<   2011年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

とにかく前に・・・

台風12号の動きが気になります。
この台風、タラスという名前なんだそうです。
どうやって名前を決めるんだろう?といつも思います(笑)


今日で暑かったような寒かったような8月も終わり。
そして、東日本大震災から半年が過ぎようとしています。

福島原発事故を受けて、放射線や放射能に関する不安も募ります。
現地近くの方のご不安はいかほどだろうと思うと、たまらない思いに駆られます。

近頃、放射線や原発に関する書物が多く発刊されるので、
新しい情報を求めて、読み進めています。

知識や情報を身につけることが、落ち着いて冷静に行動することにつながると
信じているからです。


その中で知った、「ベルゴニー・トリボンドーの法則」

これは、放射線による感受性を表す法則で、
ここでいう感受性とは、感じ取りやすさ、影響の受けやすさのことです。
感受性が高いと、影響を受けやすく、障害が出た場合に重症化しやすいということですね。

この、二人の研究者が発表した法則とは、
放射線への感受性が高い細胞は次の3つの特徴を備えているというものでした。
1.分裂頻度が高い細胞
2.将来行う細胞分裂の数が多い細胞
3.形態および機能が未分化な細胞
この3つの特徴に当てはまるほど、放射線への感受性が高くなります。

私たちが普段見聞きするがんの放射線治療。
これは、がん細胞が正常細胞より放射線に対する感受性が高いから成り立つわけで、
まさにこの法則に当てはまることが、がんの放射線治療の有効性の根拠になっています。
 
原発の放射能汚染についても、この法則に照らして考えると、
胎児、乳幼児、妊婦、若い人ほど危険であることが分かります。


原発や放射線に関する書物は、どれも専門用語が難しく、どうしても敬遠しがちなのですが、
ただ不安に思って尻込みするばかりでは何も解決しないので、
とにかく少しでも前に進むために、知識を身につけようという思いです。

例えば、皆さんの中にも感じていらっしゃる方がいるかもしれませんが、
実は、畑で採れる野菜や果実の放射能汚染を心配してくださる方がいらっしゃいます。
お気遣いをとても嬉しく思っています。

我が家では、せっかく畑で採れる無農薬野菜があるのだから、
たくさん食べて栄養(特に抗酸化物質!!)を摂って、ストレスに負けない健康な体を作ろう、
という気持ちで、状況に応じて前向きに対処しようと決めました(^^)


放射線に関する問題はあまりにも大きすぎて、どうにもならないという思いもありますが、
それでも、どうすれば前に進めるか自分なりに考え、できることを一つずつやって、
とにかく前に前に、一歩でも前に進んでいきたいと願っています。


被災地の皆さん、避難している皆さんに、
一日でも早く、いつもの生活が戻りますように。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-31 17:58 | Comments(0)

いちじくの季節

青空が広がり、清々しい朝の目覚めに心が躍ります。
政治や経済の混迷(?)をよそに、
街中でトンボが飛ぶ様子を見つて、何やらホッとしました(^^)


昨日、週末の畑作業について書きましたが、
今日も、その続き。

私はいちじくが大好きで、畑でもいちじくを作ってもらっています。
子どものころに母方の田舎で食べたいちじくの美味しさに魅了されたわけですが、
家庭菜園を初めてすぐに、いちじくの木を植えてもらいました。

昨年は、初めてジャムを作りましたが、私は、生で食べるいちじくが一番好きです。


いちじくには、栄養がたっぷり含まれています。
食物繊維の仲間のペクチンが、腸の働きを活発にするため、
便秘予防や改善に効果があります。
また、フィシンというタンパク質分解酵素が、消化を助ける働きを持っているので
肉や魚などタンパク質が多い食事をした後に食べると、効果的です。
そのほか、カリウムやビタミンなども含まれ、健康と美容に役立ちます。

旬のいちじくは、糖度が増してよりおいしくなると言われます。
(熟す前のいちじくは、酵素の影響で胃を痛めることがあるので気を付けましょう)
他の季節より旬に栄養価が高くなるのは、他のお野菜と同じですね。

