<   2011年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

人に良いもの

11月も今日で終わりですね。
明日から師走というのに、なんだか暖かくて不思議な感覚です。


さて、昨日教えていただいて、大きく共感したのが
「食」という字の文字合わせ(?)です。

「食」という字は、「人」に「良(よい)」と書きます。
つまり、食べ物とは、人に良い物。
人の体に良いものを食べましょう、というお話。


私たちの体は、食べ物からとる栄養で出来ていますから、
体づくりのために食べ物が大切なのは当然のこと。

しかし、体にいい食べ物を選ぶことが難しくなっています。
添加物などの問題、インスタント食品などの加工食品、・・・。

本当に体にいいものを摂ることで、体はもっともっと元気になります。
いい本を読んで知識を蓄えるように、
いい食べ物を摂って、健康な体をつくりたいですね。


体にいいものと言えば、畑の冬野菜が採れ始めました。
とれたてのホウレンソウや小松菜など、旬のお野菜はやっぱり美味しいです。

今年は、二期生りのラズベリーが今も少しずつ採れていて、
毎日ヨーグルトと一緒にいただいてます。
そろそろ終わる頃だから、なくなったらちょっぴり寂しいかも。


さぁ、体にいいものをたっぷり摂って、師走も元気いっぱい過ごしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-30 21:15 | Comments(0)

大宮で講演

この頃見かける垣根の見事な紅葉は、ドウダンツツジかな?と思うのですが、
時期が遅いようにも感じるので私の勘違いでしょうか(笑)
そろそろ紅葉も終わりに近づいてきましたね。


今日は、地元大宮での講演会に行ってきました。
お招きいただいた皆さん、ご参加くださった大勢の皆さん、
誠にありがとうございました。

今日は、いつになくご参加の皆さんの熱いパワーを感じて、
私の方が皆さんからたくさんたくさんパワーをいただいて帰ってきました。

笑顔のパワーってすごいですね~(^^)
笑顔の周りに笑顔が集まり、そこからどんどん大きな力が湧き出てくるのです。

私も、もっと笑顔パワーつけなくちゃ!です(笑)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-29 23:57 | Comments(0)

のどの乾燥予防

椿の花がたくさん咲きはじめると、いよいよ冬本番、と毎年思います。
赤や白系を見かけることが多いのですが、
先日、淡いピンクの花を見つけて嬉しくなりました。


さて、少しずつ寒さも本格化してきましたが、空気も乾燥してきましたね。

この冬は、節電対策の影響もあって
自宅では石油ストーブを使用するという方も増えそうな気配ですが、
エアコンなどで室内の空気はさらに乾燥しやすくなります。

そして、空気が乾燥するとウイルスや細菌の増殖に適した環境となります。
インフルエンザや風邪にかかりやすくなるため、要注意!の季節到来です。


乾いた空気は、のどや鼻の粘膜も乾燥させますから、
のどがイガイガしたり、鼻の粘膜が乾いて痛くなったりします。

乾燥した状態で長く話したりするとのどを傷める原因になりますから、
のどのケアは大切ですね。


そこで、のどの乾燥予防として、はちみつののど飴を常備しておくと便利です。

加湿器、水分の補給、うがい、マスクなどなど、のどの乾燥予防にはいろいろありますが、
外出時などは、これらの方法は難しい場合も多いですよね。

そこで、はちみつ入りののど飴です。
はちみつには、殺菌作用や消炎作用があり、乾燥して荒れたのどをいたわってくれます。

はちみつ入りののど飴にはいろんな種類がありますが、
できれば100%はちみつのものが効果的。
水あめなどを加えてあるものも多いので、選ぶときは原材料をチェックしましょう。
はちみつの純度が高いほど、のどへの効果が期待できます。

さらに、はちみつは虫歯になりにくい性質を持っているため、
仕事の休憩時間などでも安心して口にすることが出来ます。

のどに違和感を感じたら、すぐにのどを潤す方法を考える!
あれ?と思った時の素早い対応が大切です!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-28 20:53 | Comments(0)

言霊と学習の5段階

街々がイルミネーションで彩られて、どこに行ってもワクワクします。
私が見かける今年のイルミネーションは、圧倒的に白~ブルー系の色合いが多いようです。
節電と流行と・・・イルミネーション事情も世情を反映しているのでしょうか(^^)


今日の私、久しぶりに会った友人とのランチを楽しみながら、
自分の口癖に気が付きました。

言霊という言葉がある通り、日本では言葉に魂が宿ると言われています。
良い言葉をつかえば良いことが起こり、良いことを引き寄せる、と。

そこで、プラスの言葉、天国言葉と呼ばれるような言葉を使おうと
十二分に意識してきたつもりだった私。
ところが、プラスから外れた言葉が繰り返し自分の口から出ていることに突然気付いて
愕然としました。

意識しているときは出来る(たぶん、笑)けれど、無意識下では出来ない、ということ。

学習の5段階で言うところの
「意識的有能状態」はかろうじてクリアしているかもしれないけれど、
「無意識的有能状態」には到達していない、
ということです。

3段階目がギリギリ!?・・・道のりはまだまだ遠いです。


友人と、年末に向けて来年の目標をイメージしよう!という話になりました。
たくさんの気付きを与えてくれた友人に感謝感謝です(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-25 21:03 | Comments(0)

歯磨きの常識?

