<   2011年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

インプットとアウトプット

今日は、バランスボールを椅子代わりに、デスクワークしてみました。
姿勢がちょっとでも悪くなると、あっというまにバランスが崩れて仕事にならないため
なかなかの緊張感を保てることに気が付きました。
ヨーロッパ等では実際に教育の現場で使われ、
子ども達の姿勢を正すとともに、集中力を高めることにもつながっているそうです。
実際にやってみて、なるほどこういうことか、と納得しました。


さて、今日はインプットとアウトプットについて考えました。
例のごとく、ちょうど読んでいた本に出てきたので
はたして私は、インプットとアウトプット、バランスよく出来ているのかな、
と思ったのがきっかけです。

例えば、上に書いたことを引き合いに出すと
インプットは「ヨーロッパ等では~つながっている」という外部から得た情報。
アウトプットは、私が実際にバランスボールを椅子代わりに使ってみた、という実体験。
ここから、経験を通して、私の知識が知恵に変わっていく(といいな、という願望を含む、笑)。


研修先などでよく聞かれる質問のひとつに
「人前で話すのが苦手、どうすればいいでしょう?」
というものがあります。
詳しく話を聞いてみると、「話すことはできるけど、いつも時間が余って困ってしまう」
というケースが多いことに気づきます。

つまり、話すのが苦手、というよりは、話す準備があと一歩、というケースですね。
これも、インプット=あれとこれを話そう、という準備=思考の段階。
アウトプット=実際に話してみたら、早く終わってしまって時間が余った=実体験。
要は、思ったとおりに行かない、ということなのですが、
五感を使って頭で考えたことと、実際にやってみたことが一致しないことは
誰にでもよくあると思います。

時間が余る、という方に対しては、
「しっかり予行演習した上で、原稿は練習のときの1.5倍用意しておく」
というアドバイスをします。
これは、本番で早口になってしまったり、間合いが短くなったりして
時間調整がうまくいかない場合に備えて、
途中で追加できるように予備の原稿を用意しておく、というものです。
うまくいけば予定通りで、時間が余りそうだったら落ち着いて対処できます。


話をインプット、アウトプットに戻すと、
話すのが苦手、と思って話さないでいるとアウトプットの機会が得られないため
いつまでたっても、インプットばかりになってしまうのですね。
これでは頭でっかちになってしまい、バランスは悪くなるばかり。

考えたら行動に移す、アウトプット=やってみる、実行する、ということが大切です。

自分を振り返ると、まだまだインプットも足りないし、
アウトプットに至ってはさらに足りない、という結論に至りました(-.-)
一層の精進を自分に言い聞かせました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も学びの多い一日になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-28 17:18 | Comments(0)

資源を探す

強風が吹き荒れた一日でした。
暖かな南風のおかげで気温が上がりましたが
歩くのも大変なほどの強すぎる風にはいささか参りました。


遅ればせながら、私もようやく「もしドラ」を読みました。
昨年、著者の講演を聞きに行ったり、
ドラッカーの「マネジメント」を書店で手にとってみたりはしていたのですが、
なんとなく後回しにして、今頃になりました。

読み終えて、いくつかの言葉が頭に残っているのですが、
一番ひっかかったのが「資源」という言葉。

あらためて、自分の資源=リソースを振り返るいい機会と考え、
あれこれ思いをはせてみました。


誰もに、得意・不得意な分野があり、
好きなこと・嫌いなこと・苦手なことがそれぞれあります。

自分の特技や性格の特徴などを、
きちんと理解して把握して、それをうまく使いこなせると
自分の幅が広がるし、何より大きな自信につながります。

弱点や欠点を理解したうえで、
自分のいいところ・得意なところを延ばすように意識すると
さらに興味がひろがり、自然と入ってくる情報が増え、気付きも増えます。

自分の持っているあらゆる資源=リソースを
しっかりと認識することが大切です。

自分のことは、自分が一番よくわかるはず。
けれど、自分でも気が付かないリソースもあるものです。
仕事仲間や友人から、自分の性格やクセについて指摘されると
「ああ、そんなふうに人は思っているのね」と気付くことができ、
それは、自分が知らない自分、つまり新しいリソースになります。


