<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

いいところを伸ばす

今日は一日じゅう、降ったり止んだりの雨模様。
天気予報で「上着が必要」と聞いていたら、大当たりでした。
こうして一雨ごとに秋が深まっていくのですね。

打合せの帰り、
友人が素敵な話を聞かせてくれました。
新しい気付きが多く、とても有意義な時間を過ごすことができて
心が満たされました。
Yさん、ありがとうございました。

その内容の一部は、こんな感じです。

人が持っている能力は予め決まっている。
利点もあれば欠点もある。
例えば、それぞれの能力を棒グラフにしたとき、
その総面積は常に一定。
つまり、利点を伸ばせば、他のどこかが下がる。
欠点を正せば、利点が下がる。
とすれば、欠点を補おうと努力するより、
利点を更に伸ばそうとした方が
その人の良さが生きてくる。

おお!
目からうろこが落ちる、そんな気持ちで聞いていました。

誰かのいいところを見つけて、
そこをさらに伸ばしてあげたい。
友人は熱く語ってくれました。
誰かのために、誰かに喜んでもらえるように、
と考えて、いつも精一杯仕事をしている、と。

彼女は、とても冷静に落ち着いて話をしながら、
笑顔を絶やすことがありません。

あれもこれも質問を浴びせる私に
少しも嫌な顔を見せることなく、
自身の思いをわかりやすく語ってくれました。
ついつい、引き込まれるように話が積もり、
あっという間に時間が過ぎました。



私は、今年の1月、
花の周りにはいつでも笑顔があるように、
周囲に笑顔の花をいっぱい咲かせたくて、
自分の会社の名前を「スマイル・ガーデン」としました。

今日、友人と話しながら
自分の初めの思いを再確認していました。

いつも笑顔を忘れず、笑顔をどこまででも届けたい。
スマイル・メッセンジャーとして、誰かの役に立ちたい。
・・・新たな気持ちで、10月を迎えることができそうです。



今年も残り3ヶ月。
やりたいこと、やるべきこと、
皆さんにもたくさんあると思います。
年末には、よく頑張ったな~と自分にご褒美をあげたくなるくらい
お互い頑張りましょうね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
10月も素敵な気付きと学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-30 23:17 | Comments(0)

見方を変える

しばらくいいお天気が続いたので
今日の曇り空は随分久しぶりに感じます。
今年の九月は、例年に比べて降水量がだいぶ少なかったそうですから、
雨もまたありがたいですね。
(これで畑の水遣りもひと段落かな、笑)

私の住んでいる所では、先程からパラパラとまた雨が降ってきました。

どんよりした涼しい一日、
皆さんはいかがお過ごしでしょうか?



夏の間中、それこそ約2ヶ月にわたり畑で採れ続けたいちじくが
ついに終わってしまいました。
まだ少し実が残ってはいますが、
この先は日照時間も短く、気温も上がらないため
熟すところまでは成長しないと思います。



いちじくの収穫に限らず、
ラズベリーもブルーベリーも
もちろんキュウリやオクラなどの野菜もみんなですが、
収穫のたびに気をつけるのは
同じ一列でも、向きを変えて見る、ということです。

私の場合は(性格もあるのでしょうが、笑)
例えば、右向きにまず真直ぐ進みながら収穫したあと、
今度は左向きに裏側の列を真直ぐ進みながら
採り残しがないか確認します。

丁寧に見たつもりでも、案外、見落としていることが多いのです。
葉っぱの影にかくれていたり、
太い茎の裏側に実がついていたり。

方向(見方)を変えると、またたくさん採れるから
結局グルッと一周することになるのです。
とても得した気分なんですよ。



さて、仕事においてもプライベートにおいても
見方を変えると新しい発見がある、というケース、よくありますよね。
これを「リフレーミング」と言います。

フレームを再構築するから、リフレーミング。
ものの見方の枠組みを変える、という意味です。

野菜を収穫するたびに、リフレーミングってすごいなぁ、と思う私。
ちょっと変、ですね(笑)。

でも、本当にリフレーミングできるかできないかで
ものごとの捉え方も変わってきますから、
このスキルを使わない手はない、わけです。

上から見てるものは、下から。
右から見ていれば、次は左から。
言うのは簡単ですが、実際にやるとなると、また別。

今日も、お昼のテレビで偶然見かけたのですが、
川をゴムボートで下るリフティングについて
その良さは、いつもより下から木々や景色を眺めることが出来ること、
と説明されていました。
これもリフレーミングだなぁ、と思って、ひとり頷きながら聞いていました。