空気が冷たくなり、庭のメダカたちの動きも鈍くなってきました。
メダカを育て始めて4年目ですが、今年はトラブルも多かったので
みんな元気に冬越ししてほしいと願っています。


さて突然ですが、皆さんはいつ歯磨きしていますか?

恥ずかしながら、私が歯磨きの常識と思っていたことが
実は常識でもなかったようなのです(笑)

1日3回、食後30分以内に歯を磨く、
それも、歯を磨く時間は食後早ければ早い方がいい、
と今まで長く信じてきた私ですが、これが一概には言えないようす。

食後分泌される唾液の働きにより口腔内の中性が保たれるため(唾液の緩衝能)
虫歯予防のためには食後すぐの歯磨きはよくない、
という考え方があるそうです。

食後スグにいつも歯磨きをしていた訳ではないので(笑)
何も支障はないのですが、本当に驚きました。
無知とはなんと恐ろしいものよ、と思い知った次第。


虫歯予防に関しては、歯磨きの回数よりもタイミングや方法が重要で、
寝る前に丁寧に時間をかけて磨く、朝起きたらすぐに磨く、などがポイントとか。
勉強になりました!

他にも色々な考え方があるようですが、
歯磨きが大切だという部分は変わりがないようで安心しました(^^)

なんといっても、歯医者さんで定期的に検診を受けて、
正しい情報を得ることが肝心なんですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-24 17:40 | Comments(0)

コミュニケーションギャップ

今朝、窓には一面の結露。
秋と冬の境い目ってどこなんだろう? いつから冬??
今年一番の冷え込みの朝、思いついた疑問でした(^^)


コミュニケーションギャップという言葉をあちこちで見かけます。
皆さんは、コミュニケーションギャップを感じること、ありますか?

私個人は、あまり意識しないのですが、
コミュニケーションギャップを実際に抱えている方々には
大きな悩みであり問題だと想像がつきます。


ドラッカーは
「情報が多くなっても、その質がよくなっても、
コミュニケーションに関わる問題は解決されないし、
コミュニケーションギャップも解消されない」
と書いています。

「逆に、情報が多くなるほど、機能的かつ効果的なコミュニケーションが必要になる。
つまり、情報が多くなれば、コミュニケーションギャップは、
縮小するどころか、むしろ拡大しやすくなる」
とも。


多くの情報があふれ、何が正しくて間違っているのか、
何が本当に必要で何が必要ないのか、
しっかりと判断するための知識や経験が求められているこの頃。

文化が変わり、社会も変わり、ものの考え方も価値観も多様化が進む一方ですから、
ドラッカーが言うとおり、コミュニケーションギャップが生じやすい世の中になっているのは
間違いないでしょう。


情報を伝えていく中で、互いのギャップを少しずつでも解消するために
忘れてはならないのは、お互いを労り合い思いやること。

情報過多の時代だからこそ、相手が求める情報を先にキャッチして提供する。
これも、労り合いや思い遣り、心の通うコミュニケーションの一つですよね。

コミュニケーションとは、自分の感情や情報を相手に伝えることです。

伝える側は、伝えたい内容が適切に相手に伝わるように、
相手の気持ち、状況、タイミングを思いやり、
相手にとって伝わりやすい状況を作り出すことまでも考えを巡らせたいものです。

どちらか一方が悪いとか間違っているからギャップが生じるのではないはず。
相手の価値観や考え方を受け入れ理解しようと努力すれば
擦れ違いやギャップは小さくなり、避けられるようになるように思うのです。


私がいつも思い出すのは、NLPの前提のこの言葉。
「相手の反応が、自分のコミュニケーションの成果である」

私たちは、一人ひとり生まれも育ちも考え方もみんな違います。
つまり、コミュニケーションの取り方も人それぞれ。
常に、相手の立場に立って、相手の気持ちに寄り添えるようになりたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日もたくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-22 21:03 | Comments(0)

