カテゴリ:健康( 44 )

花粉症の季節にさようなら

今日から5月。新緑も鮮やかな季節になりました。
4月から新しい生活が始まった方は、そろそろ慣れてくるとともに疲れを感じる頃でしょう。
身体の声をしっかり受けとめてメンテナンスも怠らず、いつも元気いっぱいでいたいですね。


すでに大型連休に入って、お休みを満喫されている方も多いことでしょう。
私の4月は、仕事もプライベートも本当に流れるように過ぎていきました。

そして、嬉しいことといえば、花粉のシーズンがようやく終わりに近づいたこと。
まだ少しは飛散しているかもしれませんが、
個人的には、おかげさまでマスク・メガネ無しでも普通に生活できるようになりました。


今年の花粉シーズンを振り返って、ふと気付いたことがあります。

それは、アレルギーの薬を飲まずに1シーズン無事にクリアしたことです。

シーズン初めは、どうなることかと思いました。
くしゃみや鼻水、そして目のかゆみ。
時に、耳の中まで痒くなる有様で、前途多難と思い憂鬱でした。


数年前の経験以降、仕事モードに入ると
鼻水も目のかゆみもピタッと止まるのは分かっていたので、
気をつけるべきは日常生活の時間でした。

うがい・手洗い・鼻うがいに加えて、
外出時はマスクとメガネも忘れずに着用。

絶対に薬を飲まないと決めていたわけではないのですが、
気付いてみたら、薬無しで何とかしのいでいたので、我ながら奇跡的。


今年は症状が軽くて助かった~と思い返しながら、もう一つ気付きました。

かれこれ1年以上になりますが、
今も毎朝続けているフラックスオイルの効果が出始めたのかも、と。


そもそも、花粉対策で摂取し始めたわけではなく、
単に、身体にいいということでオメガ3のオイルの中から
目に付いたものを選んだだけのこと。

毎日摂取が習慣になっているけれど、
フラックスオイルの効果なんて今さら思い出しもしなければ
何かを期待して特別頑張っているというものでもありません。

効果の出方には個人差があるようですが
私の場合、身体に合っていたのかもしれませんね。


身体にいいと知ると、なんでも試したくなって、
でも実際に試してみて、身体に合わないものもあります。

私にとっては、チアシードがまさにそれ。
かえって調子を崩してしまい、あえなく断念。

その点、フラックスオイルはクセもなく、
豆乳ヨーグルトにかけると簡単に取れるので
苦もなく気楽に続けています。


花粉症状が全く出なくなったわけではないのでまだ油断できませんが、
この春は、例年になく体調も良かったように思います。

これからも、気長にコツコツ、フラックスオイルを続けよう!
改めてそう思ったのでした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-05-01 13:05 | 健康 | Comments(0)

「食育の日」に思う

ハナミズキやフジが咲き始め、街の彩りが鮮やかになってきました。
我が家の庭でも今朝、今年初めてバラのデンティベスが1輪咲きました。
蕾が色づき、日に日にふくらみを増す中で、今日か明日かと待ちわびていた開花です。
冬の剪定や誘引を手がけただけに、嬉しさもひとしお。いよいよバラの季節到来です。


今日は「食育の日」なんだそうです。
住んでいる街のSNS情報を見て、初めて知りました。

早速、内閣府のサイトを見ると、
毎月19日、各地で食育の普及啓発活動が展開されている
とのこと。

不勉強なもので、
食育と言うと、子どもが家族揃って食事をとるイメージでした。

しかし、食は心と身体の健康を作ることからも分かるように
人が生きる上での基本です。

今日あらためて、食育は年齢に関係なく大切なんだと気付きました。


私ごとですが、両親が年をとり、親戚も両親の友人も同じく年を重ねて、
病気や通院の話題が出ない日はありません。

幸いにも、私の両親は持病の一つも無く、薬とは無縁の毎日を送っています。
お日様とともに起きて畑や花の手入れに精を出し、日が暮れると早々に床に入る。
それは一昔前とほとんど変わらない生活スタイルです。

身近なところで、足腰の痛みで動けないとか、通院で忙しい、入院した、というような
知り合いの話を聞いて来ては
どこも痛くないし不自由のない自分の身体を振り返って、不思議な気持ちになるようです。