子ども相手の場合は、子どもの目線で。
部下を相手にしているときは、部下の目線で考える。
そうすると、相手の人が何を思い、何を考えているかまで
想像が広がっていくのです。
やっぱりお得なスキルです(笑)

悪いことが身の回りに起きた時、
その出来事が自分に何を教えてくれているのか考えてみる。
あ~私はついてない、と嘆くよりも
この経験を活かして、次はこうしよう!と前向きに捉えなおす。
これこそが、リフレーミングの一番有効な使い方。

ジェームズ・アレンによれば
「この宇宙には、無知の結果でない『悪いこと』はひとつも存在していません。『悪いこと』は、もしあなたがそれから何かを学んだならば、あなたをよりハイレベルの知恵へと導いた後で、きれいに消滅する事になります」
ということです。

そう、リフレーミングは私達をハイレベルに導く方法なのです。



いちじくの木は、葉っぱもほとんど落ちて
着々と冬支度が進んでいるようです。
葉っぱが落ちると、それまでうっそうと茂っていて先が見えなかったのが
すっかり見通しが良くなります。
これも一種のリフレーミングですね~。

秋が日ごと深まるこの季節、
物思いにふけるなら
リフレーミングもちょっと意識してみてはいかがでしょうか?



今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明日も新しい出会いがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-29 16:50 | Comments(0)

匂いと記憶

気持ちのよい晴れの日が続き、
仕事に遊びにと気持ちが前に前に向かういい季節ですね。
皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。


この週末、私は小学校の運動会を見に行ってきました。
去年は雨降りで延期になり、仕事の都合で見に行けなかったので
今年は気合いを入れて、最初の種目からの観戦(笑)です。

一つ目の競技(リレー)で、フッと漂ってきた火薬の匂い。
ああ、この匂い、懐かしいなぁ、と
スターターの先生の動作を興味深く見てしまいました。

いつも同じことばかり書いているようで恐縮ですが、
私は子どもの頃からとにかく運動が苦手だったので
自分の運動会の記憶なんて、さっぱりどこにも無いのです(笑)
早く終われ、早く終われ。
きっとそんなことばかり考えていたのでしょう。

そんな私でも思い出す、火薬の匂い。

あの「バン!」というピストルの音とともに
ふっとピストルから出る白い煙。
そして、辺りに漂う火薬の匂い。

・・・皆さんは、「リレー」や「100m走」から何をイメージしますか?

私の場合は、うしろから追いかけてくる先生の怒声が
今でもアリアリと蘇ってきます。
「もっと真剣に走れ!」「ヘラヘラ笑って走るんじゃない!」
確か中学生くらいまで毎年言われ続けました(笑)
私は真剣に走っているのですが、何しろ遅いのです。
そして、どうやら顔がにやけて見えていたらしく・・・
あとはご想像にお任せします(^^)


これも繰り返しになりますが、
私たちの記憶は、五感から成り立っています。
匂い=身体感覚は、まさに記憶を呼び起こす感覚のひとつです。

よく例えに出すのですが、
道行く人の香水の匂いに、敏感に反応してしまうことって、ありませんか?
例えば、昔付き合っていた人のコロンの匂いとか。

すれ違いざま、フッと記憶が蘇り、
まるであの時にワープしたように記憶が一気に遡り、
あの人だったのかも?と思ってしまう瞬間。

そんなとき、
匂いって、不思議だなぁ、と思うのです。


話があちこち逸れまくってますが、効果的な記憶方法について
少しだけ述べたいと思います。


誰でも、今日は最高に楽しかった、とか
仕事がうまく行って、絶好調!とか、
記憶に残したい、素敵な経験ってありますよね。

先にも述べたとおり、
私たちは五感を通じて記憶を作っていきますから、
「いい経験」「嬉しい出来事」などは
是非「五感」をフル稼働して記憶にとどめることをお薦めします。