言葉以外の反応

日曜日の温かさから一転、空気がひんやり冬らしい一日でしたね。
舗道に、赤く紅葉した桜の葉がたくさん落ちているのを見て、
以前メンターから、さくらのどの姿が一番好き?と尋ねられたことを思い出しました。
満開の桜、舗道をピンクに染めて散りゆく桜、新緑、そして秋の紅葉・・・
人はそこに何かを重ねて見るのかもしれません。


週末、LABプロファイルの本を読みました。
LABプロファイルとは、NLPから派生したもので、
言葉と行動(LAB=Language and Behavior)を分析して
相手の思考パターンを把握するスキルです。


本の中に、
「他人の発する言葉以外の反応に敏感か?」というような項目があり、
興味深く読みました。

他人の発する言葉以外の反応。
それはすなわち、ノンバーバルコミュニケーション、
もっと具体的に言うと、ボディランゲージだったり声のトーンだったり。

つまり、周りの人のボディランゲージなどに敏感に反応するか?
ということですね。


面白いと感じたのは、この項目について
「無意識のうちに周りの人のボディランゲージに反応する人」と
「相手の声やボディランゲージに関わりなく、話された内容にだけ反応する人」
との比率が、93:7 とあったからです。

いろんな解釈があると思いますが、
ほとんどの人(93%の人)が、周囲の身振り手振りや声のトーンなどに
反応している、ということが分かります。

そして、7%の人は、言葉の内容にだけ反応して、
周辺言語(身振り手振りなど)には影響されない、という・・・。

全くの余談ですが、7%と言えば、
アルバート・メラビアンの法則でも、言語情報が7%ですね。
(覚えやすくてちょうどいいです、笑)


多くの人は、意識していてもいなくても(無意識でも)、
周りの人の表情の変化や動作、声の変化やトーンを見たり感じたりして、
そこから何かを感じて反応を示している、ということですよね。

人は、無意識のうちに相手を観察し、小さな変化にも反応し、
そこから次のアクションを起こすためにどうすればいいかを瞬時に判断しているわけです。

見方を変えれば、私たちの体の動きや、声のトーンや表情の変化は、
意識してもしなくても、相手に何かしらの情報を送っている、ともいえます。

自分では気づかない小さな癖や、気付いているけど変わらない習慣が
無意識の中で相手に何らかの情報を送っている・・・なんだか複雑な心境(笑)


ちょっと難しくなってしまいましたが、いずれにせよ、
やっぱり見かけは大切、ということでしょうかね(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-21 21:31 | Comments(0)

風邪予防の飲み物

イチョウの黄葉が街に映えるこの頃ですが、足元に咲くツワブキの黄色い花も賑やかです。
インフルエンザの予防接種の時期でもありますね。
風邪もインフルエンザも、しっかり予防&対策をしましょう!


風邪予防といえば、昨今流行のしょうが紅茶。
しょうがが体をあたためてくれるので、すぐにポカポカしてきます。
すでに、お試しになった方も多いことでしょう。

この頃は、スーパーのお茶コーナーをのぞくと、
粉末のインスタントしょうが紅茶などもあって、種類が豊富になりました。

でも、私がおすすめしたいのは、やはり自分で淹れるしょうが紅茶です。
インスタントのものは、お砂糖が多く入ってるものが多いからです。
一般的に使われる白砂糖は、体を冷やしやすい性質を持っていますから、
できれば避けたいところです。

自分でしょうが紅茶を淹れる場合は、
まず普通に紅茶を淹れて、そこに自分の好みの量のしょうがのしぼり汁を入れ、
甘さが欲しい時は、自分の好みに合わせて砂糖やはちみつを加えます。
くれぐれも、白砂糖をたくさん入れすぎないように!


体を温めるという点では、しょうが湯や葛湯などもおすすめです。
風邪の引き始め、つまり、背中がゾクッとしたとき、くしゃみが続けて出たときなど、
あ、風邪かな、と思ったときに、すぐに飲むのが効果的。
状況が許すならば、飲んですぐに布団に入って、体を温かくして休みましょう。


お薬の葛根湯も、風邪の引き始めにはよく効きます。
エキス剤は、粉のまま飲むより、お湯に溶かして飲む方が、さらによく効きます。
お湯に溶かした葛根湯を、少しずつ口に含ませて、ゆっくり味わうように飲んでみてください。
一気に飲むより、じっくり体に染み込ませるような気持ちで。

風邪がひどくなってしまったら、葛根湯では効かない場合もありますから、
その時は、早めに医療機関にかかってくださいね。


名前を忘れましたが、最近しょうが入りのお茶も発売されました。
しょうがパワー、まだまだ続きそうですね。

基礎体温を上げることは免疫力を上げる意味でも大切です。
これからの寒い時期に向けて、冷え症の自覚がない人も、冷え症の人も、
体を温かくする食べ物・飲み物を大いに有効利用しましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-18 17:02 | Comments(0)