両親の食事は、畑で採れた野菜を中心に、ほぼ純和食。
親戚や友人が訪れると、食卓にのる野菜料理の多さに驚かれることもたびたびです。

今日は、偶然目に留まった「食育の日」のツイートのおかげで、
大切なことに気付くことができました。

両親から伝わる我が家の食事のあり方、これこそが食育だったんですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-04-19 15:20 | 健康 | Comments(0)

口内炎にマヌカハニー

サクラの開花の便りが各地から届き、本当に春になったと感じるこの頃です。
日中と朝晩の気温差があるため、まだ冬物が手放せませんが、
さすがにもう真冬のコートを着ることはなくなりました。
何を着ようかと悩むのも毎年この時期の決まりごとです。


しばらく大丈夫だったのに、今月はすでに2回、口内炎が出来ました。

最初は、早朝出発ということで気持ちが急いていたのでしょうか、
朝食を摂りながら思いっきり唇を噛んでしまい、数日後には口内炎に。
2回目は、原因がわからないまま、小さな口内炎が出来てしまいました。


でも。
この頃は、とっておきの治し方を覚えたので、
以前のように痛い思いをすることがなくなりました。

使うのは、マヌカハニーのキャンディ。
キャンディは、ハチミツそのものより長く口の中に留めることが出来ます。

キャンディをできるだけ患部に当てるようにして2~3個続けてなめます。
抗菌作用のおかげで、悪化しないまま収束に向かいます。

早めに症状に気付いて、キャンディのお世話になると
当然ですが、治りも早いことが分かってきました。

もっと早くにマヌカハニーの威力に気付けば良かったと思うことしきりです。


口内炎は、出来ない人には何のことかさっぱり分からないそうですが、
よく出来てしまう人にとっては、本当にやっかいですよね。

時間が経てば自然に治ると分かってはいても、1週間前後はかかりますし、
その間、痛みに耐えるのはもちろん、痛みで食欲が落ちることもあります。

個人的には、胃腸が弱っているとき、免疫力が落ちているときは
ちょっとの傷でも口内炎になってしまうと感じています。
たとえば、疲れがたまったり、寝不足が続いたりするとき、です。

日頃から、疲れやストレスを貯めないようにと意識していますが、
頭で思っているのと身体が感じるのとでは少し違うらしく、
思うようにはいきません。

マヌカハニーを知ってからは、痛くなる前に治すことを覚えたので
いざ発症しても悩むことがなくなり、本当にラクになりました。

今では常備薬のように、マヌカハニーをいつも用意しています。
風邪のひき始めや喉の痛みなど幅広く効果があるマヌカハニー。
これからも重宝しそうです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-22 17:35 | 健康 | Comments(0)

笑顔トレーニングに「あいうべ体操」

今日はひな祭りによく似合う、暖かい日となりました。
朝の気温も少しずつですが日ごとに高くなり、
メダカ達が水面に顔を出してくれる日が増えて嬉しいこの頃です。


猛威を振るったインフルエンザも、ようやくピークを越えたようです。
そのインフルエンザの予防として、今年いろいろなところで目にするのが「あいうべ体操」。

小学校など、組織ぐるみで取り組んでいる地域もあり、
実際にインフルエンザの予防効果が報告されています。
マスコミでもあちこちで取り上げられていますから、ご存知の方も多いことでしょう。


この「あいうべ体操」、実は私は去年のはやい時期からやっていました。
いつからやり始めたのか、確かな記憶はないのですが、
昨年の初夏くらいからだったように思います。

そうなんです。私はインフルエンザ予防のために始めたわけではないのです。
私の目的は、笑顔トレーニングだったのですが、
インフルエンザにも効果があると知り、とても驚いたとともに嬉しくなりました。


笑顔を作る表情筋は、顔の目、口、鼻などを動かす筋肉で、
30種類以上あるそうです。

筋肉ですから、使わないと衰えてしまいます。
笑顔なんて簡単、と思っていても、実際に笑うことをしなくなると
いざというときに笑顔が作れなくなるのです。


私は数年前から、朝の歯磨きや入浴中に、笑顔トレーニングとして
表情筋を鍛えるエクササイズを数種類やっていました。

接遇研修で笑顔についてお話するとき、エクササイズの一部をご紹介することもあります。
ほんの数分のことですし、習慣になってしまうとあっという間です。

そこに、偶然「あいうべ体操」が表情筋を鍛える効果があると知って、
それまでの笑顔トレーニングに追加して取りいれたのが始まりでした。

私の場合、特にタイミングを意識していたわけではないのですが、
入浴中のあいうべ体操は、口の中が乾燥しないのでおススメとも知りました。


「あいうべ体操」のインフルエンザの予防効果は
表情筋と舌筋を鍛えて口呼吸を改善することによります。

口呼吸の改善は、美容にも健康にも役立つということで、まさに一石二鳥、
いえ、それ以上の効果が期待できそうです。


インフルエンザは、感染者数が減少したとはいえ、
乾燥した日が続きますし、まだまだ油断は禁物です。

3月中はうがいや手洗いを始めしっかり予防に努めて、
元気いっぱい、新しい春を迎えましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-03 16:42 | 健康 | Comments(0)