嬉しいことがあれば、
その時に感じた匂い、色、音、手触りや肌の感覚、辺りの景色、
などをじっくりと味わって、
頭の中にイメージを焼き付けます。

その成功体験は、
私たちがスランプに陥った時や悲しい思いをした時、
あるいは仕事などで今日こそいい成果を出したいと願っている時、
自分を励ましモチベーションを上げるためのきっかけになります。

たくさんの成功体験を記憶する事により
いつでもどこでも
セルフコントロールが可能になるわけです。



本当は、生きるてるだけで幸せ。
生きていることに感謝しつつ、
今ある歓びを、しっかりと記憶にとどめて
日々精進しましょう。

今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明日も素晴らしい気付きに出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-28 17:30 | Comments(0)

セルフコントロール

今日も日中はしっかり暑くて
久しぶりに汗をかきかきの移動となりました。
とはいえ、朝晩の風の冷たさを感じるたびに、秋だなぁと思うのです。

NLPを学んでから、自分のことを
いろんな意味で、変わったなぁ、と思います。
自分でも思うし、周囲からも言われることがあるので
おそらく何かしら内面も外面も変化があったのでしょう。

変化の一つに、イライラしなくなったことがあります(笑)
以前は、自分の気持ちをコントロールできなくて
すぐにイライラ、そして周囲に八つ当たりしたり爆発してました。
その頃の同僚の皆さんには、今ひたすら、ごめんなさい、の気持ちです。

さて、そんな自分ではありますが、
今でも時々、気持ちをコントロールできないことがあり、
そのたびに強く強く反省します。

今回は、自分のことではないのに、つい自分のことのように腹が立ち、
第3者に対して、思い・気持ちをぶつけてしまいました。
言ってから、ああ~やっちゃった、です。


セルフコントロール。
自分の気持ちをコントロールすること。

誰に対しても、どんな時でも、平静を保ち冷静にものごとを判断する。
これが究極の目標です。
私が目指すところは、ローマの英雄、ユリウス・カエサルの寛容の心です。
たとえ自分と意見が合わない相手に対してでも
常に寛容の心で、相手を受け入れ尊重し、和をなす努力を忘れずにいる。
そんな人になりたいと願っています。

なのにね、
なかなかカエサルへの道は遠いなぁ、と思うのです。
またやっちゃった、の連続です。

イライラするということは
単に自分が未熟なだけです。
小さいなぁ、自分。そう思います。
もっともっと、大きなものの見方ができるように
精進が必要です。


セルフコントロールが出来るようになると
生きるのがとてもラクになります。
自分に対しても、相手(他人)に対しても
いつも優しい気持ちで接することが出来るからです。

そういう意味では、以前に比べたら、私も随分生きやすくなりました(笑)
さらにもっと人生を楽しめるように、
これからも心してセルフコントロールできるように目指します。


皆さんも、人生を思いっきりエンジョイしましょうね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
笑顔いっぱいの週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-25 18:00 | Comments(0)

積善の家に余慶あり

シルバーウィークも終わりましたね。
皆さん、楽しい連休をお過ごしになったことと思います。

今日は、日中の暑さが戻ったよう。
夏を思い出して、ちょっと懐かしい気持ちになったのは私だけでしょうか(笑)


先日から勢いづいて読書にはまっている私ですが、
今日は、本の中で見つけた言葉から
過去の記憶をたどる時間が待っていました。

何を読んでいるか?というと
今さらなんですが、大ベストセラーの稲盛和夫著「生き方」を読んでいます。
読みやすいのであっという間に読み終わりそう。
その中に「積善の家に余慶あり」の言葉を見つけました。
ああ、この言葉は知っている・・・。


