<   2012年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

北海道に行ってきました!

今朝の札幌は快晴。
積雪はありますが、青空が広がって日差しがキラキラ輝いていました。
帰路、いつしか窓の外が真っ白になり、羽田は雪でした。
この反対は容易に想像できるのですが、こんなこともあるのですね~。
明朝も交通機関の乱れや路面凍結には十分気を付けましょう!


というわけで、北海道に行ってきました。
お招きいただきました皆さん、ご参加くださった皆さん、
誠にありがとうございました。

皆さんの熱意が伝わってきて、あれも話したい、これもお話ししたい、
と思いながら進めているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます。
皆さんが興味を持って真剣に聞いてくださっている様子が分かり、
こちらもついつい熱が入ります。
何かひとつでもお役にたてる内容があれば嬉しいです。

今回いろいろと現地のお話等々聞かせてくださったMさん。
何から何まで勉強になりましたが、
リーダーとしての力強さと周囲へのこまやかな愛情が言葉の端々にあふれていて
皆さんからの信頼の厚さの理由が分かったような気がしました。

今回も素晴らしい出会いに恵まれ、学びの多い旅となりました。


今月は、雪深い地方での仕事が続きましたが、
各地で感じたのは、現地の皆さんの温かいお心遣いでした。
寒さが厳しいからこそ、余計に人の温かさが身に染みるのかもしれません。
またいつか各地を訪れる日を楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-29 21:06 | Comments(0)

健康の秘訣?

関東では、梅の花がだいぶ開き始めました。
桜と違って、梅は開花直後が最も美しいのだそう。
一輪の梅の花に思いを寄せて、のんびりとひとときを過ごすのもいいですね。


この頃、松下幸之助氏や松下氏の言葉をまとめた本を続けて読んでいます。
今までから折に触れ読んできたはずなのですが、
今回まとめて読んだことで新しい気付きがたくさんありました。

松下氏が病弱だったことを知り、とても意外でした。
勝手に、華奢な身体つきなのに健康でパワフル、なイメージを作り上げていたのです。
人の(というか私が作った)イメージは全く当てにならないことを思い知りました。


私たちの心と身体は密接につながっているので、
心がつらい悲しいと泣けば、身体にも伝わり、体調がおかしくなってきます。
風邪をひいたり身体のどこかに痛いところがあると、それが心に伝わって
気持ちが沈んだりミスを引き起こしたりします。

これは反対も言えるわけで、体調が悪いときや仕事がうまくいかないとき、
無理にでも笑顔を作って気持ちを高めていけば、
心と身体にプラスの影響を与えることが出来るということです。


松下氏は、どんなに体調がすぐれなくても、
約束の時間になるとシャンとして仕事をこなしたそうです。
体調が悪いなんて全く思わせないほどだったとか。
相手を思いやる気持ち、仕事への熱意が勝っていたのですね。

病は気から、という言葉もあるように、
要は気の持ちようなのだと改めて思い知りました。


寒い寒いと思っていると、寒い風が心の隙間に入ってくるやもしれません。
暖かい春が来た、なんて気持ちがいいんだろう、と頭の中でイメージを膨らませれば、
頭は、心地よい日差しの中にいると勘違いして、本当に気持ちよく過ごせる・・・
これが健康の秘訣なのかもしれませんね(笑)

1月は行く、2月は逃げる・・・というわけで2月もあと2日です。
寒さに負けず、元気いっぱいに過ごしましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-27 17:39 | Comments(0)

岩手に行ってきました!

週末にお天気が崩れると、ちょっとガッカリの方も多いですよね。
私は、今日も雨上がりを待って、ウォーキングしました!


昨日は、岩手県久慈市に行ってきました。
お招きいただいた皆さん、ご参加の皆さん、誠にありがとうございました。

私が投げかける質問に対して、大勢の皆さんが熱心にお答えくださり、
皆さんの健康に対する前向きな熱意を感じました。
今回も、私の方が多くの気付きと刺激をいただき、
とても充実した時間を過ごすことが出来ました。

誉め上手の方が非常に多くいらしたおかげで、
誉め方のバリエーションをいくつも学ぶことができました(^^)v
早速自分の技にできるまで練習します!