食欲の秋に向けて、消化促進のためにも、もってこいのいちじく。
これからが、いよいよ旬の季節です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-30 20:33 | Comments(0)

週末の畑(^^)

朝夕グッと涼しくなりました。
布団にくるまっている時間が至福のときだったりします(笑)
夏(秋?)の花粉に悩まされつつも、窓から入る風の心地よさは止められません(^^)


週末、なかなか行けなかった畑で少しばかり収穫の手伝いをしました。
ちょっと間があいてしまったブルーベリーも、大きく実がふくらんで甘さもGood!
そろそろ終わりになってきた夏野菜も、相変わらず好調で
1時間強の作業でしたが、たくさん収穫できて楽しめました。

最近、面白いな、と思っているのがピーマン。
焼いても、炒めても、蒸しても、それぞれに違った食感と美味しさを味わえて
なんとも便利なお野菜だなぁと実感。
焼きナスならぬ焼きピーマンがここのところのお気に入りなのですが、
蒸しピーマンも美味しいです。

モロヘイヤやツルムラサキといった夏の葉もの野菜たちも、
今年も大活躍してくれて、美味しくいただきました。
私は、おひたしやスープでいただくことが多いので
毎食でも飽きずにモリモリ食べています(笑)


ちょっと間を開けるだけで、花が咲いていたり、背丈が伸びていたりと
がらりと風景が変わったりして、そんなことさえ楽しめます。
畑も、生きものなんですね。

メタボ対策に、アンチエイジングに、そのほかにも
健康のために欠かせない栄養満点の野菜たち。
この夏も元気に過ごせたのは、畑の野菜のおかげかも(笑)と思い、
感謝しながら収穫した週末でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-29 21:59 | Comments(0)

晩夏に聞こえる歌声

今日も、突然の雷雨、すごかったですね。
浸水等の被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げます。
ゲリラ雷雨はこれからも続くのでしょうか・・・心配ですね。
強雨が続いている地域の皆さんは、土砂崩れなどに十分気を付けてください。


被害に遭われている方もいらっしゃる中で、不謹慎かもしれませんが、
出先で強雨に遭うと、私はすぐに、メダカは大丈夫かな?と気になります。
水槽の水があふれちゃってたらどうしよう?と。

で、今日は・・・あふれてました(+_+)

どの程度水があふれたのか、何を思っても後の祭りなので、
水槽の外にメダカが流されたり、飛び出していないことを祈るばかりです。


屋根つきのメダカ小屋が欲しいなぁ(^_^;)
・・・なんて、薄暗い庭でぼんやり考えながら、満タンの水を汲み出していたら、
遠くから、女生徒さんの歌声が聞こえてきました。

あ~きのゆーうーひ~~に
て~る~~やーまーも~み~~じ♪

二人の生徒さんが、きれいにハモっています。
とっても素敵でした。


これって、何て歌だっけ?と考えている間に、
二人の生徒さんは自転車で通り過ぎました。
庭に座り込んでいた私からは姿も見えず、ただ歌声の余韻だけが残っていました。

今どき、大きな声で歌いながら自転車に乗るなんて、めずらしい!
それも、今どきのヒット曲じゃなく、昔ながらの教科書に載っていそうな懐かしい歌を
それはそれは美しくハモってて。
合唱部とかコーラス部の生徒さんだったのかもしれませんね。

まだ秋じゃないんだけど、まるで秋になったような気持ちになりました。
(雨の後で、すっかり涼しくなってましたし、笑)

彼女たちが通り過ぎた後も、メダカの水汲みをしながら
私の頭の中では、あ~きのゆーうーひ~に♪のメロディがリフレインしてました。
胸がふ~っとやわらかく温かくなったようで、
メダカショックも忘れて(笑)なぜだか一人笑顔になっていました。


早いもので、8月ももうすぐ終わりです。
個人的には、今月はもっと余裕があるつもりだったのですが
なんだかあっという間に過ぎていき、駆け足の毎日です。
急ぎ足でも、しっかり地に足を付けて、晩夏を楽しみたいと思います。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-26 21:15 | Comments(0)

無表情が伝えるもの?

