<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

出会いと学び

出張から帰ってきたら、ピンクの紫陽花がしっかり色づいていました。
たった一日のことなのに、それまで白かった蕾に色が付く・・・本当に不思議です(^^)


ウツギの花をあちらこちらで見かけます。
我が家の庭も、赤いウツギが終わり、別の種類の白いウツギが咲き始めました。

先週だったか、ご近所の方と我が家の庭で初めてお話していた時のこと。
その方は花木にとても詳しく、私が知らない木や花の名前を次々に教えてくれました。

5~6月に咲くウツギにはいろんな種類があって、
何が何だかさっぱり訳が分からない!とずっと思ってきました(笑)

その時も、数が多くて教えてもらった先から忘れてしまうので、後で調べてみました!


漢字で「空木」と書き、茎や枝の芯(中心)が空洞になっている低木の総称を
ウツギと言うそうです。

花がそれぞれ違うのは、特定の種類ではなく、
たくさんの種類の木が含まれるからなのですね。

もう一つ、調べて見てわかったこと。
ウツギの別名は「卯の花」、ウツギの花の略なんだとか。

ウツギは旧暦の4月(卯月)頃に花を咲かせるので「卯木」となったそうで、
「卯の花のにおう垣根に...」と歌われる卯の花は、〇〇ウツギという名前ではない、
単に「ウツギ」と言われる6月に咲くユキノシタ科の白い花のことなんだそうです。


さて、そのご近所の方に教えてもらった花の名前の一つが「ヤマホロシ」。
今まで、いろんな方に尋ねられても答えられずにいたので、大喜びです(^^)v

春から冬まで、とても長い間次から次へと花を咲かせてくれる、とてもかわいい花。
紫の花もあるそうですが、我が家は白い花です。

別名をソラナム、ツルハナナスとも言うそうで、言われてみれば、本当にナスの花にそっくり!
もう忘れません(たぶん、笑)


先日も、研修先の病院で病院長のお話を伺う機会がありました。
そこでも、新しい気付きと学びをいくつもいただき、
本当に出会いの数だけ学びがあると感じ、嬉しく思いました。

新しい出会いに、感謝感謝の毎日です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-31 09:58 | 日々徒然 | Comments(0)

山口に行ってきました!

梅雨入りの地方が次々に発表され、
天気予報も曇りや雨マークがずらりと並んでいます。
今年は女梅雨になるのでしょうか。


昨日は、山口で研修でした。
お招きいただいた皆さん、ご参加くださった大勢の皆さん、
誠にありがとうございました!


あいにくの雨と強風にもかかわらず、
お仕事の後お疲れのところお集まりいただき、
とても嬉しく思いました。
雨風を忘れてのあっという間の一時間でした。

皆さんがお聞きくださる姿勢から
組織としての学びの文化が一人ひとりの職員に根付いている事を感じて、
背筋が伸びる思いでした。


とても久しぶりに訪れた山口でしたが、
私にとっても気付きと学びの多い1日となりました。
お世話になった皆さん、本当にありがとうございました!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
やさしい笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-29 09:21 | 研修・講演 | Comments(0)

レインボーカラーのフィトケミカル

既に発表になっている沖縄・奄美地方に続いて、
今日は九州・四国・中国地方も梅雨入りが発表になりました。
例年よりだいぶ早いようですが、早くもピンクや青に色づいた我が家の紫陽花を見ると
梅雨入りが間近なのも何となくうなずけます(^^)


