<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

福岡に行ってきました!

猛暑が続く地方がある一方で、雷雨や強雨が続いている地方もあります。
それぞれ、熱中症や自然災害が気になります。
体調管理、水による災害・被害等に注意を怠らないようにしましょう。


福岡に行ってきました!
お招きいただいた皆さん、ご参加くださった大勢の皆さん、
誠にありがとうございました。

お仕事の後のお疲れの時間にもかかわらず、
皆さんの途切れることない集中力とお仕事に対する熱意が伝わってきて
とても濃密な3日間でした。

質疑の時間では、現場での状況が想像できる具体的なご質問をいくつもいただきました。
皆さんが真剣に仕事と向き合い、努力や工夫を重ねていらっしゃる様子が伝わってきて
その思いの強さに強く感銘を受けました。


知識を知識のままで終わらせず、
研修から得た気付きや学びを現場に応用して、知恵に変えてほしいと願っています。

皆さんの熱い思いが途切れることなく続いていけば
周囲に今よりもっともっとたくさんの笑顔や思いやりがあふれることでしょう。

一人ひとりの力は小さくても、チームになればそれが大きな力に変わります。
モチベーションの高い、若いスタッフの方々も多く、将来が本当に楽しみです。


個人的なことになりますが、
私は福岡で生まれ、小中学生時代の多くを福岡で過ごしました。

今回は滞在時間も長かったため、耳に入る博多弁が懐かしく、とても心地よく、
研修の時間も、会場までの移動時間も、楽しくて仕方ありませんでした。

日頃フリータイムはイヤホンを付けていることが圧倒的に多い私なのですが、
今回、街歩きしながらイヤホンを付けようと一度も思わなかったことに
羽田に帰ってきてから気が付きました。
(電池が全く減っていなかったのです、笑)

私という人間のどこかに、福岡で過ごした時間が反映されている部分があるのだと
改めて思わせてもらった3日間でもありました。


3日間にわたりお世話になった多くの皆さんの温かいお心遣いを思い出し、
感謝の気持ちでいっぱいです。

この大好きな街を再び訪問出来るように、講師として人としてさらに成長して
いっそう皆さんのお役にたてるよう頑張ります!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きに出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-25 15:41 | 研修・講演 | Comments(0)

夏バテしない身体作り

蝉の鳴き声があちこちで聞かれるようになりました。
今年は梅雨明けが早かったのですが、蝉の初鳴きも早かったとのこと。
蝉の鳴き声がいっそう夏の暑さを盛り上げているかのようです。


熱中症の話題が連日テレビ等で取り上げられています。
7月初旬からの猛暑続きのあとは、30℃でも過ごしやすいと感じてしまいます。

熱中症とは、身体の中の水分や塩分が不足して脱水状態になり、
体内の熱を外に出せずに熱がこもって、身体にさまざまな変調をきたす症状を示します。

今年は、梅雨明けと同時に急に暑くなったことから、
身体が暑さに慣れておらず、熱中症を起こしやすい環境が出来てしまいました。


今さらここに書く必要もないくらいに、あちらこちらで報道等がなされていますが、
熱中症は単に気温の高さだけではなく、
湿度や風の有無などいろいろな条件が関係して起こります。

そして、熱中症を起こしやすい条件の一つに体調不良もあげられます。


暑さでバテてしまって食欲がない、
夜ゆっくり眠れなくて睡眠不足が続いている、
冷たいモノを摂り過ぎてお腹の調子が悪い、
・・・等々、体調が悪い時は暑さに対する抵抗力も低下しますから、
熱中症を起こしやすくなります。

気象条件や生活・職場の環境条件は、自分ではどうにもならないことが多いですが、
体調などの身体条件は自分で整え、熱中症を予防することができますから
この時期は特に体調管理に注意を払いたいものです。