ここのところ、地震の情報が多いように感じています。
3月の震災で被害に遭われた方々は、きっと不安な毎日をお過ごしのことでしょう。
地震が少ないはずのアメリカ東部での一昨日のM5の地震に続き、
今日は南米ペルーでもM7の地震が観測されたとのこと。
それぞれ大きな被害は出ていないようですが、
地球全体がつながっていること思わずにはいられません。

また今日は、強雨の影響で新幹線の遅れなどに遭われた方も多かったようです。
自然災害のニュースが何もない日って、この頃少ないですよね・・・。
もうすぐ防災の日。いざという時の備えをしっかり確認したいですね。


心理学の本を読んでいて、無表情が相手に伝えることについて考えさせられました。

ちょうど移動時間に読んでいたので、電車に乗っている人の表情を観察してみました。
どの時間帯でも同じようですが、多くの人々が携帯を触っているので、
無表情というよりは携帯の画面に見入っている真剣(?)な表情が多いのです(笑)
眠っている人、おしゃべりしている人、新聞を読んでいる人・・・
何もせずに、ただ座っている人って、案外少ないのだな、と思いました。

話を戻して、無表情について。
電車で無表情の人を見かけても、それ自体が誰かに与える影響は少ないと思いますが
(電車の中で一人でニコニコしていたら、その方が不気味ですよね、笑)
これが人と人とのコミュニケーションの中での無表情であれば、話は別。


人の基本的欲求の中の一つに、安心・安全を求める、というものがあります。
無意識のうちに、自分にとって安全なものを選ぶのが私たちですから、
あらゆる情報についても、安全かどうか一瞬のうちに判断しています。

無表情は、人に恐怖を与えるのだそうです。
無表情からは、感情が読み取れません。
それを見た人は、この人は何を考えているのだろう? と不安を覚えます。
相手の考えが読み取れない、分からない、と感じると、
すなわちそれは、この人は安心・安全ではないかもしれない、という考えになります。
そして、そこから恐怖を覚えるのです。

お盆休みの頃、偶然見ていたテレビのドキュメンタリー番組で
戦争時代を振り返ったお年寄りの言葉が印象に残りました。
「恐怖は、無知から起こる。だから、たくさん勉強するのだ」という言葉です。
これは、何が起こっているのかわからない、将来が見えない(分からない)ことに対する
不安・恐怖を意味していると思います。

無表情も同じことだと思いました。
表情がない、つまり、感情が分からない、何を考えているのか分からないことに対する不安や恐怖。

私たちは、言葉や表情・ボディランゲージ等によって、
相手に対して意志や情報を伝達しています。
表情も、いろんな感情を知らせるためのコミュニケーションの手段だと考えると、
無表情は、何も伝えない、という方法によって、相手に恐怖を与えることになります。


接遇マナーを考えるとき、笑顔の大切さを繰り返し説くのですが、
笑顔が与える安心と、無表情が与える恐怖、その両方を理解していないと
心の底から自然に湧き出る笑顔にはなれないのかもしれません。

疲れたとき、落ち込んだ時、体調が悪い時・・・
いつのまにか無表情になっているその瞬間を、誰かに見られているとしたら、
その一瞬で、相手に恐怖感を与えているかもしれない。
そう思うと、なんだか怖くなってしまいますが(笑)
少なくとも仕事中、特に人と接する時間は、
無表情が周囲に与える影響をしっかり認識して、笑顔で過ごしたいと思います。

笑顔に接して、嫌な思いをする人は居ないはず。
笑顔の大切さを、これからもお伝えしていきたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-25 23:22 | Comments(0)