私の場合、自分では苦手と思っているけれど
人から「よく覚えていますね」と言われることの一つに
名前を覚えることがあります。

昔から、自分の名前の漢字を間違われることが多く
ちょっとしたことですが不愉快な思いをすることが多かったので
名前は漢字でフルネームそっくりインプットします。
名前を間違えることほど相手に対して失礼なことはない、と常々思っていますので
覚えるときは、漢字の微妙な違いなどに特に注意します。

名前を覚えることが特別得意なわけではありませんが、
そういう子どもの頃からの習慣が、今に役立っているのかもしれません。
自分では意識していなかったけれど、
もしかしてこれもリソースかな、と思うようになりました。


自分の資源を探そうと思うと、ありきたりのことしか思い浮かばなかったりもしますが、
周囲の人々の声に耳を傾けると、意外な資源が見つかるものです。

セルフマネジメントのために、あなたも資源探ししてみませんか。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-27 20:36 | Comments(0)

いよいよ産卵!

少しずつ朝晩の気温も上がってきました。
いよいよ、待ちに待ったメダカの産卵の季節です(^^)

水槽や庭の睡蓮鉢のメダカたちに餌をやるのが
毎朝いちばんの習慣なのですが、
今朝、ついに卵を抱えた親メダカを発見しました!

だいぶ前から、メダカ仲間たちから「産卵してるよ」との声を聴いていたのですが
ウチはまだだなぁ、と思っていたのです。
私が見逃していただけかもしれないけど、ちょっと焦ってました(笑)

今朝は、黒メダカ・琥珀メダカ・楊貴妃と3匹の産卵を発見。
今年はどんな掛け合わせにチャレンジしようかとワクワクしています。

去年は、真夏の猛暑で稚魚を大量に亡くしてしまい、可哀想なことをしたので
今年はしっかり暑さ対策をして、たくさんのメダカを育てたいと思います。

というわけで、春は花も楽しい、畑も楽しい、何よりメダカが楽しい季節です(^^)/


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-26 21:00 | Comments(0)

心と体を整える

午前中、駅へ向かって歩きました。
たくさんの花々を眺めていたら、とても気分が良かったです。
ハナミズキがどこも満開で、早咲きのつつじも満開で、
小さな花がどこもかしこも咲き乱れ、心が豊かになるのを感じます。
春を迎えられたことへの有難さを思いました。


最近、サッカーの長谷部選手の本で目にする機会がが多い「整える」という言葉。
ちょうど昨日読んでいた本にも「心と身体を整える」という表現があり、
いい言葉だな、と改めて思いました。

長谷部選手の本にも書かれていましたが、
ベストパフォーマンスのためには、心を整える時間が必要です。
それは特別な人に限ったことではなく、
全ての人々に必要な時間だと思います。


整える、と書くと、なんだか難しそうに感じますが、
私流に勝手に解釈すると、
何も考えない時間を作る、
ということになります。
ボーっとする時間、ということです。
(長谷部選手の本とは全く関係ない、独自の解釈です!)

自分とじっくり向き合う、
一日を振り返って、明日への意欲を高める、
今日一日のいろんなことに感謝する、
・・・どんな形でも方法でも何でもいいと思います。
悩んだり迷ったりする物事から解放される時間を作って
心と身体を休めてあげる時間、とも言えるでしょうか。

寝る前に、ゆっくり深呼吸する、というのもいいですね。
繰り返すうちに、頭の中が真っ白になれば、
まさに心と身体を整える、リラックスした時間になると思います。


心を整えることで、
また明日から頑張ろう!という前向きな気持ちがふつふつと湧いてきます。

心と身体は密接につながっています。
自分を偽らず、自分の心と身体が発する声に耳を傾けましょう。
ときに疲れたと感じたら、それは心と身体が発するSOSなのです。

もうすぐ連休ですね。
青空のもと、花や緑に囲まれてリラックスする時間を作って
笑顔づくりの英気を養いたいと思います(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-25 17:46 | Comments(0)

リスタート

相変わらず毎日大小の余震と思われる地震があります。
自粛ばかりではいけないと分かっていても
地震を感じることで何かしらの不安が胸をよぎるのも事実。
被災地の皆さんの気持ちを考えると、
せめて余震だけでもそろそろ収まってほしいと願わずにはいられません。