そこで、すぐに出来ることとして、
食事の内容にちょっと工夫をしてみてはいかがでしょうか。


例えば、タウリン。
サプリメントや栄養ドリンク剤に含まれる成分として、
あるいはアスリートが摂取してパフォーマンスを高めていることで良く知られています。

心臓、脳、胃、肝臓に効果がありますが、
この時期は水分保持を助ける作用もあるため、積極的に摂りたい栄養です。

タウリンを含む食材としては、
ホタテ、ウニ、エビ、カツオ、タコ、イカ、サンマ、サバ、牡蠣、ブリ、イワシ、鮭
等の魚介類があげられます。
スルメの表面についている白い粉がタウリンを多く含みます。


また、ネバネバ・ヌルヌル成分として有名なムチンも夏バテ予防にお薦めです。

粘り成分のムチンは、
疲労回復、たんぱく質の消化吸収の補助、肌の老化防止
等に効果がありますから、この時期たくさん採りたい成分ですね。

ムチンを含む食材には、
納豆、オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキ、あしたば、さといも、長いも、大和いも、なめこ
等があります。

オクラ、モロヘイヤ、ツルムラサキなどは、まさに今が旬の夏野菜。
食べて美味しい時期は、身体が求めている時期でもあるのです。


暑い日が続いて、外出の後などはどうしても冷たいものを飲んだり食べたりしがちです。

適切な水分補給はこの時期とても大切ですが、
冷たいものばかり口にしていると体温が下がり、免疫力も低下します。

食事の際はできるだけ温かいものを飲んだり食べるようにしましょう。


これからが夏本番。まだまだ暑い日が続きます。
しっかり熱中症対策をして、元気いっぱい、楽しい夏にしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-19 17:29 | 健康 | Comments(0)

返事をしない理由?

サルスベリの花が咲き始め、盛夏が近いことを感じます。
庭のカサブランカも濃厚な香りを漂わせて満開です。
畑では、大人の広げた手ほどもある大きなタイタンビカスの花が咲いています。
暑い日が続いていますが、鮮やかな花から元気をもらっています。


最近見かけたある風景。

お店の店長らしい男性が、部下らしい年上の女性に指示を出すのですが、
女性は全く返事をしません。

女性は返事こそしないけれど、何かしら仕事はてきぱきとこなしています。
手を休めることなく、サクサクとこまめに動いているように見えます。

一方の上司と見受けられる男性、返事がないためでしょう、同じことを何度も言います。
女性が思うように動いてくれていないらしく、「○○じゃなくて、まず△△をやって」などと
女性がやることに一つずつケチをつけるような言い方です。


ほんの2~3分でしょうか、短い時間だったにもかかわらず
とても不思議な光景を見たように感じました。

お店はかなり混雑していて、店長は次から次に入ってくるお客様の対応に追われています。
お客様とお客様との対応の合間に女性スタッフに声をかけていろいろと指示するのですが
2人の視線は合うことが無いのです。

そんな光景を見ながら、
2人とも、すっごいストレスだろうなぁ。
そんなことを思って、お店を後にしました。


コミュニケーションを円滑に進めるためのポイントの一つが、相手の目を見て話すことです。
ここでは、「顔」ではなく「目」というのが大きなポイント。

顔を見て話しているつもりでも、実はただボーっと顔全体を見ているだけで
実際には、どんな表情をしているのか、相手がどこの何を見ているのか、
真剣に話を聴いているか、などに全く注意を払っていないことがあります。

相手の目を見て話すという、ちょっとしたポイントに気を付ければ
相手の様子を認識しながら、相手が自分の話を聞いているか、話に集中しているか、
自分の話しが伝わっているか、理解してもらえているか、
などが分かるので、お互いの情報交換がスムーズに行くのです。


上にあげたケースでは、それぞれが相手の顔すら見ずに、さらに返事もせずに、
狭い空間で一緒に仕事をしていました。

返事をしない理由が何かしらあるのでしょう。

上司あるいは部下に対する不満がたまっている、
ケンカや口論をした後だった、
体調が悪い、
などなど勝手に想像してしまいました。


あれではお互いに仕事が楽しくないだろうなぁ。
と思うのと同時に、
お客様にも、その楽しくない雰囲気が伝わっていることに気付いているのかなぁ。
と、心配になりました。

