<   2014年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

笑顔パワーに感動

昨日、自宅近くで今年初めてのウグイスの鳴き声を聞きました。
各地でソメイヨシノも咲きはじめ、新年度に合わせたかのような賑わいです。

フィギュアスケート世界選手権に出場していたロシアのユリア・リプニツカヤ選手が
インタビューに答えて「サクラを見たい」と言っていました。
実物のサクラを見たことが無い、と言っていたリプニツカヤ選手。
銀メダルとともに日本の満開のサクラが思い出に刻まれると嬉しいです。


少し前になりますが、バスに乗った時のこと。
乗客が一斉にニコニコ顔になった出来事がありました。

夕方の帰宅ラッシュの時間で、バスはかなり混雑しています。
そこに、小さなお子さんを二人連れたお母さんが乗り込みました。

お決まりのように子どもはぐずり始め、
お母さんがあれやこれやでなだめるのですが、ついに二人揃って泣き出してしまいました。
お母さんと子どもたちの心中を思っていたたまれない気持ちになりましたが、
声が聴こえるだけで姿は見えず、人混みのバスの中どうにもなりません。

ところが。
その親子が降りる段になって、ぱっと雰囲気が変わりました。
3歳前後のお兄ちゃんらしき男の子は、降りるとわかった途端に機嫌が直ったのです。

そして、お母さんに手を引かれながらも、
後ろを振り向いては周囲の誰彼ともなくニコニコともう一方の手を振って
バイバイ、と声をかけながら降りて行ったのです。

私も男の子と目があって、思わずにっこり笑って手を振り、バイバイと返していました。

男の子はバスの後方に乗っていましたから
彼が降りるまでに、手を振り返した人は相当な人数いたはず。

中ほどにいた私は、男の子が自分のそばを歩きだしたところから見ていたのですが、
それまで怒ったような顔をしていた年配のビジネスマンが
ほんの一瞬でとろけるような笑顔に変わった様子は、見ていて愉快なほどでした。


笑顔パワーってすごいですね。
年齢や性別を問わず、周囲の誰もを笑顔に変えてしまいます。

帰り道、バスの車中で見た男の子と周囲の人びとの笑顔あふれる風景を思い出して
ひとりニッコリしてしまいました。


いよいよ3月も今日で終わり、明日から新年度が始まります。

新人の皆さん、新人を迎える先輩・上司の皆さん。
それぞれに緊張や不安を抱えながらの新年度スタートだと思いますが、
笑顔を忘れず、笑顔を大切に、新しい出会いのときを迎えてほしいと願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-31 17:21 | コミュニケーション | Comments(0)

アドラーと慎独

「春に三日の晴れなし」という言葉があります。
だいぶふくらんできた桜のつぼみに、昨日の雨は開花前のひと休みになったでしょうか。
雨上がりの花々の風情もまた春らしく感じます。


毎年、年明けに一年の目標の一つとして読書目標を決めます。
それをさらに月ごとの小目標にするのですが、今のところ見事に未達が続いています。
挽回が難しい状態なので、4月の新年度で仕切り直しと決めました。

それでもボチボチは読み重ねていて、
今年今までのヒットはアルフレッド・アドラーの本に巡り合えたこと、これに尽きます。

ある尊敬する方の書評がいつになく熱くて、とびきりのおススメだったので
仕事帰りに本屋さんで中も確認せずに買い求めたのが「嫌われる勇気」。
ものの見事にはまって一気読みしました。

「嫌われる勇気」を読み始めてすぐに気付いたある事実。

「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」という本を、
ほんの少し前に偶然自分で買ったものの、いつものように積読状態になっていました。

こちらは、本屋さんで中をパラパラめくって、面白そうと思って即買いしたのですが、
アドラーを知っていて買ったわけではありませんでした。
2冊並べるまで全く気付かなかった、なんと間抜けな私。


さて今日の本題。

上記の「100の言葉」の中に出てきた「慎独」という言葉。
初めて知った言葉ですが、ドキッとしました。

儒教の古典「礼記(らいき)」「大学」の中に出てくる、
「君子は必ず其の独りを慎むなり(君子必慎二 其独一 也)」
という言葉が元になっているようです。

その意味について後で色々調べてみて、私なりに
自分一人でいるときでも、誰も見ていない時でも行いを慎み、道を外れず正しいことをする、
というように解釈しました。


まるでガツーンと頭をなぐられたような、大きな衝撃を受けました。

例えば、自分以外の人が周りにいるとき、かろうじて自分を律することができているとしても、
他者がいない時の自分は果たしてどうだろうか。
人目がないときも姿勢を正し、自分を律しているだろうか。

