってみたい」
「さらにステップアップできるのではないかといろいろ考えているところです」
等々のお話になりました。

医療者との対話の中で、個別に将来のビジョンについて伺うことはごくごく少ないので
私自身、とても興味深くお話を伺いました。

医療者として、女性として、共通の思いや悩みもあり、
研修の話から大きく展開して、地域医療で患者さんのお役に立つために何ができるかなど
研修の休み時間だということを忘れてしまいそうなくらい、
さまざまな視点から話が盛り上がりました。

参加者と一緒にお昼をいただく機会はあまりないので、
本当に刺激の多い充実したランチタイムになりました。


この日は、参加者がお互いに自分の悩みや解決方法をシェアし合う姿勢が素晴らしく、
私も講師として、その気持ちに応えたい、あれも話したい、これも話したい、
とどんどん欲張りになって、研修が盛り上がっていったように思います。

研修は生もの、そして、人と人とのつながりが増えるほどに
研修の中身が濃くなっていくことをあらためて実感できた1日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-10-07 20:01 | 研修・講演 | Comments(0)

新人研修を前に、嬉しい出来事

庭のユキヤナギとサンシュユが満開、ライラックとゲンカイツツジが咲き始め、
ハナカイドウの蕾も赤くなってきました。
赤いチューリップもいつのまにか咲き揃い、庭が一気に春めいてきました。
道端で見かけるタンポポの黄色に、本格的な春の訪れを感じます。


4月の新人研修を前に、とても嬉しいことがありました。
毎年お世話になっているクライアントの担当者さんが
「離職者が年々減っている」と教えてくださったのです。

私が新人研修でお世話になり始めてから、この4月で4年目。
ごく一部を担っているだけなので、私の力など本当に微々たるものと思っています。

それでも、この3年で目に見えて離職者が減ってきたと伺い、
ほんのわずかであっても、お役に立てたかもしれないことが嬉しくてたまりません。


新人研修では、接遇マナーを通して社会人としての心構えもお伝えします。

そして、先輩たちがどんな気持ちで指導しているか、
教える立場の先輩たちが厳しいのは、皆さんを嫌っているからではないのだということも
繰り返しお伝えしています。


新人研修やその後のOJT研修で、上司や先輩から厳しい指導を受けると
「嫌われているのではないか」「辞めさせようと思っているのではないか」などと
なぜか悪い方に考えたり勘ぐったりする方がいるものです。

そこで「先輩たちは、あなたたちのことが大好きなのよ」と伝えると、
一斉に「え~っ!」と驚きの声が上がります。

最初は、その声を聞いて私の方が驚きました。
まさか、本当にそう思ってるわけじゃないよね?と。

「上司や先輩方は、あなたたちに期待して、あなたたちの成長を楽しみにして、
はやく仕事を覚えて欲しい、一人前の社会人になってほしいと願って、
いろんなことを教えようと努力している」等々お話します。

すると、研修後のレポートには
「知らなかった。本当に嫌われていると思っていた」
「先輩は私たちを嫌いじゃないと分かってホッとした」
というような、これまた驚くような言葉が並びます。

なんでもないことのようですが、新人の皆さんに安心して研修を受けていただけるように
心のケアも大切にしたいと思っています。


あと数日で、大勢の新社会人が誕生します。
教えられる側はもちろん、教える側もみんな真剣、一生懸命です。

お互いを思いやる気持ちを大切に、お互いに感謝の気持ちを忘れずに
新しい生活をワクワク楽しい毎日にしていきたいですね。

私も、今年もたくさんの新しい出会いがあることを楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-28 17:38 | 研修・講演 | Comments(0)

「医療現場がわかる接遇講師」

庭のオウバイが満開です。
バラの新芽もだいぶ伸びてきて、早くも花が咲く頃を想像して楽しんでいます。
少しずつ花の彩りが増えてきて、春だなぁと感じるこの頃です。


3月も、はや半ばを過ぎました。
目の前に迫ってきた新年度の準備に追われている方も多いことでしょう。
かくいう私も、4月から始まる新人研修の準備でタスクリストがいっぱいです。

この時期嬉しいのは、毎年訪れる研修先でのお世話になった方々との再会です。

新人研修に参加された方に、1年経った今、お目にかかると
雰囲気が大きく変わっていて気付かないこともしばしば。
1年でぐんと成長が感じられると、私の方が嬉しくなります。

また、何年かぶりですれ違っても、すぐに気付いてくださり
笑顔でお声掛けいただけることも多く、本当に講師冥利に尽きます。


今までと少し違う出会いもあります。

昨年、いくつかのWeb講演に出演させていただきましたが、
そちらを視聴してくださった医療機関からご依頼を受けることも増えてきました。

すると、実際に研修先を訪れるのは初めてにもかかわらず、
ご参加の皆さんが私のことを何故かよく知っていて、
「初めてじゃないみたい」とおっしゃってくださいます。
とても不思議な、でも嬉しくて温かい気持ちになる瞬間です。

先日の研修先では、当初100名さまくらいと伺っていたのですが、
開始時刻が近づくに連れ続々と集まって、240名さま近くがご参加くださったそうです。
立ち見のまま最後まで熱心にお聞きくださった方々、本当にありがとうございました。


おかげさまで、多くのクライアントの皆さんが「医療現場がわかる接遇講師」として、
リピートのご依頼をくださいます。

先日も、「とてもよかった」「ためになった」「今までの(接遇研修の)先生と違う」
「医療現場のことがよくわかっている」等々のお声を頂戴しました。
本当にありがたいことです。

この春も、一期一会、お一人お一人との出会いを大切に、
心の底から湧きあがる思いを胸にフルスロットル全力で
医療の現場ですぐに役立つ内容をお届けしてまいります。

近くで見かけたら、是非お気軽に声をかけてくださいね。
皆さんとお目にかかるのを楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-18 17:15 | 研修・講演 | Comments(0)

武田薬品 TV/Web講演会「LAB」に出演しました

梅雨明けと同時に、庭のカサブランカが満開になりました。
昨年買い足したピンクのカサブランカはついに芽が出ないまま。
諦め切れず、来年ひょっこり芽が出たりしないかな?と思い続けています。


今日は、5月に続き武田薬品工業株式会社主催
TV/Web Seminar Lunch conference about Advanced Benefit
「患者さんにやさしさとぬくもりが伝わる接し方」
に出演させていただきました。

お招きくださった武田薬品工業株式会社様、
お忙しい中ご視聴いただいた全国の医師および医療関係者の皆さん、
誠にありがとうございました。

短い時間でしたが、
何か一つでも日々の業務のお役に立つことがありましたらとても嬉しいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-07-22 21:05 | 研修・講演 | Comments(0)