私の花粉対策

寒暖差が大きい日が続いています。
今朝、庭のチューリップの葉っぱがぐんと伸びていて、1日でこんなに?と驚きました。
暖かい朝は、メダカ達も水面まで上がってくるようになりました。
そろそろペアリングを考える時期と思うだけでワクワクします。


スギ花粉がいよいよ本格的に飛び始めました。
私ごと、1月末に一気に症状が出て慌てましたが、その後は落ち着いていました。

ところが今朝、のどがいがらっぽく、エヘン虫がいるような違和感あり。
ああ、きたな~と感じた瞬間でした。


花粉症の方は、すでに自分に合った対策をとられていることでしょう。
まだの方も、症状が出る前に何かしらのアクションを起こすのが理想です。

私の花粉症対策ですが、メガネやマスクの着用、
外出先から帰ったら、まずは手洗いとうがい、というのが基本です。

あとは、豆乳ヨーグルトにフラックスオイルを入れて毎日食べること、
そして睡眠時間をしっかり維持すること、できるだけ歩くことを続けています。
これらは、体調を整えるという意味で、一年を通してやっています。


そして、もう一つ。長年続けているのが鼻うがい。
かれこれ10年以上になるかもしれません。

鼻うがいといっても、簡単な鼻洗浄の器具を使っているので簡単です。
今使っている器具は2代目。

出張等で外泊するとき以外は、どんなに帰りが遅くなっても欠かしたことがありません。
花粉対策で始めた鼻うがいですが、
風邪やインフルエンザの予防にもなっているようです。


「病は気から」と言いますが、私は気持ちの部分が大切だと考えています。
免疫力や抵抗力を高めて、病気をしない身体を作ることはもちろん大切ですが、
気持ちの面でも、病気をしない心を養う必要があると思うのです。

自分なりに出来ることを一つずつ重ねていく。
それが気持ちの面で支えになって、身体との相乗効果が現れる。
心と身体はいつも裏表ですから、どちらか一方がくずれてもだめなのです。

花粉の時期はこれからが本番。
花粉症の方も、そうで無い方も、誰もが快適に過ごせるように
元気いっぱいの心と身体を作っていきましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-02-19 16:56 | 健康 | Comments(0)

風邪対策は睡眠から

11月というのに、早くも冬の嵐の到来です。
北日本など、各地で強い寒気による大雪が記録されています。
急激な気温や天候の変化で体調を崩さないよう、しっかり暖かくして過ごしましょう。


例年、秋口には朝のウォーキングをやめて、夕方など時間を見つけて歩いていたのですが、
今年はなぜか今でも朝歩きをしています。

今朝は濃霧で100メートル先も見えない中、
ちょっとスリリングな気分を楽しみながら歩きました。

寒さ対策をして出かけるのと、歩いているうちに身体が暖かくなるのとで
今のところ特に寒いともつらいとも感じること無く、朝のウォーキングが続いています。


そのおかげかどうか分かりませんが、とにかく寝つきがいいのです。
枕もとのライトを消すことすら忘れて寝入ってしまうこともあるくらい、
布団に入ると瞬時に寝てしまいます。

この頃は、乾燥が気になり始めたので、保湿も意識するようになりました。
朝起きて喉がイガイガ、という失敗はなんとしても避けたいところなのでかなり慎重です。


いつからかもう思い出せないのですが、
おそらく、かれこれ3年くらい風邪を引いていない私の風邪対策は
たぶんというか、間違いなく睡眠にあると思っています。

私の話ばかりで恐縮ですが、
この1年ではっきり自覚したのは、私の元気の源は睡眠だということです。

睡眠時間が短い日が続くと、とたんに疲れやすくなり、パワーダウンするのが分かります。
一方で、食事が不規則になったり、運動する時間がとれなくても、
睡眠時間さえしっかりキープできていると、なんとか元気でいられるのです。