雪の岩手を後にして、地元に帰ってきたら雨でした。
近いようで遠いようで・・・また岩手を訪問するのを楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-25 18:03 | Comments(0)

価値基準で前に進む

日が長くなりましたね~。寒さは変わらず感じますが、季節は進んでいるのですね。
午後の雨上がりの日差しのやわらかさにも、春のかけらを感じました。


友人から久しぶりに連絡が入り、あら久しぶり~♪と思ったら
「いつも悩みがあるときに連絡してる」と言われて、確かに、と思いました(笑)
それでも、友人の便りはうれしいものです。


さて、悩み事があるとき、とても役に立つのが価値基準です。
クライテリア(=判定基準)ともいいます。

例えば、2者選択で迷っている時。
いろんな条件があり、それらに惑わされているうちに
自分が一体全体何を求めているのか、分からなくなってしまうことがあります。

転職で迷っている時。
A社とB社、それぞれのいいところ、悪いところが目につき
本当はA社と思っていたのに、いつしか何を基準に判断していいのか
自分の考えに自信が無くなったり・・・ということ、ありますよね。


そんなとき、価値基準を考えると、スッキリします。

迷っているテーマ(例、仕事)について、
自分が大切だと思うことを片っ端からあげていきます。
(例、お金、やりがい、責任、人間関係、時間、楽しさ・・・)

あがってきた言葉を、一つずつ対比させて、
どちらがより大切に思うか、考えていきます。
お金とやりがいだったら、やりがいかな。
お金と責任では、お金・・・という具合に。

最初はちょっと面倒に感じるかもしれませんが、
一つずつ全部対比させていくうちに、自分が一番大切にしていること(もの)が見えてきます。
どの言葉と比べても一番上にあがってくるもの。
それが、自分が大切にしている価値基準です。


価値基準が分かったら、それを元に悩み事を振り返ってみると
迷っていたことが嘘のように、答えがパッと浮かんできたりします。
忘れていたけど、本当にやりたいことは、これだったんだ!
というように。

私は、自分の価値基準が分かってから、どんなことでもあまり迷わなくなりました。
自分が大切にしていることを基準にすると、迷いようがないのです。
どんな悩みも、大きな悩みになる前に解消できるようになりました。


私たちは経験による生きものです。
経験したことがないと、不安を感じて迷いや悩みが生じます。

そんなとき、自分が大切にしているものを基準に考えることで
不安や迷いを取りのぞくことが出来るのです。

価値基準は一人ひとりの心に存在しています。
悩んだとき、自分の心を信じて前に進むことができるようになると
とってもラクになります。

もちろん、持つべきは友、ですけどね(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-23 17:49 | Comments(0)

メダカの春

空気の冷たさは相変わらずですが、それでも日中はだいぶ暖かさを感じるここ数日。
今春のファッションは、シャーベットカラーが流行りとか。
以前はパステルカラーと言ってたのに・・・私にはどちらも同じようにきれいな色です(^_^;)


今日は午後空き時間ができたので、久しぶりにたっぷり歩きました。

この頃は、歩く時間の一部をパワーウォークと銘打って、
意識的にスピードを上げ、歩幅も気持ち広げて、5~10分集中して歩くようにしています。
たった5分でも、一気に汗が噴き出て、寒さも頭の中の考え事も吹き飛びます(笑)


ここのところ世話をすることがほとんど出来ずにいたメダカたち。
午後のウォーキングから帰ってきたら、あっちもこっちも
メダカ達が水面近くを気持ちよさそうに泳いでいて、ビックリ!

ああ、メダカたちにも小さな春が来てるんだな~(^^)
と嬉しくなりました。


外の睡蓮鉢のメダカが泳ぐ姿を見たのは、いつ以来でしょう。
底に沈んでじっと春を待っていたメダカたち。

ほんのちょっぴり水温が上がっただけのはずなのに、その違いが分かるんですね~。
不思議不思議と思いながら、しばらく眺めてしまいました。

もしかしてと思って、室内水槽をあらためて見てみると、
今まで底の方でじっとしているばかりだったメダカたちが
水槽いっぱいに広がって泳いでいました。
ここにも、小さな春!です。


木々の芽が少しずつふくらみはじめて、これからは一雨ごとに春の足音が近付きます。
ワクワクがいっぱいの春が待ち遠しいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-22 16:50 | Comments(0)

新潟に行ってきました!

やわらかい日差しを受けて、またちょっぴり春が近くなったようです。
光り輝く真っ白な富士山を遠くに見送りながら、一日がスタートしました。


今日は、新潟に行ってきました。
お招きいただいた皆さん、ご参加くださった皆さん、
誠にありがとうございました。

越後湯沢で乗り換えてしばらくは吹雪いていたのですが、
上越に入ると雪は止んで曇り空。
今日は気温高めで雨の予報だったとのことですが、
それにしても、どこもかしこも雪・雪・雪。

線路や道路の脇に人の背丈以上に積み上げられた雪の壁を間近で見て、
大雪によるお仕事や生活への影響をお聞きして、
言葉では言い表せない大変さを垣間見た気がします。

まだしばらく雪深い中での毎日が続きますが、
皆さん、くれぐれも健康に留意してお元気でお過ごしいただきたいと願っています。


帰路、最寄駅まで送ってくださった担当者さんのお話がとても印象に残っています。
仕事が楽しくて仕方ない、という思いが、言葉の端々から漏れ伝わってきて
こちらまでワクワク楽しい気分になりました。