電話と笑顔

今朝はたくさんの朝顔が咲きました。
珍しくじっと見ていたら、茎(枝?)の部分に、
茶色い虫(カメムシ?)が一列になって並んでいました。
さらによく見ていると、葉っぱの裏側にたくさんの卵が!
さらにさらによく見ると・・・あちこち葉っぱをめくってみたら、
卵から孵化した小さな虫がいっぱい!
朝から少々興ざめ(笑) 早く退治しなくっちゃ!
朝顔は、遠目からちらりと見るのがいいようです(^_^;)


そんな今朝、久しぶりの方からお電話をいただきました。
この電話をくれたTさん、とっても素敵な声の持ち主なのです。
ふっくらと優しく包み込むような、あたたかい声質に、
話し方も同じように、ふんわり穏やかで、とても上品です。

声と話し方、その両方から彼女の満面の笑顔が思い出されて、
彼女が目の前にいるような気持ちで話をしました。
Tさん、お電話ありがとうございました!


思えば、電話というコミュニケーションツールは、
声と言葉だけで情報を伝達します。
当たり前のことなのですが、相手の姿は見えません。
(テレビ電話ではなく、普通の電話のお話です、笑)

見えないのにもかかわらず、知っている相手であれば、
自然と相手の顔を思い浮かべますよね。
よく知っている相手であれば、声のトーンや話しぶりから
表情まで思い浮かびます。
知らない相手であっても、声や話し方から、なにかしらのイメージ(画像・映像)を作ります。


私がその電話で何を思ったか。
たとえ電話であっても、笑顔で、あるいは表情豊かに話すことは大切だということ。
こんな当たり前のことを、実感したのでした。

声のトーン(気持ち高めが元気の良さなどいいイメージを与えますね!)や
言葉の選び方も大切な要素ではありますが、
笑顔もはずせない電話でのポイントだと思うのです。
笑顔があるかないかは、声の調子で伝わってきますから(^^)

笑顔も立派なコミュニケーションツールの一つなんだ!
と、今さら考えを新たにしました。


余談ですが、マイケル・ジャクソンが一番好きな歌は「SMILE」だったそうです。
チャップリン作曲のこの歌、
You'll find that life is still worthwhile
If you just smile
という歌詞に私はグッときます。


CMで聞いたような科白ですが、笑顔はプライスレス!
笑顔を磨いて、もっともっとコミュニケーション上手になりましょう(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-24 22:08 | Comments(0)

一人ひとりの思いを受けとめる

再び残暑到来ですね(^^)
暑いのは勘弁、と思っていながらも、やっぱりお日さまを見たら、嬉しくなりました! 
全く身勝手なものです(^_^;)


先日、朝顔の開花について少し書きましたが、
あれから妙に気になり始めて、朝に夕に、時間があると覗くようになりました(笑)
そして・・・実は今日も、夕方遅くにまだ花が咲いていました。
今日は、午前中降ったり止んだりのお天気でしたから、
午後日が差しても湿度高めで、お花の細胞が潤ったままだったのでしょう。
・・・などと、朝顔観察を楽しんでいます。


さて、お仕事の依頼を受ける際に、いつも感じることですが、
同じテーマの研修や講演であっても、
ご依頼主様の真のご要望は多種多様だということです。

これは、私たちがみな一人ずつ違う価値観や考えを持っていることを思い合わせると
当然のことではあるのですが、
だからこそ私は、そのお考えをしっかり受けとめることが大切だと考えています。

初めての方も、継続してお世話になっている方も、
そのたびにしっかりご要望をお伺いします。

どんな目的で、どんな目標を持って、研修を行うのか、
会社の理念、ご担当者様の信念やビジョンなどもお伺いしていくうちに、
方向性や価値観を共有することができ、
どんな研修や講演の内容にすればいいか、が少しずつイメージ出来てきます。