健康管理には、食事、運動、睡眠の全てが大切ですが、
食事で元気を保つ人、運動でストレス解消も兼ねて健康を維持する人など
人によってポイントはいろいろだと思います。

私の場合は、何はさておき睡眠時間のキープというわけです。

それが分かってからは、帰宅が遅くなることが分かれば、
翌日の準備で夜中に慌てずに済むように、前もって翌日の支度も整えておくなど
あらかじめ出来ることをきちんと段取りするようになりました。

睡眠時間をできるだけ削らずに済む方法を考えることで
丁寧に無駄なく準備することになり、時短にもつながっているように感じています。


朝晩と日中の気温差が10度近くなる日もあります。
気温差に負けない身体づくり、風邪を引かない生活の工夫が大切です。

皆さんも、自分の身体の声に耳を澄まして、
自分に適した風邪対策を探してみてくださいね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-11-27 18:00 | 健康 | Comments(0)

私のトランス脂肪酸対策

両親の畑で摘んできたラベンダーの香りが部屋じゅうに広がって、入るたびに新鮮です。
花を摘んでから1週間くらい経ちますが、こんなに香りが長持ちするとは知りませんでした。
今まで畑で咲かせて眺めるだけだったので、摘んで楽しむ方法に今さら大満足。
挿し木に成功したラベンダーの成長がますます楽しみになりました。
梅雨空が続き、気温も低めのこの頃。油断して体調を崩さないように気を付けましょう。


アメリカで、トランス脂肪酸の食品添加が3年以内に全廃、と発表になりました。
すでに部分的に制限されていましたが、ついに「3年以内の全廃」が決まったのです。

世界各国で規制や制限が行われているにもかかわらず、
日本では「できるだけ少なく」と述べるにとどまっています。

だからこその自己防衛?が大切、と私は考えています。


トランス脂肪酸は、食品に含まれる油成分の一種です。
菓子などに使われるショートニングやマーガリンなどは、
常温で液体の植物油に水素を添加することによって固形や半固形に加工されます。
この水素を添加する製造過程で生まれるのがトランス脂肪酸です。
(厳密には天然由来のトランス脂肪酸もあります。)

トランス脂肪酸は、
悪玉コレステロールを増加させたり、善玉コレステロールを低下させたりして、
狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患の危険を高めると言われています。

食べるプラスチックとも言われるトランス脂肪酸。
できることなら摂りたくないけれど、
怖いのは、無意識のうちに摂取してしまう可能性が高いこと。

マーガリンやショートニングを原材料に使った食品は
パンやケーキ、クッキー、ビスケット、ドーナツ、スナック菓子、
コーヒーなどに入れるクリームやプロセスチーズ、マヨネーズやカレールー、
そして、揚げ物など、挙げていくとキリがないほどたくさんあります。

マーガリンやショートニングそのものを食べることは自分でコントロールできますが、
加工食品などの見えないところに含まれるトランス脂肪酸を完全にシャットアウトするのは
普通の食生活をする中では限りなく難しいことと言えるでしょう。


そこで私個人の対策をご紹介すると・・・

まずは、マーガリン等を使った食品をできるだけ買わないように気を付けています。

原材料表示を見て、マーガリンやショートニングが書かれているものは買わない、
という選択をするわけです。

この頃はだいぶ様子が分かってきましたが、最初はあまりの多さに戸惑いました。
そして、初めて買うものの場合、原材料表示を見るのが習慣になりました。

状況によっては他の選択肢がない場合もあるので、
実際には、分かっていてもいたしかたなく買ってしまうこともあります。
それでも、とにかく意識して、できるだけ自分で買わない努力をしています。


次に、身体に必要とされる必須脂肪酸でもある
植物油に含まれる不飽和脂肪酸を積極的に摂るように心掛けています。

たとえば、オメガ9という種類に分類されるオリーブオイルや
オメガ6のごま油、オメガ3の亜麻仁油(フラックスオイル)など。
オリーブオイルやフラックスオイルは、ドレッシング代わりに使っています。