今日は都内で講演でした。
お招きいただいた皆さん、ありがとうございました。
ご参加の皆さんも、最後まで熱心にお聞きいただきまして
ありがとうございました。

今日お招きくださった団体の会長Sさんとお話しした中で、
NLPに関するご質問をいただきました。

お答えしながら、ふと頭に浮かんだのは
リスタートという言葉でした。


期せずして、数日前にも同じ思いに駆られていたのです。
リスタート。

それは、私が講師として独立した最初の一歩を踏み出す際に
陰ひなたとなってご支援くださったKさんからのメールがきっかけでした。

それまで薬剤師と講師の二足のわらじをはいていましたが、
いよいよ講師一本でやっていこう、という決意をした、まさにその時に
とてもお世話になった方です。

自分の新しいスタートは、ワクワクするよりは不安の方が大きく、
どうなるのか先の予測もつかない中で、
根拠のない自信だけが頼りでした。
そんなとき、Kさんの存在は大きな大きな支えでした。

そんな、自分の起業の頃の気持ちをなつかしく思い出して、
さぁ、リスタートのつもりで、また精一杯頑張ろう、
と思ったのです。


そして今日、また同じ思いに駆られました。
久しぶりにNLPを学び始めた頃のドキドキワクワク感を思い出したのです。

そもそも、NLPを学び始めたきっかけは、本当の偶然で、
講師として出かけた先の専門学校の講師控室でのこと。
隣り合わせて座った女性の先生とコミュニケーションについて話した際、
「先生はNLPもうやってる?難しいけど面白いよね」と言われたのでした。

NLPという全く初めて聞いた言葉を聞き取ることすらできなくて、
N?あとは何??という状態。
実はその時はそのまま流してしまったのですが、
数日後、上司との会話の中で、あのときの・・・と思い出し、
その後、急いで調べました。

そこから先は、憑かれたようにNLPを学びました。
それはそれは楽しく充実した時間で、
自分も含めて家族も周囲の仲間や同僚も、私の変化に驚きました。

あの時、あの名前も知らない先生がNLPと言わなかったら、
今の私は存在していないと言い切れるくらい、NLPとの出会いは鮮烈で、
あの時から人生が変わったといってもおかしくない位です(笑)


今日、偶然そんなことを思い出したのです。
あれから新しい道を歩き出したんだった。
その時の気持ちを思い出して、
また新しい気持ちでリスタートしよう!と。

何かを変えるとか、何かが変わるとか、そういうことじゃないけれど、
今日は、今まで支えてくれた多くの方々を思い出し、
ここまでの道のりを振り返り、
改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

きっかけはいつだって何だっていいよね、と自分で自分に言い聞かせています(笑)
今日から新しい道のりが始まるつもりで
また新しい一日を笑顔で迎えたいと思います。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-22 23:59 | Comments(0)

楽しいのが一番

今一つすっきりしないお天気で、なんとなく気分も沈みがち。
なんてことのない間違いメールにまで、過剰に反応してしまって、
自分をコントロールできていない証拠だなぁ、と反省しました。
カエサルのような寛容の心を身につける道のりはまだまだ遠いです(^^)


今に始まったことではないのですが、
巷にあふれている情報を見ると
相手の悪いところを探し出して非難したり
はたまた、何か指摘されると慌てて言い訳をしてみたり、
なんだかスッキリしないなぁ、と思います。

みんなで、いい国を、いい会社を、いい家庭を作るために
力を合わせて知恵を出し合って、問題を解決する方向へ導くことの大切さを
忘れてしまったかのようです。

私は、選択に迷ったら、楽しいと感じる方へ進めばいい、と思うようになりました。
好きでもないことに係わって、イライラしたり落ち込んだり悩んだりするより、
たとえ失敗しても好きなことをして、反省して立ち上がって
また前に進むほうが、自分に正直でいられるように感じます。

昨日お話をうかがったNさんも、
仕事は何より「楽しいのが一番」とおっしゃっていました。
まずは楽しまなくちゃ!

心から楽しむためには、努力も必要、ときに我慢も必要。
でもきっと、その努力や我慢がいつか実を結ぶはず。
いつしか努力も我慢も忘れて、ただひたすら前を向いているうちに
もっともっと楽しいことを追求したくなるはず。

素直な心で人の話に耳を傾け、
真摯な気持ちで、物事に向き合う。
そこに「楽しい」と思える心が芽生えたら、最高です。
言い訳しない人生を送りたいから、
自分に正直に、周りに感謝といたわりの心を忘れずにいたいと思います。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日もたくさんのありがとうに出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-21 18:15 | Comments(0)

沼津に行ってきました!

