<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アーモンドの収獲

いつしか空地を群舞していたトンボの姿も消え、街中もすっかり秋の装いになりました。
朝晩と日中の気温差があり、体調を崩してしまう方もいらっしゃるようです。
重ね着などでうまく調節して、風邪などひかないように気を付けましょう!


昨年、畑に植えたアーモンドの木。
なんだか楽しそうと興味本位で買った苗ですが、この春初めて花を咲かせてくれました。
バラ科サクラ属というだけあって、桜にそっくりの淡いピンクの可愛らしい花でした。

そのアーモンドの木に、両手で数えるほどの実が生っているのに気付いたのは
夏の初めのこと。

たまに畑に行くと数を数えるのですが、残念ながら行くたびに数は減っていきました。
完熟まで残るかな?と祈るような気持ちです。


私たちが普段食べるアーモンドは、
実から取り出した種の中の仁(じん)と言われる部分です。

木に生った実は、完熟すると割れて種が見えるようになります。


先週、久しぶりに畑に行き、早速アーモンドの木に近づくと・・・
わずかに2個残った実がはじけて、中から種が見えていました!

まさか収穫に至るまで残ってくれるとは思っていなかったので、
感激の完熟アーモンドの収獲です。


たった2個とはいえ、初めて見るアーモンドの種。
何が出てくるか(アーモンドが本当に出てくるか、笑)ワクワクです。

硬くて手ではとても割れないので、カナヅチを持ち出し、カーン!!
相当硬いのかと思いきや、あっけなく殻は割れて、
中から小さな「アーモンド」が出てきました(^^)v

計ってみるのをすっかり忘れていたので実際のところは分からないのですが、
収獲した種の大きさが3㎝弱、中から出てきたアーモンド(仁)は2㎝くらいでした。

私が毎日食べている素焼きアーモンドの実と比べると、相当小さい!(笑)
それでも、見かけは紛れもないアーモンド。


生アーモンドはそのままでは消化が悪いため、
煎ったり(ロースト)揚げたり(フライ)して食べます。

これを煎ると素焼きアーモンドになるんだ~!
と一粒の小さなアーモンドを手に乗せて感無量でした(^^)


今回初めて知った豆知識。

アーモンドは漢字では「扁桃」と書きます。
聞きなれたあの扁桃腺の扁桃です。

扁桃腺の形がアーモンドの実に似ているから名付けられたとのこと。

旧約聖書にも出てくるというアーモンド。
桃の種を扁平にしたような形だから、扁桃という日本語名をつけたとか。


秋の花粉も飛びかい、鼻や喉のアレルギー症状が出ている方もいらっしゃるでしょう。
(かくいう私もその一人です、笑)

喉の痛み、発熱等の扁桃腺炎にかかりやすい方は、
空気が乾燥してくるこれからの季節は要注意です。

うがいや加湿器の利用で、喉をいたわり、体調管理を心掛けましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-26 09:55 | 日々徒然 | Comments(0)

中秋の名月

昨夜は、雲一つない夜空に中秋の名月が見事でした。
ご覧になられた方も多いのではないでしょうか。


昨日はいいお天気に恵まれて、まさにお月見日和。
真ん丸の十五夜お月様を愛でることが出来ました。

暗くなった帰路、外に出た途端目に入ってきた満月に感動して、
私はひとり思わず「わあ!」と声をあげてしまいました(^^)

明るく白く浮かび上がる満月にうっとり見とれて、歩きだすのを忘れそうでした(笑)


今朝、研修でお世話になっているAさんから、メールをいただきました。
そこには、仕事の内容のあと、
昨夜、お嬢様と一緒に中秋の名月をご覧になったことが書かれていました。

ススキをお供えしてベランダから月を見ながら話しをする母娘の様子が思い浮かび、
朝から温かい気持ちになりました。


先週、曽野綾子さんの「人間にとって成熟とは何か」を読みました。
私にとって学びと気付きの多い本で、移動の車中で一気に読んでしまいました。

中でも印象に残っているのが
「成熟した人間になるには、(中略)。沈黙と会話の、双方の達者な使い手に
なるほかはないのである」
という言葉。

沈黙と会話の達者な使い手。
奥深いです。


中秋の名月は必ずしも満月とは限らないのだそうです。
次に、中秋の名月と満月が重なるのは8年後。
8年後もいいお天気に恵まれて、家族の会話とコミュニケーションが増えるといいですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-20 14:49 | 日々徒然 | Comments(0)

