<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

モチベーションの元

早いもので、1月も今日で終わりですね。
こんなに寒い1月になるとは思っていなくて、驚いています。
乾燥も続いています。のどやお肌などをしっかりケアしましょう。


今年に入って、新しい仕事にも積極的にとりくんでおり、
毎日がとても活気にあふれてワクワクしています。

そんな中、モチベーションを上げる方法についてご質問をいただき、
一緒に考えてみました。


モチベーションを上げるための要因として大切なのは、
仕事における満足度を高めることです。

例えば、仕事における達成感や満足感、
他者からの評価や承認などがあてはまります。

仕事における不満足の要因を改善しても、
モチベーションアップにはつながらない、とか。
お給料だったり労働条件だったり、上司との関係だったり・・・
これらがモチベーションを下げる要因になるだろうことは容易に想像できますが、
その要因を取りのぞいてもモチベーションが上がらないとは・・・難しいですね。


まとめると、モチべーションを上げるためには、
自分自身で目標を立て、その目標を達成するために行動を起こすなど
自らが主体的に動き、そこから達成感や評価を得ること、
不満を解消することに焦点を当てるのではなく、満足する要因を自分自身で作り出すこと、
が大切だと分かってきます。

他者がモチベーションを上げてくれるのを待っていては
いつまでたっても変化は望めないということですね。
自らが自分の意志で動くことが大切。

モチベーションを常に高めてくれる上司や同僚に巡り合えれば
それはもちろん幸せなことですが、
職場環境(人間関係を含む)を自分で選ぶことが難しい場合、
上司や同僚に頼らず、自分で自分の意識を高めていく努力が必要です。


一緒に考えた後、自分にあてはめてもう一度考えてみました。
自分から動く。
これがポイントのようです(^^)


新しい1年の最初のひと月が終わろうとしています。
この1年をより充実した時間にするために、
自らの目標をもう一度確認するいい機会かもしれません。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-31 19:56 | Comments(0)

北風と太陽

関東地方の積雪から1週間経ちますが、今もまだ日の当たらない場所は白いまま。
こんなに長く雪が残った記憶がないのですが、それほど冷え込んでいるということですよね。
インフルエンザも流行のピークを迎えているようです。
皆さん、しっかり体調管理しましょうね。


研修に向かう途中、いつものように本を読んでいましたが、
引用されて出てきた言葉の意味が皆目見当もつかず、そこで中断(笑)

その言葉は、「北風と太陽」
・・・幼少期に、いかに本を読まなかったか、勉強しなかったかが、
こういう時にばれてしまいます(汗)


帰宅して調べました。イソップ寓話の一つです。
ご存知の方がほとんどだと思いますので、あえてここでは内容は説明しませんが、
Wikipediaによれば
「物事に対して厳罰で臨む態度と、
寛容的に対応する態度の対比を表す言葉として用いられる」
とのこと。

ふーむ。ふむふむ。

さらにWikipediaによれば
「手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとするよりも、
ゆっくり着実に行なう方が、最終的に大きな効果を得ることができる。
また、冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、
暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって
初めて人は自分から行動してくれるという組織行動学的な視点もうかがえる」
とあります。


ここまで読んで、D.カーネギーの「人を動かす」を思い出しました。
相手を動かすのではなく、自分がまず動く・・・。


不思議なのは、今日の研修でご意見やご質問をいただいたいくつかの内容が
すべてこの教訓に通じるということ。
めぐりめぐって・・・シンクロが起こっていたんですね。


なんだか独りよがりの内容になっていますが、
人を動かすには愛が必要、
という私自身の今日の気付きでした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-30 23:41 | Comments(0)

育てる楽しみ

今朝はついに玄関の軒先の鉢まで氷が張っていました。
庭の睡蓮鉢の氷も、この冬一番の厚さだったように思います。
(実際に計ったわけではないので、なんとなく・・・です)
鉢底に隠れているメダカ達は大丈夫かな~?
頑張ってるかい、メダカ達? 頑張れ、メダカ達!