いやいや、とてもそんなことは出来ていない、
と分かっているからこそ、インパクトが大きかったのです。


人目がないとき、他者がいないときにどのように過ごすか。

おそらくというか間違いなくそのことが重要で、
きっと、普段何気ない行いをする中に、そのような考え方や行いが現れてしまうのだろう、
と思いました。

休日やフリータイムに人目を気にせずくつろぐ、そんなリラックスした時間は大切です。
それでも、たとえリラックスタイムであっても人として正しい行いを常に念頭に置いて過ごす、
ということを決して忘れてはいけないのだと改めて自らに言い聞かせたのでした。


ところで、もちろん「慎独」はアドラーの言葉ではありません。

アドラーの言葉は、今まで知っていたことも知らなかったことも全部ひっくるめて
出会えて良かった、と思えるものばかりです。

今までにも感銘を受けた本はたくさんありますが
また一冊、繰り返して何度も読みたい大切な本が出来ました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの気付きに出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-28 09:44 | 日々徒然 | Comments(0)

桜の季節

急に暖かくなって、花々が一気に咲き始めました。春もいよいよ本番ですね。
我が家の庭では、クリスマスローズとヒマラヤユキノシタが競うように並んで咲き、
ライラックもはや1分咲き。
レンギョウやサンシュユといった黄色い花やユキヤナギも満開で、本当に賑やかです。


各地で次々と桜の開花や満開の知らせが出ています。
昨日は、いつもお世話になっているNさんから河津桜の写真が届きました。

写真に写る河津桜は、葉桜ながら夜空とのコントラストが素晴らしく、
花のピンクが鮮やかに浮き上がって見事です。

今年の私、どこかで早咲きの桜に出会わないかな?と思ってきましたが
何故かまだ桜の花を見ていないことに気付きました。

Nさんのおかげで、桜の開花が身近に感じられました。ありがとうございます!!


写真を見た瞬間、思い出したのは以前行ったお花見のこと。

薬局に勤めていると、レセプト業務で月末~月初が忙しいため
よほどタイミングが合わないとお花見に行くきっかけを逃してしまいます。

ある薬局では、すぐ目の前にそれはそれは大きな桜の木があり、
居ながらにしてお花見ができるという有り難い環境でした。
桜が咲くとみんな集まっては写真を撮っていた様に思います。

運良くレセプトが終わりお花見に間に合うと、
職場の仲間と近くの公園に夜桜を見に出かけることもありました。


桜が咲くと毎年必ず思い出すのが、私の尊敬するメンターの言葉です。

桜は、咲きはじめの時期から最後に花が散っていくまで、どの姿も美しい。
満開の桜もいいけれど、散り際の桜もまた美しい、と。

どの桜が好き?と尋ねられて、すぐに答えられなかった当時の私。


例年、河津桜が咲くのを見るのが楽しみだった、いつもよく通る小さな空地は
昨年コンビニに変わってしまい、河津桜もなくなってしまいました。

Nさんのお便りのあと、あの河津桜はどうなったのかなと思い出しました。

いろんなことが思い出される、桜の季節。
今年も素敵な思い出がたくさんできるといいですね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-26 17:59 | 日々徒然 | Comments(0)

コツコツ続けて5000キロ

春一番が吹いたと思ったら、真冬のような寒さに逆戻り。
顔を出したばかりのチューリップの蕾がびっくりしそうです。
春のお天気は気紛れですが、日が長くなり着実に季節が進んでいるのを感じます。


毎日身につけている歩数計。
だいたい2週間ごとにバックアップするのですが、
一昨日パソコンにデータを送った際、久しぶりに地図を見ると・・・
スタートから5000kmの表示あり!!

北海道からスタートして沖縄まで南下して引き返し、今は石川まで進みました。
この地図、都道府県が直線で結ばれていくのですが、
どうやら都道府県庁所在地を結んでいるということに、最近になってようやく気付きました(笑)

毎日特に意識して努力している訳でもないのですが、
コツコツ少しずつの積み重ねが地図上に記されると、なかなか感慨深いものがあります。


これから気候もよくなって、街歩きが楽しみな季節です。

そういえば、桜の開花が各地で報告され始めましたね。
ここ数日、新人研修の準備をしながら、今年はどこで桜を見ることができるかしらん、
と昨年の桜の景色を思い出しています。

研修先で出会う笑顔とそこで感じる景色は、いつも一緒に記憶に刻まれます。

たくさんの新しい笑顔に出会う春は、本当にワクワクでいっぱい。
出会いを重ねて、歩数も重ねて、年内に(地図上の)北海道まで到達したいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-20 17:55 | 日々徒然 | Comments(0)

ユーカリのアロマで花粉対策

昨秋初めて庭に植えたムスカリが咲きはじめました。
同じく初めて植えたクロッカスは、先日の大雪の後からすでに咲いています。
今朝はチューリップの蕾が顔を出していました。
庭の花がだいぶ賑やかになってきました。春本番ももうすぐですね!