イマジネーション&コミュニケーション

本州を縦断した台風18号により、大荒れの連休となりました。
近畿~東北の広い範囲で猛威をふるった今回の台風。
被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。


少し前のこと、病院での接遇研修が終わった直後、担当してくださった方が
「相手の立場になって考えるって、大切なんですね」
と、何かを思い出したようにしみじみとおっしゃいました。

そうなんですよね。
普段はあまり意識しないことで、分かっていても忘れていたりするものですが、
いざ考えてみると、その大切さが分かるんですよね。

相手の立場になって考えると、それまで見えていなかった物事が見えてきたりします。
思いもつかなかったような事柄が、ふと理解できるようになったりします。
自分の至らなさに突然気付いて、恥ずかしくていたたまれなくなることもあります。
(恥ずかしながら、全部私の経験です)


例えば病院であれば、「相手」に相当するのは患者さんや、
同僚・上司等の病院スタッフでしょうか。

相手の立場になって考える、すなわち相手の気持ちや思いを想像する。
それが相手とのコミュニケーションの始まりです。

想像して、相手の希望に添うように行動してみる。

自分の考えたことが相手の思いと違っていることもあるでしょう。
むしろ、相手の思うとおりを想像できることの方が少ないかもしれません。
けれど、やってみなくては始まらない。

想像して、行動してみると、それが思いやりの形となって相手に伝わります。


相手の思いをあれこれと想像するためには、相手を観察することが必要になってきます。

相手の立場になって考えるための最初の一歩は、
相手やその周囲の状況をしっかりと観察し把握することなんですね。

そして、想像ができたら、相手のためを思って具体的に動いてみる。

イマジネーション、そして、コミュニケーションです。


昨日は台風の報道を見て、被災地に近い親戚に連絡を入れてみました。
幸いなことに変わりなく元気な様子で、ホッとしました。
きっかけは台風でしたが、久しぶりに近況を伝え合うことができました。

無意識のうちに出来るようになるまでは、意識して相手の立場になって考えてみましょう。
相手が何を求めているのか、想像してみましょう。
そして、心が触れ合う瞬間をたくさん作りましょう。

心が伝わるその時、その瞬間、コミュニケーションが次のステップに進みます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-17 13:51 | 研修・講演 | Comments(0)

滋賀に行ってきました!

朝夕めっきり涼しくなってきましたが、ここのところ急に日が短くなったように感じます。
毎日少しずつ変化しているはずなのに、いつのまにこんなに?という印象です(笑)
意識しないうちに季節が動いていることを実感するこの頃です。


昨日は滋賀で研修でした。
お招きくださった皆さん、ご参加いただいた皆さん、
誠にありがとうございました。

研修後、いろいろな場所ですれ違う皆さんが笑顔で挨拶の言葉をかけてくださり、
とても嬉しかったです。

施設自体の色合いや空間が大変明るく開放的でしたが、
ご担当いただいた方々のお気遣いに加えて、皆さんの素敵な笑顔があふれて、
より一層温かみややさしさが感じられました。

Iさん、心のこもった可愛い贈り物をありがとうございます!
私が大好きなものがどうしておわかりになったのか、とっても驚きでした。
仲間が増えて感激しています。大切にしますね!


今まで琵琶湖の沿線は何度か通過した事がありますが、
実際に降り立ったのは今回が初めてでした。

ほんの少しの移動時間なのですが、乗り換えの京都よりだいぶ涼しく、
琵琶湖の風を感じました。

琵琶湖一周サイクリングにとても興味があるのですが、
次の機会には、彦根城と比良山にも行ってみたいです!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-13 21:05 | 研修・講演 | Comments(0)

2020年東京オリンピック決定

2020年の夏季東京オリンピック開催が決定しましたね。
日曜日の朝は、結果を知るまでドキドキしました。
祈るような気持ちでテレビを見ていたのは、私だけではなかったことでしょう。
7年後が今から楽しみです(^^)


今回のオリンピック招致に関する報道を見ていて感じたことですが、
最後の最後まで予断を許さなかった理由の一つに
7月に起きた福島第一原子力発電所の汚染水海洋流出の問題が
関係していたように思います。