思いを共有できると、それが研修の内容にも反映されますから、
おのずと受講される方のご要望にもマッチしやすくなると考えています。


おかげさまで、研修・講演のご依頼が増えてきました。
本当にありがたいことです。

実は研修後、「熱いですね~!」とのご感想をいただくことが多いのです(笑)
ご担当者様の思いをお伝えしようと、あれやこれやと考えるうちに、
いつしか考えることも忘れて熱くなってしまいます(#^.^#)
ご担当者様の熱意が私に乗り移っているのだと思っています。

これからも、お一人お一人のご要望をしっかりお聞きして、
その思いにお応えできるよう精進してまいります。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-23 18:17 | Comments(0)

観察力と柔軟性

あれほど暑い暑いと思っていたら、一気に9月下旬の気温になり、布団が恋しいこの頃です。
皆さん、気温変化が激しいので、体調管理には気を付けましょうね!


週末、本棚で探し物をしていて、ふと目に留まった本がありました。
以前読んだ「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」です。

目に留まったのは何かの知らせと思い、読み始めたらあっという間に読み終わりました。

そして、並行して読んでいたNLPの本に書いてある内容と符合する点が多いことに気付き、
ハッとしました。

コミュニケーション力を高めるためには、「観察力」と「柔軟性」が大切。
という考え方がNLPの基本の中に出てきます。
相手の呼吸や目の動き、ちょっとした身体の動かし方に至るまで、
細やかな観察があってこそ、相手の要望に素早く応えることができ、
すなわちそれは、相手との信頼関係を築くことにつながります。
また、エジソンの言葉でも有名ですが、失敗は成功の元、と言いますね。
一度失敗したからといって簡単にくじけず、柔軟性を持って対処する。
こっちがダメなら、別の方法で、というわけです。
相手が例え苦手だと思う人でも、いつもと違うアプローチで接してみれば、
新しい接点が見つかるかもしれません。
コミュニケーション上手は、観察力と柔軟性が高いのです。

コミュニケーション研修の資料を作成しながら、
いい気付きを得られたことに感謝しました。
やっぱり、シンクロはあるのですね(^^)


そういえば・・・少し前に本屋さんで「赤毛のアン」が目に留まり、
その場で立ち読みしてしまいました(笑)
今はいろんな方が訳した「赤毛のアン」が出ていますが、
私にとっての「赤毛のアン」は村岡花子さん訳です。
村岡さんのシリーズ(10巻くらいあるのかな?)は、ある意味私の原点です。
読書嫌いの私に、読書の楽しみを教えてくれた大切な本だからです。

あの時の「赤毛のアン」にはどんなシンクロがあったのかなぁ???
また読んでみようかな。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-22 18:01 | Comments(0)

朝顔の不思議

昨日までの猛暑が嘘のように、一転して涼しい一日となりました。
猛暑と雷雨を繰り返す今年の夏・・・不思議です。
東京都心では、午前中の2時間で8度も気温が下がったとか。
大雨が降った地域の皆さんは、土砂崩れなど十分警戒してくださいね。
そして、急に気温が低くなりましたので、週末体調を崩さないように気を付けましょう。


不思議と言えば、今日の朝顔。

朝、意識してまで見ないので(メダカのエサやりは忘れないんですけどね、笑)
朝顔の花が咲いている姿を見ることがほとんどない私。
いつも花が咲いた跡(しぼんだ花)を見て、悔しい思いをしています。

なのに、今日は夕方の6時過ぎにもかかわらず、花が開いていたのです!

あれ?いつもなら、朝のうちにしぼんでるのにな~?と不思議に思いました。
そこで調べてみました、朝顔の開花について(^^)


朝顔は、日没から10時間経つと、開花するそうです。
(自由研究で調べた生徒さんの記録には、9時間半と書かれていました)
つまり、開花の条件は日照時間でも夜明けでもないのですね~。
(私の予想は軽くハズレました、笑)

もう一つ。
朝顔の花は、その細胞が95%以上水分であることから、
水分がなくなるとしぼんでしまうらしいです。
つまり、暑くて日差しが強い日はすぐにしぼんでしまい、
気温が低く日差しもない日は長く咲いている、ということがわかります。
今日は、まさに花が長く持つ条件がそろっていたのですね。