先週のこと、いつもお世話になっているNさんからの電話に気付きをたくさんいただきました。

私の担当をしてくださる方は圧倒的に女性が多いのですが、
皆さん共通して、とっても元気な方ばかり。

Nさんも笑顔が素敵な女性で、電話で話しているだけでも元気をもらえます。

嬉しいことにこちらのブログを読んでくださっているとのこと、
私の花粉症との戦い(笑)もご存知でした。


Nさんの職場では、アロマテラピーでユーカリの精油をお使いだそうです。

ユーカリは、花粉症の時期には鼻づまりなどに効くのはもちろんですが、
仕事中の集中力を高めたり、リフレッシュ効果も期待できるので職場にはとてもいいですね。

ユーカリは抗菌・抗ウイルス効果も期待できます。
だいぶ落ち着いてきたようですが、インフルエンザの流行が続いている地域もあります。
この時期にユーカリはもってこいなのです。


アロマテラピーは、植物の力をつかった自然療法です。

花粉症に利用される精油(エッセンシャルオイル)は、
ユーカリ以外にもティートゥリーなどがあります。

室内ではディフューザーを用いる方法が一般的ですが、
寝る前にタオルに一滴垂らして加湿器近くに置くだけで
眠っている間にも香り成分が鼻から吸収されて、鼻づまりを軽くしてくれます。

お風呂に一滴垂らすと、気分もスッキリします。
気に入った香りでリラックス&花粉症対策まで出来れば、言うことなしですね。


Nさんのお話を伺って、その手があった!と喜んだ私。
香りだけでもスーッと気持ちよくなり、とても得した気分です(笑)
Nさん、嬉しいお電話ありがとうございました!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-18 17:20 | 健康 | Comments(0)

レモンマートルでリフレッシュ

春の陽気となった昨日、街中を歩いているとフワッといい香りがしてきました。
辺りを見渡すと、長く続く沈丁花の垣根で白とピンクの花が交互に咲いていました。

真冬の寒気が来たと思えば、翌日には春の陽気・・・と気温の変化が大きいこの頃、
体調管理には十分気を付けましょう。


昨日は気温の上昇に合わせて、花粉の飛散がいよいよ本格的になった様子。
花粉症の症状が一気にあらわれたという方もいらっしゃることでしょう。

私は、起きてすぐから目の痒みを感じ、くしゃみを連発。
例年そうなのですが、花粉が多く飛び始めた最初の日ということで、
目の痒みが強く、顔が一日中腫れぼったく感じられました。


予報通りとはいえ、いざ始まるとちょっと憂鬱な花粉症。
なんとか気分だけでもスッキリさせたくて、朝からいつもとは違うお茶を淹れてみることに。

昨日は、頭を覆うモヤモヤを吹き飛ばすべく、思い切ってカフェイン入りの紅茶を淹れました。
なんとなくですが、シャキッとした気になりました(笑)

今朝は、昨日よりちょっと症状が落ち着いたので、
レモンマートルとジンジャーのハーブティーにしてみました。


レモンマートルは、レモンよりレモンの香りが強いというハーブで、
殺菌・抗菌・抗ウイルス作用等があると言われます。

リラックス効果とリフレッシュ効果で集中力を高めたり、
気持ちを前向きに明るくして、ヤル気が高まるとも言われます。

レモンよりレモンの香りが高いというのは、
レモン系植物特有の柑橘系芳香成分のシトラールが多く含まれるため。
その含有量はレモンが3~10%なのに対し、レモンマートルでは90~98%もあるのだとか。

シトラールがレモンの10倍とも20倍とも言われるレモンマートルの香りは
お茶にしていただくと、本当にスッとさわやかな気分にしてくれて
モチベーションがグッと高まる気がします(笑)

アレルギー抑制作用があるとも言われますので、花粉症にも効くといいなと期待しています。
何はともあれ、スーッといい香りが漂って、それだけで心が安らぎます。


病は気から、とよく言います。

私も花粉症になってからもう随分になりますが、
花粉症だからとウツウツしてばかりもいられません。

マスクやうがい(鼻うがいも!)手洗いでしっかり予防対策するのはもちろんですが、
気持ちの上では何事もないかのように元気いっぱいです。

気分転換をはかるちょっとしたお気に入りをあれこれ用意して
今年も花粉症を気持ちで吹き飛ばして頑張ります!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-13 16:53 | 健康 | Comments(0)

震災から3年・・・3.11に思う

東日本大震災から3年が経ちました。
お亡くなりになられた方々、ご遺族の方々に深くお悔やみを申し上げますとともに、
被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。