この言葉、
「善行を積んだ人の報いは、子々孫々まで伝わる」
の意ですが、
「善いことをすれば、その報いがある」という因果応報の考え方は、
自然の理によるものという理想に裏付けられています。

稲盛さんと言えば「利他の心」。
メンターからいろんな場面で稲盛さんの言葉を聞く機会があり、
私にはすんなりと馴染んだ言葉です。

上の言葉は、「六つの精進」の中の一つ。
『善を行い、他を利する、思いやりある言動を心がける。
そのような善行を積んだ人にはよい報いがある。』(「生き方」より)
稲盛さんの想いが伝わってきます。


漢語にもことわざにもめっぽう弱い私が、何故この言葉を知っていたのか。

我が家の和室にかかっている掛け軸にあるのです。
「積善之家必有余慶」
昨年亡くなった伯父が、何かの記念にとくれた掛け軸です。

実は、この連休が伯父の一周忌でした。
まだまだやりたいことがたくさんあっただろう伯父。
あまりにも早い人生でした。

伯父の一周忌に、この言葉に再び出会ったのには
何か意味するところがあるのでしょう。
伯父が私に、利他の心を説いてくれたのかもしれません。

地方行政にまるで人生をささげたかのような生き方をした伯父。
他の人がやらないことを次々と成し遂げた伯父。
ウチに来るたびに、熱い思いを語り聞かせてくれた伯父。

もし伯父が元気で生きていてくれたら
今の私にどんな言葉をかけてくれただろう?
ふと、そう思いました。


「本」との出会い、言葉との出会い。
それは人との出会いに等しく、私をまっすぐな正しい方向に導いてくれます。
今こそ、この出会いに感謝、と思わずにはいられませんでした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明日も素敵な出会いがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-24 20:45 | Comments(0)

コスモス

シルバーウィーク中日(笑)の今日、
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

5日もお休みがあると、何でもやりたいことが出来ちゃいそうな気もしますが
余程しっかり予定を立てないと、私のように何となく時間が過ぎてしまうかも、ですよね。

この連休の私の仕事は、畑のお世話係なので
今日も水遣りに出かけました。


昨日も行ったのに全然意識に上らず、
何故か今日突然目に留まったのが
畑の周囲にたくさん咲いているコスモスの花。

最初は、花好きの母が種を蒔いたのですが
その後毎年勝手に咲いています。
自然に種が落ちるのでしょうね。
ケイトウなども同じように、毎年咲きます。


畑に着いた途端、あれ、コスモスが2色ある!と思いました。

「なんとなく」見ていると、何色の花が咲いているのかさえ
しっかり見ていなくて、
例えば誰かに尋ねられても答えられません。

まさにその状況が今日の私で、
毎年咲いているコスモスなのに
淡いピンクと紫に近い濃いピンクの2色の花が咲き乱れていて、
あれれ?2色あったっけ??
いつのまにこんなにたくさん咲いてたんだろう?と思っていました。


私たちはいろんなものごとを五感で感じるわけですが、
その中でも視覚から得る情報が占める割合が一番多いと言われています。
これは例えば聴覚と視覚で比較すると
目から脳への神経が、耳から脳への神経の22倍もある、
ということからも想像できます。

ただ視角に入るから見るのではなく、
色・形・大きさ等々をしっかり一つずつ認識しながら見ることにより
五感をフル稼働させて脳に与える刺激の大きさも変わるのでしょう。

なんとなく「咲いているな~」と思うのではなくて、
「ピンクと紫のコスモスが咲いててキレイ!」と具体的に思う事により
イメージが強く残り、次の情報を得るために脳がまた働きだす・・・。
プラスのサイクルが回りだします。


いろんなことをただボーっと見ている自分に改めて気付き、
もっと五感を働かせなくちゃ!と思った今日の私でした。


秋の花が次々と咲いていますね。
目の保養もかねて、散策しながら季節のお花を探すのも
楽しそうですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて
明日も素敵な一日になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-21 23:12 | Comments(0)