先日、玉ねぎのフィトケミカルについて書きました。
玉ねぎは白系のフィトケミカルですが、今日は他の色についても書いてみます。

第7の栄養素とも言われるフィトケミカル。
その多くは野菜や果物の色素に含まれることから、7色に分けると覚えやすいです。


*赤系のフィトケミカル
●リコピン/トマト、すいか
●カプサイシン/パプリカ、トウガラシ

*橙系のフィトケミカル
●プロビタミンA(βカロテンなど体内でビタミンAに変換される)/かぼちゃ、にんじん、みかん
●ゼアキサンチン/パパイア、マンゴー

*黄系のフィトケミカル
●フラボノイド/玉ねぎ、レモン、かんきつ類
●ルテイン/とうもろこし、ゴールドキウイ、かぼちゃ

*緑系のフィトケミカル
●クロロフィル/モロヘイヤ、ブロッコリー、おくらなど緑の野菜

*紫系のフィトケミカル
●アントシアニン/なす、紫いも、赤しそ、紫キャベツ、ベリー類、黒豆

*黒系のフィトケミカル
●クロロゲン酸(苦みや灰汁の色)/ごぼう、じゃがいも、バナナ、りんご、なす
●カテキン(タンニンの成分の一部)/緑茶、柿、ワイン

*白系のフィトケミカル
●イソチオシアネート/キャベツ、大根、ワサビ、スプラウト
●硫化アリル/ねぎ、玉ねぎ、にんにく、にら


これらの7色のフィトケミカルを意識して、レインボーカラーの食材で料理すると
食卓が賑やかになるだけでなく、栄養摂取とともに活性酸素除去にもつながります。
特に、緑系と黄色系を中心にして選ぶといいですね。


梅雨入りのニュースを見て、虹を思い浮かべました。
レインボーカラーで健康づくり、という発想もそこから出ました(笑)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-27 13:43 | 健康 | Comments(0)

新玉ねぎの季節

紫陽花の蕾が色づき始めました。季節の移り変わりは早いものですね。
遅咲きのバラやカルミアも満開、目にうつる大小の花々にワクワクする毎日です。


先週末、「玉ねぎがお辞儀はじめたよ」という父の言葉に、
今年も新玉ねぎの季節が来たんだ!と嬉しくなりました。

収獲の時期が近付くと、玉ねぎの葉っぱがくたっと倒れはじめます。
葉っぱの多くが倒れて緑が残るうちに収穫していきます。

早速、採れたての新玉ねぎをサラダでいただきました。
この時期ならではのみずみずしさです!


野菜や果物に含まれる抗酸化作用を持つフィトケミカル。
緑黄色野菜に代表されるように、色素などの成分に多く含まれるため、
玉ねぎには含まれないように思いがちですが、実はしっかり入っています。

そう、玉ねぎを切るとき目に染みて涙が出る刺激成分の硫化アリルが
白系のフィトケミカルです。
にんにくの刺激臭も硫化アリルによるものです。


硫化アリルは、血液をサラサラにする作用、すなわち血栓を予防する働きがあります。
善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らす作用もあり、
脳血栓や動脈硬化を予防する効果があります。

また、ビタミンB1の吸収や働きを高めて、身体の新陳代謝を活発にすることから、
疲労回復を早める働きもあります。
免疫力を高めてガンを予防する働きもあり、とてもすぐれた栄養成分です。


白系のフィトケミカルには、硫化アリルのほか、
大根の辛み成分のイソチオシアネートもあります。

緑黄色野菜の赤や緑などの色味の濃い成分とくらべるととても地味ですが
身体にはとても役立つ栄養なのです。


新玉ねぎは収穫してからすぐに出荷されるため、
皮が薄く、実の部分の水分が多くてやわらかいのが特徴ですね。

普通で回っている玉ねぎより辛みも少なく、
食べやすいと感じる方も多いのではないでしょうか。


新玉ねぎは生食向き。サラダなどでいただくと硫化アリルが効率よく摂れます。
これは、硫化アリルが熱に弱いためです。

玉ねぎを生で食べる際は、薄くスライスして水にさらしますが、
硫化アリルは水溶性のため、水に長時間さらしすぎないよう注意しましょう。

なお、加熱調理すると硫化アリルが変化して甘みが出ます。
カレーの下ごしらえで玉ねぎを飴色になるまで炒めるのは、この甘さを出すためなんですね。


玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールも含まれていて、
硫化アリルとともに抗酸化力が期待できます。

近頃は、玉ねぎ氷といった使い方も紹介されています。
旬の食材をうまく使って、美味しさとともに健康にも役立てましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-24 09:49 | 健康 | Comments(0)