この冬は、有難いことに次々にいろんなお花をいただいて、
家じゅうがいつもいい香りに包まれています。
人工の香料は苦手なのですが、自然の香りにはフッと心が休まります。

先日は、珍しいランを見せていただく機会がありました。
私は花好きではありますが、専門的な知識は全く持ち合わせておらず、
ランの種類や細やかなお手入れの方法など聞けば聞くほど奥が深くて驚きの連続でした。

コツコツお手入れをして世話をして、つぼみを付けたときの喜びや
花が開いた時の感動は、育てている人にしか分からないことですよね。

美しく咲いている花を見るだけではその大変さは想像すらできず、
だからこそ、育て甲斐があるのでしょう。


花もメダカも生きものですが、私たち人間だって生きものです。
手をかけて育てることで愛情が伝わり、成長していきます。

以前は、以心伝心とか背中を見て学ぶ、という時代があったわけですが、
今はそれでは通用しないということで、言葉で伝えることが大切になってきました。


研修の場に立つと、言葉の持つ重みや言葉を伝える責任感が
プレッシャーになってずっしりと感じられます。
心で伝える、心を伝える、そのための言葉選びの時間が続きます。

うまく伝わったと感じられるその瞬間を求めて
また新たな言葉探しを始めるのです。


例えば、子どもを躾けるのと同じように、
大人になっても敬語やマナーの勉強は必要だと感じています。
時代とともにそれらが変化していき、自分の立場も変わるからです。

育てるには、気力と体力が必要。
育てられる側にも、同じく気力と体力、そして覚悟が必要。
いや、大切なのは覚悟より素直さだったりするのかな。

自分で自分を育てる、
それは自分に新しい付加価値をつけていくことでもあります。


はや1月も残りわずかとなりました。
新年の目標を思い起こし、自分をしっかり見つめなおして、
素直な気持ちで学びを深めていきたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-27 17:48 | Comments(0)

茅ヶ崎に行ってきました!

私の住んでいる街からも、ときどき富士山を見ることが出来ます。
私なりの富士山ビューポイントが何か所かあり、
大きなビルの合間から一瞬だけチラリと見えたり、てっぺんだけ見えたり(笑)
ほんのちょっとでも、富士山が見えると気分が上がります(^^)


今日は、神奈川県茅ケ崎市に行ってきました。
お招きいただいた皆さん、ご参加くださった皆さん、
誠にありがとうございました。

最前列の方から最後列の方まで、皆さんとっても熱心にお聞きくださり、
話し手として大きなパワーをいただきました。
皆さんの笑顔パワーがとても嬉しかったです。

講演後には、皆さんの温かいお心遣いに触れ、大感激でした。
とっても心地よい空気に囲まれながら帰路につきました。


さて、茅ヶ崎から見た富士山は、いつも埼玉から見ている富士山より
ずっとずっと大きくて、思わず一人で声を出してしまいそうになりました。

いいなぁ、大きな富士山。
ひしと脳裏に焼き付け、おかげさまで今日も素敵な一日となりました。
いいお天気で、素敵な笑顔にもたくさん会えて、感謝感謝の一日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-26 23:39 | Comments(0)

継続は力なり

今朝もツルツルに凍った道路で何度もヒヤッとしながらの外出となりました。
午後は、錦織圭選手の試合経過が気になって、何度も携帯の速報を確かめ確かめ・・・
同じような気持ちで応援なさっていた方もいらっしゃるでしょうか?
錦織選手、これからがますます楽しみですね!


さて、関東地方の空気の乾燥もここ数日はいくらか和らいだはずですが、
これからまた晴天が続くと、再び乾燥しはじめます。

インフルエンザの集団感染のニュースも聞こえてきます。
本格的なピークを迎えて、一層の注意が必要になってきましたね。

予防接種を受けていない方はもちろんのこと、予防接種を受けた方も、
マスクの着用やうがい・手洗いは感染予防に効果がありますので
これからもしっかり続けましょう。


そういえば、昨日の講演でも、その前の研修でも「続けることが大切」
とお話していることに、今気付きました(笑)
話のテーマはさまざまなので、継続は力なり、は幅広く当てはまるのですね~。

健康づくりも、コミュケーション力アップも、
インフルエンザをはじめとする感染症やウイルスの予防も、
一度やったから終わり、ではないのです。

毎日コツコツ、少しずつでも毎日続けてこそ、効果があらわれ持続します。


受験生の皆さんや、そのご家族の方々は、
試験前の追い込みや試験が近付いてくる緊張感で
心身ともにストレスを感じている真っ只中かもしれません。

イベント時であっても、日頃の習慣を地道にコツコツ続けることが
ストレスに打ち勝ち地力を発揮することにつながります。

いつもやっていることをしっかり続ける。
ほら、毎日こんなに頑張ってきたんだから大丈夫。
自信を持ってそう思えるように、小さな習慣の積み重ねを大切にしましょう。


なんだかまとまりませんが、まだまだ寒い日が続きます。
しっかり体調管理しましょうね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日もたくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-25 20:17 | Comments(0)

茨城に行ってきました!