新聞を読む

一日通して清々しいお天気で、
私は久しぶりに畑の手伝いに出かけました。
冬野菜の苗に水やり。
早く大きく育ちますように。

さて、勉強嫌い、読書嫌いで大きくなった私は
大人になるまで当然のように新聞を読む習慣もほとんどありませんでした。
社会人になった頃から、最初は仕方なく読み始め、
どこからか、新聞がとても好きになりました。

本音は、朝刊は難しく感じるところが多いので
生活に関する記事が多い夕刊が大好き。
全般を通して、コラムなどを読むのが一番好きなんですが、
とはいえ、今は必ず朝・夕刊ともに、全部目を通します。



先日18日の日経新聞朝刊で目に留まったのは「チープトーク」という言葉。
去年初めて経済学をかじった私のこと、
もともと一般常識に疎いのもあって、
初めて目にしたこの言葉の意味を考えてみました。
直訳でいいのかな?なんてね。

先の新聞の記事によれば
「メッセージの送り手は真実やウソ、その中間を含め、どのような情報でも自由に発信できると考えるチープトークの理論」とあります。

・・・なんとなく、分かったような気がします(笑)
こうやって、新しい知識を得るきっかけが新聞であることが多いです。


今朝の日経新聞では、
昨日の脳科学シンポジウムで初めて聞いた言葉や説明が
偶然にも書評欄にそっくり同じような内容で書かれていて、
このタイミングのよさに驚き、
そして、昨日分からなかった意味が、突然分かったりしました。

分からない分からない・・・と思っていたので
脳が情報を集めようと働いて、
自動的にチェックしてくれたのでしょうね。
モノの見方の角度を変えれば、すんなりと分かる、
そんな例でした。


そう、新聞って面白いです。
それまで頭の中でぼんやり考えていたことが
新聞を読むことで急にクリアになったり、
突然アイディアが浮かんだり。

自分が求めている情報は、ある一定の方向に向いていることが多いので
どうしても集まる情報そのものが偏りがちですが、
新聞をざっと眺めるだけで、普段自分だったら見ることの無い情報が
自然と入ってきます。
(新聞そのものが偏っている、という見方もありますけどね)

インプットがあって、初めてアウトプットが可能なわけですから、
インプットする情報は出来るだけ幅広く制限無くありたいですよね。
私にとって、新聞はその手っ取り早い対象なわけです。


この連休、いつもよりじっくり新聞を読み込もうと思っています。
今朝の偶然の発見があったので、
なんとなく、何か自分の求めているものが見つかりそうな気がするからです(^^♪

皆さんも、どんどん色んな情報をインプットして、
日々の生活を思いっきり楽しみましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵なシルバーウィークになりますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-20 23:58 | Comments(0)

脳科学シンポジウム聴講

シルバーウィーク初日の今日、
私の住む街はどんよりとした曇り空。
時折お日様が顔を出すも、なんとなくすっきりしないお天気でした。

皆さんは、連休初日、いかがお過ごしでしょうか?

私は、埼玉大学創立60周年記念・脳科学融合研究センター設置記念
脳科学シンポジウム「脳の世紀 脳科学の新たな挑戦」
に参加してまいりました。

正直、難しくてさっぱり分からないかも?と覚悟しての参加です(笑)
一応遠い昔に解剖学を少しだけ学んで、
最近はほんのちょっと心理学をかじったものとしては
最近の脳科学ブームで多少興味のある本を読んではいるものの
専門的な話は厳しいだろうなぁ、と。

しかし、いざ聴いてみると、ずぶの素人にも分かるように
丁寧にお話してくださる先生方のおかげで
予想外に楽しめました。

今日のメインはノーベル生理学・医学賞受賞の利根川進先生の講演でした。
難しい内容を、丁寧に分かりやすくお話してくださり、
いろんな実験の様子も交えながらの説明で、
あっという間に時間が過ぎました。

いまはまだほとんど解明されていない脳科学の研究が進むにつれて、
コンピュータの研究にも影響を及ぼすだろう、とのこと。
脳を研究をすると、哲学も知見が得られるようになるだろう、と。