プロセスを楽しむ

メダカの孵化がようやく始まりました~!
例年よりかなり遅いのですが、先週から次々と赤ちゃんメダカが誕生しています。
メダカとともに初夏到来、です(^^)


両親の畑は、夏野菜の苗の植え時。
今年も彩り豊かにいろんな夏野菜が採れるのを楽しみにしています。

ちょうど苺の収穫がピークを迎えていて、
それとは別に、ワイルドストロベリーの小さな実もたくさん採れます。

今年はグリーンピースのきれいな豆が採れて、大好きなグリーンピースご飯が楽しみです。
新玉ねぎも採れはじめ、この時期ならではの初物にワクワクします。


旬を味わう喜びを満喫しているこの頃ですが、
昨日親戚のお宅にお邪魔したところ、信州で採れたてというわらびをご馳走になりました。

緑鮮やかで、口に入れると歯応えがありつつやわらかいわらびのお浸しに、
田舎の伯母がよく送ってくれた山の幸を思い出しながら、美味しくいただきました。


畑の野菜や果物もそうですが、例えばわらび摘みのお話を聞かせてもらうと
その様子を頭の中でイメージできます。

行ったことがなくても、テレビなどで見る山菜取りを頭の中で想像して、
昨日採ってきてくれたばかりのわらびなんだ!と思うと、
採ってくれた方々への感謝の気持ちも加わり、一層美味しさが増します。


仕事にしても、結果ありき、ではなく、そこに至るまでの過程を知ることで
達成(あるいは完成)した時の喜びがより大きく膨らむように感じます。

苦労したこと、努力して頑張ったこと、悔しかったこと、腹が立ったこと等々があればこそ、
出来上がったときの喜び、嬉しさ、感動が倍増するのかもしれません。


私の場合、好きなことを仕事に選んだこともあり、例え思うようにいかなくても
その過程も含めて仕事ができることをありがたく思い、幸せに感じます。
うまくいかない過程すら楽しめる・・・ちょっと不思議ですが、本当です(笑)

どんなことであっても、原因があり、過程があり、結果が生まれます。
多くの人々に喜んでもらえるように種まきをたくさんして、そこからのプロセスを楽しめば、
おのずと笑顔があふれる結果が導かれる。
そう信じて、まだまだ日々精進の私です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びに出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-20 09:57 | 日々徒然 | Comments(0)

初夏の贈り物

青空が広がる午後。
ツバメが飛び交っていたので、珍しく思って目で追ってみると・・・
行き先は個人の住宅の駐車場。屋根の下に巣がありました!

街中では珍しいツバメに出会えて、ほっこりいい気分になりました。
ヒナは何羽いたのかなぁ(^^)


昨日、桜島産のびわを送っていただきました!
Uさん、旬の美味しい味覚をありがとうございます!!

昨夏講演にお招きいただいて大変お世話になり、
今回また心のこもった贈り物をいただき、感激しております。

早速、今年初めてのびわをご馳走になりました!
皮をむいた瞬間にふわっと広がる甘い香りと果肉のみずみずしさは、まさに初夏の味覚。
旬の贅沢を味わい、Uさんの包み込むような温かい笑顔を思い出しました。


旬の野菜や果物には、その季節に身体が求めている栄養がたっぷり含まれます。
旬のものをいただくということは、美味しいのはもちろんですが、
ただ美味しいだけではなく、それ以上に身体のためにもなります。

びわと言えば、まさにびわ色とでもいいたくなるような橙黄色の皮と果肉ですが
その淡オレンジ色は、抗酸化作用を持つベータカロチンの色。
果物の中でも、ベータカロチンの含有量ではびわはトップクラスと言われます。

ベータカロチンは、体内に入ってビタミンAに変わります。
紫外線が真夏並みに強くなり、急な気温の変化で疲れが出やすいこの時期には
免疫力を高めたり抗酸化力を備え持つびわは、
美味しくいただけて健康にも役立つ果物です。


・・・などという理屈はさておき、
目で楽しみ、香りを楽しみ、舌で味わい、初夏を五感で感じることができました!
旬のものをいただける幸せに感謝です。

Uさんからの贈り物。
これからも頑張りましょう!というエールも一緒に送っていただいたように感じて、
とても励みになりました(^^)