ご存知の方にとっては、何をいまさら、という内容なのでしょうが、
私には初めて知ったことばかりで、今日は新しい学びに大満足でした(^^)v

今日の夕刊に、幸せの閾値について書かれたコラムがありましたが、
私の場合、幸せの閾値はとことん低いようです。
朝顔ひとつで、こんなに幸せな気分になれるのですから(^_^;)

しばらくお天気が不安定で、気温も低めの様子。
この週末は、ゆっくり朝顔の花を愛でることが出来そうです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-19 20:19 | Comments(0)

汗と熱中症

午前中から35℃以上の猛暑日を観測された地域がいくつもあり、
都心ではこの夏一番の暑さだったそうです。
皆さん、夏バテは大丈夫ですか?


・・・という前置きはさておき、昨日当ブログをご覧いただいた皆さんへ
昨日の内容に一部誤りがあり、正しい内容に修正いたしましたので
この場をもちまして心よりお詫び申し上げます。
すぐに間違いに気付いて修正したのですが、すでにご覧いただいた方も多く、
大変申し訳ございませんでした。

正しい情報をお伝えすべく、これからも精進してまいりますので
引き続きよろしくお願いいたします。

お詫びの気持ちと自身の反省を込めて、
今日は、汗にまつわるお話を書いてみます。


あなたは、小さいころ、汗をたくさんかくと元気になるよ、
と言われたことはありませんか。


人間には200万~500万の汗腺があり、汗はその汗腺から流れ出します。

汗腺には、活発に働いている能動汗腺と、休んでいる休眠汗腺があり、
普段からよく汗をかいていないと休眠汗腺が増えてしまいます。

最近は、エアコンの効いた室内での遊びや運動よりもゲームをして遊ぶなど、
身体を動かさない遊びを好むお子さんも多いようです。
このように汗をかきにくい生活習慣の中で、休眠汗腺が増えてしまうと
夏バテや熱中症になりやすくなることが分かっています。

汗の基本的な機能は、体温調節です。
汗をかくことで水分蒸発による熱放散が促進されるのです。
暑い時や身体に熱がこもりやすい時に効率的に熱を逃がしてくれる汗。
しかし、汗をかきにくくなると、体温の温度調整機能が働かなくなり
最悪の場合は熱中症に至る・・・いうわけです。

自分は汗かきだと思っている人も、部分汗をかいている場合は
実は能動汗腺が少なく、十分な熱放散ができていない可能性もあるため
注意が必要です。


人間の汗腺の数は世界共通と言われています。
しかし、生活している地域の気候や環境によって能動汗腺数が異なるのだそうです。
例えば、インドネシアやタイなどの高温多湿の地域は能動汗腺数が多く、
ロシアなどの寒い地域は能動汗腺数が少ないと言われます。
高温多湿の日本ですが、エアコンによる快適な生活に慣れてしまった人は
能動汗腺数がいつのまにか寒い地域並みになっているかもしれませんね。

また、能動汗腺数は生後3歳までに決まると言われています。
小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、
日頃から運動などで積極的に汗をかくような工夫をすることも大切です。


地球温暖化やヒートアイランド現象などを考えると、
日本人も、将来は暑さに次第に順応して、
熱帯の人の能動汗腺数に近づいていくのかもしれません。

能動汗腺数を増やすためには、汗をかきやすい体質づくりが必要です。
その方法としては、神経の血管を温める手足浴が効果的とか。
足浴はむくみ解消にも効果があるので、
汗をかきにくいかも?と思い当たる方は、お試しになってはいかがでしょう。


残暑はまだまだ続きそうです。
高齢者だけでなく、子どもや若者にも増えている熱中症。
よく言われる水分補給やたっぷりの睡眠・休息とともに、
サラサラ汗を気持ちよくかくことができる身体をつくって、熱中症予防しましょうね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日もたくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-08-18 19:56 | Comments(0)