福島第一原子力発電所事故。
3・11を忘れられないのと同じように、
福島第一原子力発電所という名称も忘れることはないでしょう。


少し前のこと、何かで目にした文章の中に「福一」とありました。
流し読みしていた文章だったので、それが何を示すのかすぐには分かりませんでした。

「福一ってなんだろう?」と思って、あらためて最初から読みなおしていくうちに
それが福島第一原子力発電所を意味する略語なんだと分かって、びっくりしました。


言葉を略してしまう風潮があります。
コンビニとかファミレスとか、生活の中で無意識のうちに使ってしまう身近な言葉が
私にもたくさんあります。

けれど、福一という言葉には、どうしても馴染めない自分がいました。
すっごく大きな違和感を感じました。


略語・略称は、その言葉をよく使う方々にとっては
長い正式名称を繰り返すよりはずっと便利です。

それは私にもよく分かるのです。
でも、この時に感じた違和感は、今も何となくわだかまりのように記憶に残っています。


多分1か月前くらい、おそらく汚染水の問題が出る前に読んだものに書かれていて、
それ以後、同じ略語を目にすることは今のところありません。
それは、私が福島や原発事故から離れたところで暮らしているためでもあるでしょう。

呼び方なんてどうでもいい、あるいは、日々接していて必要だからこその略語、
東日本大震災や福島第一原子力発電所事故について語り続けることの方が大切、
等々の考え方もあります。

むしろ、略語を使ってでも片時も忘れずにいて、
被災した方々に寄り添うことの方がよほど大切なのかもしれません。


いつもいつもそればかりを考えているということではないのですが、
今回の東京オリンピック開催が決まったそのとき、そんなことをふと思い出しました。


人は一人ひとり考え方も感じ方も異なります。

互いが気持ちよく笑顔で過ごせる、
そんなコミュニケーションを心掛けていきたいと思います。

2020年、世界中の人々に喜んでもらえる東京オリンピックになるよう、
心から期待しています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-10 08:56 | 日々徒然 | Comments(0)

思いが伝わる言葉

9月になりました。
昨日は埼玉・千葉で竜巻が発生、被害が出て、今も停電が続いている地域があるようです。
被害に遭われた方々へお見舞い申し上げるとともに、
避難なさっている方々には、くれぐれも熱中症等に気を付けていただきたいと思います。


少し前になりますが、8月21日、
ニューヨーク・ヤンキースのイチロー選手が日米通算4000本安打を達成しました。
今になって、そのときの質疑応答の全文をじっくり読んだのですが、
いつものように、いくつものイチロー選手の言葉が胸に響きました。

心に残る言葉は今回もたくさんありましたが、
中でも、ちょうどニュースでも報道されていた部分ですが
強く印象に残っている言葉があります。

「結局、4000という数字が特別なものをつくるのではなくて、
記録が特別な瞬間を作るのではなくて、
自分以外の人たちが特別な瞬間を作ってくれるものだというふうに
強く思いました」

私なんて、この言葉だけでグッときちゃいます。

4000本安打もすごいけれど、
イチロー選手の言葉には、ひとつひとつに彼の思いがグッと凝縮されているようで
いつもながらに引き込まれます。


私ごとになりますが、
研修後に書いてもらうレポート等で、思いもよらない言葉をいただいて
感激することがあります。

昨日も、先月の研修レポートを読んでいてハッとしました。
私が言ったある言葉が印象深かった、と書いてくださっていたのですが、
そのレポートを読むまで、自分で言ったことすら忘れていたのです。

「先生の話し方を聞いた時、相手に伝えたいという思いが伝わってきました。
私も先生の質問に対して、はっきり伝わるように答えたいと思いました」
と書いてくださった方もいらっしゃいました。
こんなに嬉しいことはありません。


言葉(文字)は、情報を伝達するための要素としては
視覚(ボディランゲージ等)や聴覚(声の大きさ・トーン等)から入る情報より弱い、
とも言われますが、それでもやっぱり、心に響く言葉や胸に残る言葉はあるのです。

ひと言一言に思いを込めて、大切に紡いでいけるよう
これからも精進してまいります。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-09-03 11:13 | 研修・講演 | Comments(0)