今朝、窓の外がいつになく眩しく、それと同時に、
凍った路面を走る車のバリバリという音で目が覚めました。
慣れない積雪で、交通機関も混乱し、お怪我をなさった方も多いようです。
明朝も路面凍結が心配です。十分気を付けましょうね。


今日は、茨城に行ってきました。
お招きいただきました皆さん、ありがとうございました。
また、お足元が悪い中ご参加くださった皆さん、本当にありがとうございました。

実は、昨年プライベートで何回も茨城を訪ねていて、勝手に親しみを感じていたところなので
今回のお招きはとても嬉しいものでした。
終了後の皆さんの笑顔も嬉しかったです(^^)


帰路、凍った道路に街灯の明かりがキラキラ反射していました。
滑りそうでハラハラしましたが、雨に濡れた道路とは趣が違っていてキレイでした。
夜空を見上げると、ほんものの星がたくさん光っていました。
明日もいいお天気になりそうです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-24 23:32 | Comments(0)

新月と雪

訪問先を出たときには雨だったのに、地元の駅に着いたら雪に変わっていました。
久しぶりに見る真っ白な景色に、ワクワクしてしまいました。


今日はみずがめ座の新月。
アファメーションを唱えて、気が付きました。

元日にはよく分からなかったけれど、今ははっきり分かるようになったこと。
それは、今年の目標!(笑)
あの時考えもつかなかったことが、次々に思い浮かびます。
時間とともに、ぼんやりしていた目標が鮮明になっていくのですね。

イメージを持ち続けることによって、
はじめは形にも言葉にもできなかった漠然とした何かが
少しずつ熟成されて、形になっていく・・・そんな感じです。


新月の夜、しんしんと雪が積もる気配を感じて、またワクワクしています。

明朝は路面の凍結や交通機関の乱れなども心配されます。
皆さん、十分気を付けましょうね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-23 22:35 | Comments(0)

積善の家に必ず余慶あり

関東地方に降った初雪。平年より2週間ほど遅いそうです。
子どもたちが学校から帰る時間には雨に変わっていましたが、
何故か子どもたちの声がはしゃいでいるように聞こえてきました。


積善の家に必ず余慶あり。
「積善余慶」という四字熟語でも見かけます。

亡くなった伯父が、
善い行いをすれば、必ず思いがけない慶びごとがやってくる、
という意味とともに教えてくれたように覚えていますが、
その当時、たぶん学生だった私は、深く考えずにただぼんやり聞いていました。


数日前、この言葉に続きがあることを初めて知りました。

積善の家には必ず余慶(よけい)有り。
積不善の家には必ず余殃(よおう)有り。
(積善之家必有餘慶。積不善之家必有餘殃。)

この言葉は、中国の古典『易経』の中の一文とのこと。
「善(よいこと)を積み重ねた家では、その恩恵が子孫におよび、
不善(よくないこと)を積み重ねた家には、その災いが子孫にまで及ぶ。」
というような意味のようです。


研修先で担当者さんのお話を伺っていて、この言葉を思い出しました。

接遇マナーの必要性・重要性をすべての人に伝えていくことの難しさについて
考え、話していたときに、です。

相手を思いやる心を持ち、相手が求めることに心を配り行動することで
実は自分自身が豊かな気持ちになれる、
ということにたくさんの人々に気付いてもらえたらいいのに・・・と。


正しい行いとかあるべき姿は、時代とともに変化もするわけで、
決して誰かがコレといって決められるものではないと思いますが、
少なくとも、相手が心地よいと感じる態度や振る舞いはいつの時代も存在して
それによって互いの心が通じ合いつながるのではないか・・・。

そんなことをつらつらと思い浮かべました。


感謝されるために何かをするのではなく、見返りを期待するのではなく、
ただ目の前の相手に喜んでほしくて、ただそれだけのためにできることをする。

・・・こんなことを、これからもしっかり伝えていけるように
もっともっと人間磨きを続けます(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
心温まる素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-20 17:31 | Comments(0)

ごぼう茶がお気に入り

久しぶりの朝からどんより曇り空。そういえば、昨日の飛行機雲・・・。
関東甲信地方も、明日は雪になるかもとの予報です。
ラニーニャ現象の影響らしく、この冬の日本列島は厳しい寒さが続いています。
皆さん、体調管理しっかりしましょうね。


さて、もしかしたら以前にも書いたかもしれませんが、
この頃続けて飲んでいるごぼう茶。
のみ始めたきっかけは、お世話になっている方からのプレゼントだったのですが、
ノンカフェインであることに加えて、飲み口がさらりとしていて香ばしい香りが気に入り、
自分でも買い求めるようになりました。