そして、食事では抗酸化食品を積極的に摂るようにしています。

それも、できるだけたくさん。
野菜や果物、発酵食品などです。

野菜や果物だけでなく、毎朝欠かさないアーモンドなどのナッツ類、
お味噌汁やお豆腐、そして今では日課になった豆乳ヨーグルトなどなど。

いやいや我慢して食べるのではなく、どれも美味しく楽しんでいただいています。
長続きのためには、無理は禁物ですから。


こういう話をすると、なんだ、そんなことか、と笑われるのですが、本人は至って真剣。
出来ることから少しずつ、が大切だと信じて続けています。

自分の身体は自分で守る。
いい仕事をするためにしっかり体調を整えて、
さらに、趣味やプライベートをエンジョイするためにも、
疲れを知らない健康な身体を作りたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-07-06 17:31 | 健康 | Comments(0)

豆乳ヨーグルトがマイブーム

今日は二十四節気の啓蟄。
冬ごもりをしていた虫が穴から出てくる日ということですが、
この数日で庭のメダカ達も朝から姿を見せてくれるようになってきました。
沈丁花が咲き始め、春と冬のせめぎあいも楽しく感じるこの頃です。


今年に入って、我が家でひそかに続いているブームがあります。
それは、豆乳ヨーグルト。

偶然年末に手に取った本に紹介されていて、興味を持ったのが最初ですが、
実際に作ってみたら、信じられないくらいに簡単に自家製豆乳ヨーグルトが出来、
あまりの簡単・手軽さに嬉しくなって、ずっと作り続けています。

その作り方は、成分無調整豆乳に市販のヨーグルトを1割の分量入れて混ぜるだけ。
真冬の寒い時期は、ただ混ぜるだけでは固まらないこともあるので
ヒーターの前に置いて暖めると、あっという間に固まります。

豆乳が原材料なので、牛乳から作る普通のヨーグルトとは味も違い、ちょっとクセがあります。
先日これを食べた弟は「まるで豆腐を食べてるみたい」と言いましたが、
まさにそんな感じかもしれません。


不勉強で大変恥ずかしながら、これも最近偶然知ったのですが、
大豆に含まれるイソフラボンとエクオールについて。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに科学的構造がよく似ているため
女性ホルモンに似た働きをすることは有名です。

大豆イソフラボンを摂取すると、その中に含まれるダイゼインという成分が
エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌によって代謝されることで
スーパーイソフラボン「エクオール」という物質が作られるのだそうです。

そして、この「エクオール」こそが女性ホルモンに似た働きをするとのこと。
・・・そうだったのね。

さらに、「エクオール」を体内で作ることができる人は日本人の約半分といわれているそう。
40~50%の人は大豆イソフラボンを摂取しても「エクオール」にはならず、
大豆イソフラボンのまま吸収されている、というのです。
・・・私はどっち???


以前から、お豆腐は毎日欠かさず何かしらの料理で食べていましたが、
ここのところは、自家製ジャムをのせた豆乳ヨーグルトが食卓の定番になりました。

大豆食品を毎日にように食べている人のエクオール産生率は
50%という結果が出ているそうですが、
果たして私はどちらかな?と興味津々です。


豆乳ヨーグルトを食べ始めたきっかけは、
それなに?おもしろそう!くらいのものでした。

遠い昔、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作ったり、
いろいろなヨーグルト作りを試してきましたが、
この豆乳ヨーグルトほど簡単なものは今まで無かったように思います。

作って食べてみて美味しかったから続いていますが
当初は健康づくりなどを考えていたわけではなく、
強いて言えば、牛乳より豆乳の方が身体にいいかなくらいの感覚でした。

難しい話はさておき、これで、健康づくりにも役立てば言うことなし。
マイブームがいつまで続くやら分かりませんが、
楽しみながら出来るお手軽健康づくり、最高です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-03-06 17:58 | 健康 | Comments(0)

マスク着用で思わぬ効果

街を歩いているとマスク姿の人々が多いのに気付きます。
車に乗っている人もマスクを着けているのをよく見かけますね。
かくいう私も、外出時はしっかりマスク族。
花粉症の季節に向けて、マスクを手放せない日がまだまだ続きそうです。


マスクの効果は風邪などの感染予防や花粉症対策だけではありません。

着けてみるとすぐに分かりますが、マスクの保湿効果はかなりのもの。
特に乾燥しているこの時期は、のどの乾燥だけでなく、
鼻の乾燥、つまりドライノーズ対策にも効果があります。