店長がどれだけお客様に笑顔で明るく大きな声で挨拶しても、
その場の雰囲気って、なんとなく自然に分かってしまうものですよね。


指示を出す側は、相手の目を見て伝えることが大切です。
相手の反応によって、仕事の内容を変更するなど状況判断も可能になります。

指示を受ける側は、指示の内容を確認したら、すぐに返事をします。
この際の返事は、基本的には「はい、かしこまりました」が適切です。

「はい」は、相手の話が聞こえました、の意味。
「かしこまりました」で、指示を確かに受けました、承知しました、の意味です。

ここまで丁寧ではなくても、相手の目を見て返事をする、というのは重要です。


問題をあげていけば、いくらでも考えられるのですが、
短い人生なんだもの、せっかく働くなら楽しく仕事したいよね、
と私は心の中で思っていました。

相手が変わるのを待っていても、何も変わりません。
やっぱり自分から。
自分が変わろうと意識して、自分から行動を起こす。

言葉でいうのは簡単ですが、実際にはとても難しいことです。
それでも、変わった人の周りから良くなっていくのです。


先ずは、返事をすること。

返事をしたくない理由がどれほどたくさんあったとしても、
返事をした方が気持ちよく仕事が出来るのは間違いない。

返事をしたくない理由を解消するための努力をするのはもちろんですが
目の前の仕事をしっかりこなすことも大切です。

そしてもう一つ、自分から変わる。
相手の先を行って、コミュニケーション上手を目指しましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-16 16:57 | コミュニケーション | Comments(0)

素直な気持ちで・・・

梅雨が明けた途端に猛暑の日々がやってきました。
すでに4日続いている猛暑、さらに週末まで続きそう、とのこと。

外出時等は、こまめに塩分・水分の補給を心掛けて熱中症を予防、
さらには、食事と睡眠をしっかりとって、熱中症にならない身体づくりを目指しましょう。


医療機関等の研修では、リピートが増えてとても嬉しく有難く思っています。
先日伺った医療機関での接遇研修では、
最前列の方々が身体を乗り出すように熱心にお聞きくださり、私も気合が入りました。

話すたびに私の目を見て大きく頷いてくれると、本当に嬉しい気持ちでいっぱいになり、
もっと喜んでいただけるお役に立てる内容をお伝えしたい、と強く思います。


少し前のことですが、研修の終了後にお声掛けくださった幹部の方は、
私に話しながら涙ぐんでいらっしゃいました。

何か失礼なことを言ってしまったのだろうか?と不安になり、その旨お聴きしてみると、
日頃思い悩んでいたことを私がそっくり話したので、胸がいっぱいになってしまった、
とのことでした。


誰もが大小の悩みを抱えていると思いますが、
幹部としてリーダーとして、部下や同僚を引っ張っていく立場になると
悩みや相談がなかなかできない、と考える方もいらっしゃるでしょう。

忙しくしていると、タイミングや内容によって、先に延ばしてしまうこともあります。
また、自分一人で解決しなくては、と思い込んでいることもあります。

一人で全てのことが出来るという人もいない訳ではないと思いますが、
人はそれぞれ異なる能力や特性を持って生まれてきます。
壁にぶつかったら、周囲の力を借りるのも一手です。


メンター等の信頼できる相談相手を持って、
ささいなことでも気になることがあれば相談できる環境を作っておくのが理想的です。

メンターでなくとも、家族や友人だったり、上司でも部下でもいいので
自分の気持ちを素直にありのまま話せる相手を持つことは大切です。

一人で抱え込まずに他の人の意見を聞いてみると、
案外あっさりと解決への道筋が見えてきたりするものです。


人は一人ひとり育った環境が異なり、価値観・世界観というようなものの考え方も違います。

サングラスをかけると、景色がいつもとは違う色になって見えますが、
私たちの心も、素直な気持ちで物事を見るのと、
色眼鏡で見るのとでは見方や受けとめ方が変わってきます。

いろいろな考え方の人がいるのは、自分の周りだけでなく世界中どこに行っても同じです。
考え方が違うから一緒に仕事が出来ない、一緒に過ごせない、というのでは
生きていくのが難しくなるばかりです。