さまざまなハーブティーに加えて、ヨモギ茶やしょうが湯、くず湯など
いろんなノンカフェインの飲み物をその時の気分でチョイスして飲むのですが
ごぼう茶もすっかりその仲間入りです。

某有名ドクターお薦めということで有名になったごぼう茶だそうですが、
もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかもしれませんね。
かくいう私も、いただくまでその存在すら全く知りませんでした(^_^;)


ごぼうは、もちろん皆さんご存知のあのお野菜のごぼう。
その成分は主に炭水化物で、その中の大部分は食物繊維です。
この食物繊維、いくつか種類があるのですが、
中でも水溶性食物繊維のイヌリンには利尿作用や糖尿病予防があると言われます。
また、腸内環境を改善したり、コレステロール値を下げる働きもあるようです。
不溶性食物繊維のヘミセルロースやリグニンなどは、
多くの水分を吸収することにより便通を促す働きがあり、便秘の解消にも役立ちます。
その他、抗酸化作用をもつ消化酵素(ペルオキシダーゼ)やミネラル(セレン)なども含み、
がん予防の効果も。

ごぼうの旨みは主に皮の部分にあると言われます。
ペルオキシダーゼやポリフェノールといった抗酸化作用のある成分も
皮の部分に含まれるため、
お料理に使う場合も、お茶で飲む場合も、
できるだけ皮をむかずに上手に使うのがポイントです。


糖尿病や動脈硬化、大腸がんの予防、デトックス、と
よく知られる整腸・便秘解消効果以外にも健康効果がたくさんあるごぼう。

畑にできた採りたてごぼうは、とてもいい香りがします。
健康のためにも、積極的に生活にとり入れたい食材ですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-19 17:56 | Comments(0)

傾聴とは・・・

日差しが暖かく気持ちの良かった午後のこと、青空に長く長く続く飛行機雲が見えました。
振り返っても、2本の雲がどこまでも続いているので、
これは!と思い携帯を取り出しかけたところで
視界に入る電線が邪魔をすることに気付き、撮影はあきらめました(笑)
これからお天気が崩れるのかもしれませんね。


昨日、外出先で通りがかった本屋さんで何気なく手に取った本。
禅の言葉が書かれた本だったのですが、
パラパラめくって見ていた中で、一か所印象に残ったので書いてみます。


コミュニケーションに関する話題によく出てくるのが「傾聴」です。
相手の話に耳を傾け、じっくり聴く、ということですね。

コミュニケーション力を高めるためには、この「相手の話をよく聴く」ことが大切です。

さて、私たちは誰もが自分や相手に認めてほしいと心の底から願っています。
相手の話を聴く、ということは、なにはさておき、相手を認めていることに違いありません。
相手のことを知りたい理解したいと思ったり、相手に興味を持つからこそ、
相手の話を聴く気になるのです。
知りたい、聴きたい、と思う。すなわち、あなたの存在を認めています、ということです。
「傾聴」には、相手を認めて、相手を受け入れる、という働きがあるのですね。


この「傾聴」の「聴く」の字ですが、
「聞く」との違いは、そこに「心」すなわち意志があるかどうか、です。

意識をして聞く、心を込めて聞く。これが「聴く」です。
一方の「聞く」は、意識しなくても自然に聞こえてくる物理的・機能的な「聞く」
とでもいえばいいでしょうか。


私はいつも、「聴く」という字を説明するとき、
耳偏に十四の心と書いて「聴く」
だから、十四の心を込めて、自分の心を全部相手に向けて真剣に聴くのが「傾聴」
とお話ししています。


昨日読んだ本には、これとはちょっと違うことが書いてありました。

「聴」とは、耳偏に「直」の心と書く。
すなわち、素直な心で相手の話を聴くこと
と。

これは素晴らしい!と心の中でしっかりメモ(笑)


傾聴とは、相手の話をじっくり聞くことですが、
その際に、自分の思い込みや偏見、先入観を持っていては
相手の話をそのまま受けとめることをせずに
間違っているとか、自分とは違う、などと思いがちです。
これでは、じっくり聴くどころか、相手の話の腰を折ったり
はたまた話に水を差すことになりかねません。

話を聴くときは、まっすぐな素直な心で
相手の話をまずは受けとめることが大切です。
例え自分と違う考えであっても、「あなたはそう思うのね」と受けとめます。


まっすぐな心で、心を込めて話を聴く。
そこに思いやりの心があれば、間違いなく温かい空間が生まれるはずです。


今日もここを訪れて売れたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-01-18 16:17 | Comments(0)