風邪の引き始めやのどの痛みが出始めたときは、
マスクをつけることでのどに潤いを与える効果があるため
風邪の症状を悪化させないためにも有効。

加えて、風邪やインフルエンザのウイルスは湿度が高い環境では繁殖できないため、
感染を拡大させない効果もあります。

さらに、マスクは肌の保湿にも効果があります。
しっかり肌を保湿した上でマスクを着けると、スチーム効果が期待できるのです。

こうして考えると、就寝中の濡れマスク着用は、
感染予防に美肌にといいこと尽くめなんですね。


前置きが長くなりましたが、
実は近頃、私自身がマスクの効果を実感しているのです。

悔しいことに、私は一年の長い期間、アレルギー症状から離れられないのですが、
マスクを着けていると鼻の調子がとてもいいことに最近気付きました。

そこで初めて、ドライノーズ、すなわち乾燥性鼻炎の状態になっているのかも、
と気付いたのです。

以後、マスクを着用できる状況のときは、極力マスクを着けるように心がけています。
といっても、実際には外出時の移動時間に着けることがほとんどなのですが、
乾燥しているなと感じる日には、
一人で仕事をする室内でも意識してマスクを着けるようになりました。


この冬、早い時期の流行が認められたインフルエンザは、
今ではその対象が子どもから大人へ移っているとの情報もあります。

まだしばらく寒さと乾燥の季節は続きます。
くれぐれも感染&乾燥に気をつけて、元気いっぱいすごしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-01-29 17:20 | 健康 | Comments(0)

花粉症も気の持ちよう!?

台風8号が去り、いきなり真夏日となりました。
しばらく涼しい日が続いていたので、蒸し暑さが身体に応えますね。
湿度が高く熱中症になりやすい気候です。しっかり体調管理しましょう。


体調管理と言えば、私ごと
先月のいつ頃からか、目や鼻のアレルギー症状が出始めて今に至ります。

春の花粉が落ち着いたと思ったら、ほどなく夏の花粉到来。
夏の花粉症は、カモガヤをはじめとする主にイネ科の花粉が原因です。


夏のアレルギー症状が出始めた時、
この春ついに薬を全く飲まなかった、ということを今さらながら思い出しました。

非科学的な話なので、ここに書くこともちょっと迷いましたが、
私の個人的な経験談ということで、続きを書いてみますね。


皆さんには、予防のために早めに薬を飲み始めてくださいね、
と繰り返しお伝えしてきましたが、
自分はといえば、できるだけ薬を飲みたくないので、
この春もギリギリまで薬なしで頑張っていました。
(くれぐれも、お薦めしているわけではありませんので、よろしくお願いします)

症状が強くなってきて、さすがにこれでは仕事に差し障りが出る、と思ったある日のこと。
薬を用意したのですが、日頃の習慣がないので見事に薬を飲み忘れ、
そういう日に限って常備薬すら携帯を忘れていました。
私としたことが大失敗です。

仕事先で担当者さんたちにご挨拶、打合せ場所へ移動する途中、
私は自分の身体の変化に気付きました。
それまでの鼻水・鼻づまりの症状が、ピタリと止んでいたのです。
少し鼻声だったはずなのに、声も普通に出ています。
なんという奇跡!と一人心の中でガッツポーズ。

花粉症状がないまま1時間強の打合せが無事に終わり、
担当者さんたちと別れた私を待っていたのは、その瞬間に戻ってきたアレルギー症状でした。

始めも終わりも、なにコレ?と思うくらいにどんぴしゃりの素晴らしいタイミング。
オンとオフをこれほどまでに身体が敏感に察知しているとは・・・本当に驚きでした。


この時の経験で、もしかしたら薬なしでも行けるかも、と思った私は、
この春の花粉飛散量が例年より少な目だったことも手伝って、
その後も薬なしで花粉シーズンを無事に乗り切ることができました。

仕事中は全く症状が出ず、仕事が終わると症状が復活。
私が意識して「今から仕事」と身体に言い聞かせている訳でも
「さあ、仕事が終わったよ!」と身体に合図を送る訳でもなく、
いわば無意識のなせる業です。

私も薬剤師の端くれとして、決しておススメできることではありませんが、
病は気から、という通り、気の持ちよう(薬なしでシーズンを乗り切る!)で
身体の症状をコントロールできることを初めて自分の身体で学びました。


気の持ちよう、無意識のチカラ。
心と身体は密接につながっている。

これらを実体験してから、
心のあり方が、生活を、仕事を、人生を左右する、ということが妙に腑に落ちて
深く理解できた気がしています。


暑さもこれからがいよいよ本番。
暑さに負けない強い心で、この夏も元気いっぱい過ごしましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-07-11 17:06 | 健康 | Comments(0)