口内炎にビタミンA

今朝はこの秋初めて、水が冷たい!と感じましたが、
なるほど、今日は各地でこの秋一番の冷え込みだったそうです。
朝夕の冷え込みで風邪をひかないよう、温かくして過ごしましょうね。


さて私ごと、口内炎がよくできて悩みの種でしたが、
この頃すっかりご無沙汰しています(^^)

少し前も、口の中が荒れてきたな~、と思って用心していましたが、
口内炎には至らず、すっかり調子も戻りました。

以前だったら、胃腸が荒れてくると、途端に口の中が荒れ、口内炎が出来て、
痛さで食事をとるのにも不自由するところでしたが、この頃それが全くなくなりました。


口内炎や口角炎になったら、ビタミンB2を摂りましょう、というのが一般的なのですが、
私の場合、ビタミンB2を飲んでも治らず、体質も変わりませんでした。

つまり私の場合、原因はビタミンB2の不足ではない、と。
ではどうすればいいのか?

薬剤師として恥ずかしい限りですが、そこに思い至ったのが数年前なのです(笑)
それまでは、胃腸が弱いのでどうしようもない、とすっかり諦めていました。


私が思いついた、というか今さら試してみて、これは効果がある、と分かったその方法は
ビタミンAの補給でした。

なんと分かりやすい、当たり前のことを長年見逃してきたことか・・・。

口内炎のつらさは、それはもう言葉では言い表せないものだったので(すでに過去形、笑)
ビタミンAを摂りはじめてからほとんど経験しなくなった今となっては
あの頃のつらさがウソのようです。

もっと早くに気付いていたら!としみじみ思います(笑)


ビタミンAには、皮膚や粘膜を強くして、免疫力を高める働きがあります。
「目のビタミン」ともいわれ、目の健康に深く関わっているビタミンでもあります。
目の渇きや疲れを感じる方は、積極的に摂りたい栄養素ですね。

ビタミンAは脂溶性ビタミンなので、一日量を守ることが大切ですが、
プロビタミンAであるβカロテンを食事で摂る場合には、
必要量だけがビタミンAに変換されるため、過剰摂取の心配はほとんどありません。
(βカロテンをサプリメントで摂る場合は、天然の良質のものを選びましょう!)

口内炎でお悩みの方で、ビタミンB2で治らない場合は、
抗酸化ビタミンのビタミンAを試してみてくださいね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-16 21:18 | Comments(0)

New歩数計

庭のハナミズキが紅葉して、なにやら雰囲気を醸し出しています。
小さな小さな庭ですが、いつになく風情があるように感じるから不思議です。
雪が降り始めた地方もあります。冬も間近なんですね。


気候がいいので、この頃とにかくよく歩くのですが、
どこに行くにも肌身離さず持ち歩いていた歩数計が、壊れてしまいました。

帰宅して、今日は何歩だったかな?と歩数計を取り出した瞬間、
画面が真っ白でショックでした(笑)

といっても、実は数か月前から調子が悪く、
電池交換を数回繰り返した挙句、もしや?と思ってメーカーに問い合わせたところ
「基盤の故障だろう」とのこと。

3年以上にわたって、使わない日は一日も無いくらいに活躍してくれたので、
思わず、よく働いてくれたよね、と感謝の気持ちが湧き起りました。

そこで、早速新しい歩数計を購入(^^)v
バーションアップして、パソコン対応になっています。
今まで記録したりしなかったり、しようと思って忘れたり・・・だったのですが
これからは記録が簡単になるため、ますます街歩きが楽しみになりそうです。


最近は、歩数計よりも活動量計の方が話題ですよね。
種類もどんどん増えて、いざ手に取ると迷ってしまうほどです。

私の場合は、歩いた後に数字を見ることで「こんなに歩いた!(^^)!」と喜んでみたり、
歩いた距離や時間を知るためのツールとして使っているだけなので
今のところ歩数計で十分事足りています。

活動量計は、歩数計の一般的な機能に加えて
デスクワークや睡眠中などの消費カロリーや、
ダイエットに適したタイミングを知らせてくれる、などの細やかな機能が
人気につながっているのでしょうね。


昨今の健康ブームに加えて、健診結果が会社の経営にも影響するようになり、
会社から歩数計や活動量計を支給されている方も多いそうです。

歩数計や活動量計を使うことが、ウォーキングや運動のきっかけになり
本当の健康なカラダになれたら言うことなしですね。

私は、新しい歩数計のデータ管理機能を使って、
歩いた距離を地図上で示す日本一周を楽しみにしています(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2011-11-15 21:20 | Comments(0)