久しぶりに静岡県に行ってきました。
静岡は私の大切なメンターがいるところ。
それだけで、静岡に行くのが楽しみです。

新幹線で三島まで行き、乗り換えて沼津へ。
沼津は初めてだったのですが
ちょうど学生さんの終業時と同じ時間の移動だったので
若いパワーが車内にあふれて圧倒されました(笑)

お招きいただいた皆さん、
講演にご参加いただいた多くの皆さん、
最後まで真剣に聞いていただきまして
ありがとうございました!

今回、私が講演でお話しした健康づくりに関する内容を
そっくり実践していらっしゃる方がいらっしゃって、とても感動しました。
講演後の懇親会でお話しして分かったのですが、
実年齢よりずっと若く見え、はつらつとしたご様子が
言葉の端々からも伝わってきて、
こちらがたくさん刺激をいただきました。


東京に着いたら、まあるい月がぼんやり赤く見えました。
一昨日が満月だったんですね~どおりでエビが抱卵してました(笑)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-20 23:05 | Comments(0)

検査値と食事の関係

午後の早い時間、新一年生の帰宅姿を見かけました。
ランドセルの黄色いカバーといい、黄色い帽子といい
とても微笑ましい風景でした。
なんでもない普通の出来事のありがたさをしみじみ感じました。


4月も半ばを過ぎ、新しい環境での生活を始めた方々も
だいぶ慣れて、気持ちも落ち着いてきたころでしょう。

そして、社会人の皆さんは、職場での健康診断のお知らせが
ぼちぼち届き始めるころですね。


一般的に、ほとんどの健康診断の注意事項として
「検査前は食事を控える」ように指示が出ると思います。
午前中の検査でしたら、朝食を摂らずに来てください、と言われますよね。

これを守らなかったらどうなるのか、ご存知でしょうか。
食事抜きの指示が出るからには、当然ながら
食事が検査結果に影響を及ぼすわけです。

影響を受ける検査項目としては、中性脂肪と血糖があげられます。
これらの血液検査の結果は、直前の食事の影響を大きく受けます。


私ごと、薬剤師なのにお恥ずかしい限りですが
午後の血液検査を受けることになっているのに
すっかり忘れて昼食を普通通りに摂ってしまったことがあります。
気付いた時には時すでに遅し、
どうしようか迷った挙句、知らんぷりして検査を受けました。
結果は・・・当然ながら、空腹時血糖値がいつもよりすこぶる高く、
それでもなんとか正常値ギリギリだったので、再検査を逃れました(笑)

血糖の検査項目にはいろいろな種類がありますが、
HbA1cは、検査1~2か月前の血糖値を表す指標なので
直前の食事の影響を受けることはありません。
ごまかしが利かない素晴らしい項目なのです。


また、中性脂肪も食事の栄養を受けるため、
血液検査を受ける16時間前までに食事を済ませる必要があります。
社会人の場合、
特に仕事との兼ね合いで16時間あけるのが難しい方も多いと思いますが、
最低限半日=12時間はあけるようにしたいものです。
影響を及ぼしやすい食材としては、脂っこい物やアルコール類などがあげられます。
検査の前日の飲み会などは気をつけたいですね。


健康診断の前に、突然ダイエットを始めたり、
直前だけ甘いものやアルコールを控えたりする人を見かけますが
多くの検査結果は、数日の食事で改善するものではないですし、
そもそも、突然の減量は身体にかえって悪い影響を及ぼしそうです。

健康診断を、食生活の乱れを整えるきっかけにするのも一手です。
という私も、食事の時間が不規則なので、
この辺りで再度仕切り直しして健康づくりにいっそう励みたいところです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい出会いがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-19 17:37 | Comments(0)

安心と安全を求めて

どんよりした曇り空に、ライラックの薄紫が同化して消えてしまいそうでした。
昨日までの快晴の中では、華やかに咲き誇っていたのに。
背景が変わるだけで、これほど見え方が変わるのか・・・と思いました。