ワクワクは伝染するんですね(^^)

私もたくさんの方々へ笑顔とワクワクをお伝えできるよう、もっともっと頑張ります!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-21 21:26 | Comments(0)

自己重要感を高める

週末の寒さはどこへやら。ちょっぴり春らしい陽気の今日、
あちこちで咲き始めた梅の花を見ながらの外歩きが楽しめました。


外出した先で、少しでも空いた時間ができると本屋さんを探して入ります。

今日も、いつものとおり目的もなくふらりと本屋さんに立ち寄り、
新刊を中心に手に取り、さらりと目次に目を通してお気に入りを探します。

今日は、斉藤一人さんの新刊が目に留まり、急いで目次を流し読み(笑)
これは!
と、ある言葉に反応しちゃいました。

一人さんのご本は、今までたくさん読んできましたが、
「自己重要感」を取り上げられたのは初めてのような気がします。
(ご著書を全部読んだわけではないので、自信はないのですが・・・)


自己重要感。
ここでも何度も取り上げてきたように思います。
簡単に説明すると、
自分のことを価値ある存在だと思いたいという感情のことです。

一人さんは、
相手をほめることで相手の自己重要感を高める、
ということについて書かれていたように思います。
(ちゃんと読んだわけではないので、記憶が非常にあいまいです、汗)

自己重要感を高める方法は「ほめる」こと以外にも色々ありますが、
私は「認める」こともお薦めしています。


相手を認める。
簡単なようで、実は結構難しい・・・とは私の感想。

好きな相手を認めるのは簡単ですが、
好きではない人、嫌いな人、苦手な人、などなどを認めるのはなかなか難しいものです。

それでも、認める。
相手の存在を認め、さらに可能であれば、受け入れる。

最初から全部受け入れる必要はありません。
まずは、そこに居ることを認める。
ただ、そこに居てくれてありがとう、という気持ちを持つことです。

認めることができると、相手の自己重要感がグッと高まります。
認めてくれた相手に対して、心をひらくきっかけとなったり
モチベーションが上がったり、とプラスの効果があらわれます。

加えて、苦手な相手を認めることで、自分の自己重要感も高まるような気がします。
認めることが出来た自分を自分で認める、というような感覚でしょうか。


仕事やプライベートに対して自信がない人、
愚痴ばかり言っている人、モチベーションが上がらない人・・・
実は自己重要感が低いのかもしれません。

自分のことを価値ある人だと思えないから、
何をやっても考えてもマイナスの方向へ向いてしまいます。

だからこそ、そういう人が周りにいたら
相手を誉めたり認めたりして、相手の自己重要感を高めてほしいのです。

自己重要感。
自分のことを価値ある人だと思いたい。
そして、他人からも自分のことを価値ある人だと思ってほしい。
私たちは誰もがいつもそう願っています。

相手の自己重要感を高めることが出来る人になりましょう。
そして、幸せをみんなでシェアしましょう!


一人さんのご本とのシンクロでしょうか、
今日の私は素敵な出会いのおかげでとてもHAPPYになれました。
素晴らしい出会いに感謝です!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい出会いがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-20 19:46 | Comments(0)

歯磨きの新常識?

日中晴れ間が出ていたのに、午後遅く気付いたら雪が降っていました。
よほど気温が低いのですね・・・。
日本海側の地方では再び大雪が続くようです。
皆さん、雪の事故にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。


先日の日経新聞に「虫歯予防の新常識」という記事が載っていました。
ここでも以前取り上げたことがありますが、歯磨きの常識も進化しているのですね。

「食後すぐの歯磨きはNG」とのこと。
食後は歯磨きまで30分ほど時間を置くのがいいそうです。


私ごと、だいぶ前のことですが、整形外科を受診してレントゲンを撮った際、
医師から「虫歯無いんだね~」と突然言われて驚いたことがあります。
そうなんです、今まで虫歯ゼロなんです(^^)

だからといって毎食後に欠かさず歯磨きをしてきたかといえば、それが全くNO。
家族がそれぞれ歯医者さんのお世話になる中、私は一人関係なし。
朝晩はほぼ磨きますが、お昼は外にいると磨かないことがほとんど。
その代わりと言ってはなんですが、一日一回夕食後だけは、時間をかけて丁寧に磨きます。

最近はほとんどなくなりましたが、少し前までは口内炎ができやすく、
その原因の一つが、歯磨きのしすぎで歯茎を傷めることでした。
そこで電動歯ブラシを使うようにして、歯茎を傷めることが少なくなりました。


年齢とともに体調の乱れを示すサインが増えてきて(笑)
この頃は、疲れが貯まると歯茎が腫れてくるのがよく分かります。
口の中が荒れてくると、胃腸の調子が悪いことが分かるので
胃腸に負担をかけない食事を心掛ける・・・等々。

そういえば、今読んでいる本に「心臓をいためると眉毛が抜ける」とありましたが、
これはちょっと心配ですね。

人それぞれ違いはあれども、身体が教えてくれるサインを見逃さず、
気付いたらすぐにケアするのが健康維持のポイントかもしれません。

歯磨きで気付くサインも、歯周病などいろいろあります。
新常識を身につけて、健康づくりに一層役立てましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
素敵な週末になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-18 00:07 | Comments(0)

静岡に行ってきました!