どんな人とでも、どんな状況でも、自分の考え方に固執することなく、
素直な気持ちでありのままを受けとめる。

あの人は私とは考え方が違うから、と色眼鏡をかけてしまうと
見えるものも見えなくなってしまうかもしれません。

素直に受けとめ、話を聴くことで、それまでは気付かなかった相手のいいところが
見えてくることもあるのです。

一人で抱え込まないで、ときには誰かに相談してみる。
相談相手がすぐに見つからなかったら、思っていることを紙にひたすら書きだしてみる。

自分の気持ちと素直に向き合うことで、問題の糸口が見えてきたり、
ほんの少しでも前に進めるきっかけが掴めるかもしれません。


研修というひと時を過ごす場ではありますが、そこで得られる気付きも学びも人それぞれ。
これからも、多くの皆さんが新しい何かに気付くきっかけをご提供できるよう
私自身、学びを深めていきます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-11 11:32 | 研修・講演 | Comments(0)

600日!

庭に植えたカサブランカのつぼみが日ごとふくらむ様子にワクワクしています。
私にとって、お世話になっている皆さんを思い出して、さあ頑張ろう!とパワーをくれる
大切な思い入れのある花でもあります。
いつ咲いてくれるか、とっても楽しみです(^^)


今日は、愛用の歩数計について書いてみます。

2代目の今の歩数計は30日分のデータが記憶されるため、
1ヶ月ごとにパソコンにデータをバックアップしています。

昨日、バックアップのお知らせマークに気付いたので、
約1か月ぶりにパソコンのソフトを立ち上げたところ・・・
「記録開始600日」の表示に気付きました。

途中、故障して修理・交換したので、2週間ほどブランクがあるのですが、
この秋で今の歩数計(機種)とのお付き合いも、はや2年ということに!
なんてことないのですが、ちょっと感動しました。


さらにもう一つ、嬉しいことを発見!

記録用のソフトでは、地図で歩行距離を表示できるようになっています。
北海道(札幌)を出発地に選んだのですが、
いつのまにやら沖縄に到達、折り返していました(^^)v

地図上のことではありますが、都道府県庁所在地を直線で結び
600日かけて、スタートから3150kmあまり歩いたことになります。
毎日のちょっとずつの積み重ねが、数字や地図で目に見える形になると
感慨深いものがあります。


仕事をしていく上で、まず大切なのが健康管理と自負しています。
過去に体調を崩して周囲に迷惑をかけてしまった経験から、
何はさておき、笑顔で元気いっぱいでいられるように日々自らに健康づくりを課しています。

歩数計は、そんな思いをささやかに着実に応援してくれる、
モチベーションアップの大切なツールになりました。

一度にたくさんは歩けませんが、隙間時間や移動時間を有効に使って
これからも楽しく歩いて健康づくりに励みます(^^)/


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
明るい笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-05 11:24 | 日々徒然 | Comments(0)

変わることに喜びを見出す

ノウゼンカズラの花が街を鮮やかに彩っています。
この時期は花が少ないためでしょうか、
濃い赤やオレンジ色の大きめの花が折り重なるようにたくさん咲く様子は
草木の緑の中でひときわ目をひきます。


先週末、平田オリザ氏の講演を聴く機会に恵まれました。
コミュニケーションに関する素晴らしい内容にグッと聴き入ってしまい、
終わった時には、もっともっと聴いていたい、と思いました。


一番印象に残ったのは、質疑応答の中でおっしゃった言葉です。
「対話のポイントは、自分が変わることに喜びを見出すこと。
そこに楽しみさえも感じることができればなお良い」
細かいところは微妙ですが、このような内容だったと思います。