エピソード記憶とか空間記憶とか、
本で読んだことがある言葉が出てくると
ちょっと安心するのですが、
いかんせん知識がないので、話についていくのがやっと。
それでも、話を聞くだけでワクワクするから不思議です。


会場の一番後方で聞いていた私ですが、
利根川先生の講演が終わった後の休憩時間、
先生の周りに学生さんらしき若者達がたくさん集まり
次々に質問をしているらしい様子を見ながら
とても心が温かくなりました。

その道を学ぶ学生さんたちにとっては
利根川先生とお話できるだけで
どれほど刺激になったことでしょう。
彼等彼女等の興奮している様子が手にとるように分かり、
まぶしく見えました。

私のようなド素人が聴講できたことだけでも十分感激なのですが、
利根川先生の気さくな飾らない話しぶりが印象に残りました。


宗教と科学、哲学と科学、etc.
全く関係の無いもののように思っていたものが
脳科学を通して、全部つながっていく時がくるのでしょうか。
これからの未来が楽しみです。

今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-19 21:33 | Comments(0)

読書の秋!到来

日が沈むのが、日ごと早くなっていきますね。
ここ埼玉では、今の時間もう辺りは薄暗いのですが、
一昨日訪問した日高川町では6時はまだ明るく、
ちょっと得した気持ちになりました。
皆さんのお住まいの地域は、いかがでしょうか?

今月に入って、移動時間に小説を読み始めました。

今の仕事を始めるまでは
ほとんど読書をせず、
読むといったら小説しか読まない人だったのですが、
(不勉強がバレバレですね~)
心理学の勉強を始めてから
意を決して読書を心がけるようになり、
自然と小説から遠のいていました。

毎月、今月は○冊読もう!と目標を決めて、
間に合いそうも無い時は、月末ギリギリは焦って読みまくります(笑)

先週~今週にかけて、いつもより移動時間が長いので
このへんでリラックスのためにも
久しぶりに小説もいいかな?と思い、
まとめて数冊買い求めました。

で、面白くて一気読み(^^♪
小説といっても、幅広いですよね。
今回は、以前から買ったまま積読になっていたダン・ブラウンと
海堂尊をまとめて一気に。
なかなか楽しめました。


ふと思うと「読書の秋」なんですよね。
秋が深まり、おいしい紅茶やコーヒーを飲みながら読書、というのがピッタリの季節です。

さぁ、読んでみたい本がパッと思い浮かんだあなた!
是非一緒に「読書の秋」を楽しみましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な連休になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-18 17:40 | Comments(0)

あれこれ雑感

御坊駅近くに一泊して、
今朝は御坊駅周辺を1時間ほど散策して
和歌山を後にしました。

約2.7キロという短い距離を走るミニ鉄道、紀州鉄道にも乗り、
ちょっと観光気分も楽しみました。
江戸時代から残る古い町並みは
私の田舎を思い出させてくれました。

新大阪で乗り換えに少し時間があっったので
明石焼を食して、お腹も満足(笑)。

今回唯一残念だったのは
往復ともに富士山が見えなかったことです。
往きはほとんど雲に隠れ、
帰りの今日も、裾野とかろうじて頂上付近がチラッと見えるくらい。

私の住んでいる街からも
お天気がいいと小さな富士山が見えるのですが、
間近を通ると、やっぱり大きな富士山を見たくなるから不思議です。



今回の講演旅行、たっくさんいいこと嬉しいことがありました。
何より嬉しいのは、新しい出会いです。
この2日間で出会った皆さん、
本当に素敵な時間をありがとうございました。

延々と続くみかん畑を眺め、
海を眺め、
のんびり景色も堪能しました。

なんだかね、心の充電ができました(^^)


世間はシルバーウィークに向けて賑わっていますね。
政治の話題も賑やかです。
景気よく、元気よく、いつでも笑顔で過ごしたいものです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明日もいいことたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2009-09-17 18:35 | Comments(0)