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-16 19:55 | 日々徒然 | Comments(0)

健康と積極性

庭ではポピーとバラが競うように咲き、とても賑やかです。
畑ではイチゴとワイルドストロベリーが採れ始めました。
初夏を迎えて、さらにワクワクがいっぱいです。


ゴールデンウィークをはさんで
いろんな人の話を聴きながら感じたのは、健康に関する話題の多さでした。

私と同世代、そしてそれ以上の方であればほとんど、少しの時間話していても
ほんの小さなこともあわせると何かしら身体や健康についての話題がでてきます。


少し前になりますが、麻生副総理がご自身の健康管理を含めて
医療費負担に関する発言をなさって話題になりました。

私個人としては、麻生さんが以前からおっしゃっているこのご発言については
心底、もっともだ、と思っています。

麻生さんがおっしゃっているように
ご自身が食事の内容に気を付け体力作りに励んで、健康維持に努めている方にとって、
自助努力なしに病気を治してもらおうという考えの方とは、
意見が異なるのは当然だとも思います。


色々な病気の方がいて、ひとくくりに出来ないことはよく分かっています。

その上で、いわゆる難病等ではない、生活習慣病に代表されるような身近な疾病に関しては
自分で病気を治そうという気持ち、さらには、
病気にならないようにしようという気持ちが何よりも大切だと思うのです。


そして、その気持ちを行動に移すことがさらに大切です。

好きなものだから、と野放図に食べるのではなく、ちょっと我慢してみる。

運動は苦手と決めつけて身体を動かさないのではなく、
ほんの短い時間でいいから歩いてみる。

そんな小さな行動が、自分の将来の身体を形作っていきます。


中村天風さんの本を読むたびに反省するばかりの私ですが、
この週末も読み返していて、「心に積極性を持つこと」を自分に言い聞かせました。

自分で考え、自分で歩いて、自分で食べて・・・
今こうして元気で生きていられることに感謝し、
これから先も元気でいられるように、自らの心を積極的にコントロールしていく。
ちょっと怠け心が出てきても、積極性を思い出して、やっぱり頑張ろう、と前を向く。

健康でいることも、仕事を楽しむことも、
毎日が心のコントロールの繰り返しなんだと気づきました。


健康づくりは決して難しいことではありません。

ちょっと頑張ってみようかな、と一人でも多くの方に思っていただけるように
私も身近にある健康づくりのきっかけをお伝えしていきたいと願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-13 09:44 | 健康 | Comments(0)

インナーマッスルを鍛える

いよいよ庭のバラが咲き始めました!彩りも豊かに、街歩きがますます楽しい季節です。
ゴールデンウィークも終わり、今日から仕事に復帰という方も多いことでしょう。
私も、家族や親戚が集まる楽しい時間から、仕事モードへ切り替えです(^^)


あちこちでよく見かけるインナーマッスルという言葉。
今まであまり意識していなかったのですが、最近立て続けにテレビや雑誌で見かけて
興味を持ちました。

インナーマッスルとは身体の内側の筋肉の総称だそうですが、
アウターマッスル(外側の筋肉)ともども身体の動きにかかわる重要な働きをする筋肉です。

筋トレとストレッチをささやかながら毎晩続けている私。
今さらながら、インナーマッスルに関する書物を読んでみて、
自分がやってきたトレーニングの多くがインナーマッスルを強化するエクササイズだったことを
初めて知りました(笑)

厳しいトレーニングは運動を苦手とする私には向かないので、
自分にできる範囲のエクササイズをとり入れてきたのですが
それが結果的にインナーマッスルを鍛えることにつながっていたようです。


私の場合、体幹を強くしたいという思いがあり、我流で筋トレを続けていますが、
インナーマッスルを鍛えることにより、基礎代謝が上がったり、姿勢がよくなったり、
はたまた冷え症が改善されるなどの効果も期待できるようです。

新たな目標も見つけることができたので、
歩くことに加えて、スロートレーニングも続ける楽しみが出来ました!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-05-07 09:42 | 健康 | Comments(0)