目が覚めると、今日もいい日だ頑張ろう!とつぶやくのがクセになっています(^^)
グッと伸びをしながら、よ~し!と気合いを入れるようなものですが、
雨降りや曇り空の朝は、多少無理してでも大きく唱えると元気よく起きることが出来ます(笑)


今日は、静岡に行ってきました!
一昨年に続きお招きいただきました皆さん、ご参加の皆さん、
誠にありがとうございました。

会場に到着すると、責任者の方が入口で迎えてくださり、
最初のご挨拶に感動してしまいました。

挨拶とはありきたりの言葉であることが多いのですが、
その言葉にしっかり心がこもると、こんなに豊かなコミュニケーションになるんだ、
と大きな学びがありました。

講演後、ご質問もたくさんいただき、
皆さんが興味を持ってお聞きくださったことが伝わってきて
とても嬉しかったです。


新幹線で東京に帰ってきたら、雪がちらついていました。
そういえば、今日は曇り空で富士山も見えなくて残念!

静岡には私のメンターがいます。
今度は是非久能山に行きたいと考えています(^^)/


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-16 22:43 | Comments(0)

敬語は難しい?

雨上がりの街を歩いていて、梅まつりの案内を見かけました。
今年は厳しい寒さの影響で梅の開花が遅れているそうで、花見客もまばらとか。
2週間後には満開という話も聞こえてきます。待ち遠しいですね。


機械おんちというかメカに弱い私。
先日も、電化製品の調子が悪く、あれこれ触ってあきらめて
メーカーのサポートセンターに電話しました。

私の要領の悪い説明を復唱しながら聞いたあと、
担当者はてきぱきと方策を示し、あれもダメ、これもダメ、のあと、
3回目の方法で見事に直りました。

目の前に機械があるわけでもないのに、現状を見たかのように的確に指示を出し、
待ち時間すら無駄にせずに、今後の対策を教えてくれた担当者に
拍手を送りたくなりました。


さて、最近の接遇研修で感じるのは、言葉遣い、特に敬語について
「難しくて使いこなせない」と感じている人が多いということ。

敬語が上手に使えることは、もちろん大切なことではありますが、
敬語をうまく使いたい、という思いがあれば
最初はたとえ間違えたりスラスラと言えなかったとしても
相手を敬う気持ち、思いやりの心は必ず相手に伝わると思うのです。

大切なのは、敬語を使いたい、うまく使えるようになりたい、という心です。
その向上心や相手への尊敬の心があれば、最初は失敗するかもしれませんが
敬語を使いこなせるようになること間違いなしです。


先に書いたサポートセンターの男性の話しぶりは、
どちらかというと抑揚が少なく淡々とした口調でしたが、それでもとても丁寧でした。
例えば、私が問いかけに答えられず黙りそうになると言葉を変えて説明を加えたりと、
会話のやり取りをスムーズに進めるための配慮が感じられました。

間合いの取り方、相手の感情を推し量って次の言葉を差し伸べる、など
専門の仕事だから当然と言ってしまえばそれまでですが
短いやり取りの中にも、負担を感じさせない心地よさがありました。

このときの男性の言葉遣いは、特別丁寧な敬語(尊敬語)というわけではなく、
ごくごく普通の丁寧語がメインでしたが、
「~いたします」「~していただけますか」「○○が承りました」などの
謙譲語ももちろん使われていました。


敬語は使いさえすればいいというものではなく、
相手の状況を思いやり、相手が求めているところを素早く察して、
心を込めて言葉にして伝えることの方が大切なはず。

敬語を苦手と感じている方には、まずは照れずに失敗を恐れずに
一つの敬語のフレーズをいろんな場面で繰り返し使ってみることをお薦めします。

子どもが漢字の練習をするのと同じように、
状況を変え、相手を変え、何度も繰り返し使っているうちに自然と身体に馴染んで、
自分の言葉として自信を持って言えるようになります!


そういえば、今日ニュースで見かけた芦田愛菜さん。
尊敬語を使って見事にコメントしていることに驚きました。
彼女のプロ意識、見習うところが大きいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-02-15 19:57 | Comments(0)