会話と対話の違いについて、
会話とは、親しい人同士のおしゃべり、
対話とは、異なる価値観を擦り合わせる行為、
と説明がありました。

また、コミュニケーションは他者を必要とする、
普遍的なコミュニケーション能力は無い、
ともお話されました。


私がいつも自分に言い聞かせている言葉に
「相手の反応が自分のコミュニケーションの成果である」
というものがあります。

うまく伝わっていないと感じる時、それはすなわち、私自身のコミュニケーション能力が
まだまだ発展途上であることに気付くときでもあります。


慣れ親しんだ人と互いを察し合う関係とは異なり、
新しい出会いから始まるコミュニケーションは、自分とは違う他者との関係づくりです。

話しが噛み合わなかったり、言いたいことが伝わらなくて困ったり・・・。
出会ってから間もない人同士では、よくあることです。

そんなとき、相手のコミュニケーション能力が低いと決めつけることは、
相手には自分が要求しているコミュニケーション能力が無い、と言っていることに等しく、
それはつまり、自分も相手に合わせるコミュニケーション能力を持っていない、
と告白しているようなものです。

私たちは、ほんの少しでも「変わる」ことに抵抗を覚えるものですが、
自分の変化、相手に合わせて自分が変わることを喜び、さらに楽しめる境地に達すれば
コミュニケーション能力は一気に高まるのかもしれません。


平田氏は、
異なる価値観を持つ人と話し続ける力「対話の体力」をつけること、
理屈ではなく、感覚として身に付けることが大切、
と話されました。

その時は無駄とも思える対話でも、相手の話を受けとめ真剣に聴き、
互いに合意形成をめざして話し続けていくうちに、
自らの「対話の体力」が鍛えられるということでしょう。

コミュニケーション能力を鍛える、それは忍耐や我慢でもあると感じました。


コミュニケーション、そして対話を新しい自分を発見するためのチャンスだと捉える。
伝えたいという意欲を持ち続け、対話によって考え方や価値観が変わることを楽しむ。

進化し続けるコミュニケーションを追い続け、
これからもコミュニケーション能力をより高める努力を続けよう!

新しい学びを得ることができた喜びが、新たなモチベーションにつながりました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-04 10:30 | コミュニケーション | Comments(0)

嬉しい知らせ~トンボ誕生

7月です!
奄美地方は梅雨明けが発表されましたね。
今日は、世界文化遺産に登録された富士山も山開きの話題で持ちきりです。

畑では、トマトやきゅうり・なすなどの夏野菜、そしてブルーベリーも収穫が始まりました。
いよいよ夏本番!と毎日がワクワクでいっぱいです(^^)


昨日の朝、親戚からメールが入りました。
そこにはトンボ誕生の嬉しい知らせが書かれていました!

先日、親戚のお子さんが我が家の睡蓮鉢で見つけたヤゴを持って帰ったのですが、
あれから約1週間。

エサのオタマジャクシは足りているかな?ヤゴは元気かな?
と、メダカのエサ遣りのたびに思っていました。

ヤゴの羽化は6月下旬から7月にかけて、とどこかで調べてはいたものの、
まだ先だろう、と勝手に思い込んでいた私。
そこに入ってきた羽化の知らせは、本当に嬉しいビックリでした。


畑から持って帰ったオタマジャクシや赤虫などを食べる瞬間をビデオに撮影したり、
羽化の様子を観察したりと、なかなか楽しめたようです。

生き物好きの子どもたちが頭をくっつけあいながら
トンボの羽を広げる様子に真剣に見入ってる姿が目に浮かぶようで、
それだけでも微笑ましいのですが、
わざわざ私に報告のメッセージも寄せてくれて、さらに感激しました。


何かに興味を持つと、そこから世界がグンと広がります。
それは大人も子どもも同じようです。

トンボは羽化から1~2時間で空に飛び立ったそうですが、
彼らが図鑑で調べたところ、オオシオカラトンボのメスだったそう。

私はヤゴの状態のときに、シオカラトンボらしい、と予想していたのですが、
オスとメスの区別までは考えてもみませんでした(笑)

メスが誕生したことで、今度は水色のオスが羽化する様子を見てみたい、
と子どもたちの興味が広がったようです。


残りのヤゴが無事にトンボになるように、シオカラトンボのメスが生まれるように、
私も祈るような気持ちです。

ワクワクすることに囲まれていると、心も身体も元気いっぱいになれる気がします。
もっともっとワクワクして、周囲の人々とワクワクを分かち合いましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-07-01 13:45 | 日々徒然 | Comments(0)