大震災以降、いろんな物事に対する見方も変わったように感じています。
例えば、モノに囲まれて生活している自分のスタイルについて、
もっとシンプルに生きてもいいかもね、と思ったり。

私たちは、常に安心と安全を求めています。
私が、モノに囲まれているのは、好きなものを集め、身の回りに置くことで
安心できるからです。
でも、それらのモノが地震の時には大きな不安材料になることを知りました。
思案どころです(笑)


広辞苑によれば、
安心とは心配不安がなくて 心が安らぐこと また 安らかなこと
安全とは安らかで危険のないこと 平穏無事 
     物事が損傷したり危害を受けたりするおそれの無いこと
とあります。

安心とは主観的事実、安全とは客観的事実、
と書いている人がいて、なるほど、と思いました。

安全は科学的に証明できるけど、
安心は、証明できません。
安心とは、自分で理解し、納得して得られるものだからです。


ドイツのメルケル首相が、福島原発事故を
a catastrophe of apocalyptic dimensions(黙示録的な破滅)
と言ったそうです。

日常をおびやかすようなさまざまな環境や情報の中で、
安心と安全を求めている人々に
どうやって安心と安全をお届けできるか、
いかにして安心と安全を感じていただくか。
震災前とは、一人ひとりが感じる安心・安全の意味も変わったはずです。
たくさんあるテーマの中でも重要な私の永遠のテーマとなりそうです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日もたくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-18 23:52 | Comments(0)

笑顔のつくり方

快晴が続き、満開の桜がとても長持ちして楽しませてくれています。
先週偶然見かけた一分咲きの枝垂桜が、今日は見事に満開でした。
それはそれは大きな木で、天を仰ぐように見上げると
青空とのコントラストが冴えわたり、額縁に入れて持って帰りたくなるほどきれいでした。

研修を終えていい気分で帰りの電車に乗ったところまでは良かったのですが、
皆さんの笑顔の余韻にひたっていたら、乗り過ごしてしまいました。
気分がいいときは、
こういう自分のドジでおっちょこちょいな間違いさえ許せるから不思議です(笑)


さて私ごと、薬局などに長らく勤めてきた中で自然と身についたクセがあります。
笑顔です。

自動ドアが開いた音がしたら、笑顔で振り向きます。
電話が鳴ったら、笑顔で受話器を取ります。
患者さんの名前を呼ぶとき、呼びかけに応えるとき、
常に何かに反応するときは笑顔です。

しかしながら、この笑顔も、家族に言わせると作り笑顔。
自宅で電話を取ったときのこと、
貼りついたような笑顔が気持ち悪い、と言われたことがあります。
自分では、作り笑いか自然にでた笑顔かの違いなんて意識していませんから、
そんなこと言われても・・・と当時は思いました。

今思い返しても、作ったものだったのか自然の笑顔だったのか
自分でも分からないのですが、
ひとつだけ分かるのは、笑顔でいるように意識していた、ということです。
・・・ということは、無意識でできていたわけじゃなさそうなので、
やっぱり作り笑顔だったのかもしれません(意識的有能!笑)


今日の研修では、笑顔のつくり方を練習しました。
皆さんのご感想の多くは、予想通り
「笑顔がこんなに疲れるものとは思わなかった」
というもの。
大きな笑顔を意識すると、表情筋を動かすために顔が疲れるのです。

私の場合も例外ではなく、患者数が多い日は
一日の終わりになると顔がくたびれていたことを思い出します。
それなりに頑張ってたんですね(笑)


最初、疲れるほどに表情筋を動かして作る笑顔は
どことなくぎこちないかもしれないけれど、
続けていれば、そのうち必ず自然に醸し出される優しい笑顔につながります。

自然に笑顔で対応できるようになると、
相手も笑顔を返してくれるようになり、仕事が楽しくなります。
モチベーションが上がり、相手も喜んでくれるのですから
これこそ一石二鳥ですね。


早いもので4月も半ばです。
新しい環境に慣れると同時に、身体の疲れも出てくる頃ですよね。
疲れると笑顔を忘れがちですが、
ちょっと意識して、口角をキュッとあげてみませんか。
鏡に映った笑顔を見たら、もう少し頑張ろう、と思えるはず。

笑顔はモチベーションの源です!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-04-14 23:34 | Comments(0)