3.11。
被災地から離れた場所にいても何かざわざわとした思いが寄せてくる、そんな日です。

あの日あの時、一人で居た私は、あまりの揺れの大きさに驚き
なすすべもなくただ部屋の真ん中に立ちすくんでいました。

何が起こったんだろう? 家族はどうしているだろう?どこに居るだろう?
外に逃げることすら思いつかず、ただそんなことばかりグルグルと思い、
大きな揺れがおさまるまで立ち尽くしていました。

遠い地にいる私でさえ、3年経った今も鮮明に思い出すことができるのです。
被災された方々にとっては、
どれほどつらく大変な3年だったことかと思わずにはいられません。


私はこれからも、私なりにいつものように淡々と生きていくことしかできませんが、
あの大きな震災を決して忘れることなく、
被災地の皆さんに、避難を続けている皆さんに心を寄せ続けていきたいと思います。

コツコツではありますが、一人でも多くの皆さんに笑顔と健康をお届けすることで、
それが廻りまわって被災地の皆さんのお役にたてるように、これからも頑張ります。


被災された方々の健康と一日も早い復興を心から願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて
たくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-11 17:42 | 日々徒然 | Comments(0)

期待以上が感動を呼ぶ

日中の暖かい日差しの一方で、空気はひんやりと冷たく感じられます。
庭の花たちが心なしか元気になってきたように見えて、
なんとなく感じることが多くなった春の気配にワクワクしています。


この数日、感動する場面に重ねて遭遇しました。
反対に、がっかりすることも何度かありました。

両方の出来事が短い期間のうちに繰り返されたためか、
感動というのは期待以上のことが起こった時に生じるものなんだと改めて実感しました。


例えばある日の出来事。
予定がびっしり詰まっていて、一つずつ無駄なく用を済ませようと
前日から、自分の行動予定をしっかりシミュレーションしていました。

ある場所で次の予定に移ろうとしていたら、
お世話になっている担当者さんが、何故か私の行動を察して、
先の手続きを「自分がやっておきますよ」と言ってくれました。

誰かが手伝ってくれるとは露ほども思っていなかったので
私は嬉しくなって、ではお言葉に甘えて、と用事を頼みます。

それだけでも感動に値するのですが、さらにその後があります。

頼んだ用事の続きは、さすがに自分が出向かなければならないので
その連絡を取ってみると・・・
「もう手配ができています。明日以降、時間のある時にいらしてください」
と丁寧に案内されました。

うわ~!です。

実際に頼んだ用事を済ませた上に、その先の手配までやってくれていたのです。
そこまでするか、というまさに期待以上、予想以上の展開に感動して一瞬言葉を失いました。


おもてなしの心、思いやりの心、と繰り返しこの場でも書いてきました。

今回の嬉しい出来事の連続の中で、
相手をどれだけ思うか、思いやるかということは
相手のために自分ができることは何だろう?と常に考え行動する事なんだと
改めて思い知らされた私です。

期待した通り、予想通りであれば、それは満足で終わります。
それ以上の展開に遭遇した時、グッと心が動きます。

すごいな、嬉しいな、ありがとう、と心の底から感謝の気持ちが湧きあがってくる。
そんな経験ができたことを本当に嬉しく思います。


後日、そこまでしてもらっていいいのかしら、と感謝の気持ちを伝えたところ、
「もちろんですよ」と特別なことは何もないというようにニコッと笑って答えてくれた担当者さん。

お仕着せがましいところは皆無の、そのさらりとした反応にまたグッときて、
いつか必ずこの人の役に立ちたい、そのためにももっと頑張ろう、
と思ったのは言うまでもありません。


相手の期待に応えられるか、期待以上のことができるか、
日々試されているのだな、と思います。

私自身、これからもっともっとたくさんの感動をお届けできるよう、
さらに精進しようと思ったこの一週間でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-07 18:02 | 接遇マナー | Comments(0)

偶然が教えてくれること

クロッカスの花が咲き始めました。
昨秋、初めてクロッカスとムスカリの球根を植えたのですが
こんなに早く咲くとは思わなかったので、嬉しいビックリです。
まだ寒い日が続きますが、春は確実にそこまで来ています。


ソチオリンピックの期間中、選手の皆さんの活躍を見ながら、
前回のバンクーバーオリンピックの頃の出来事を思い出すことがありました。

競技の翌日、仕事で会う方々と前日の競技の話題になるわけです。
そのときの会話が、同じ競技を見ているとふと思い出されて、
懐かしいような、なんともいえない感慨深いものがありました。

そんなことを思っていたら、講師の先輩からメールをもらいました。
バンクーバー当時、よくご一緒させていただいた先輩です。
これってやっぱりシンクロだよね、と心の中で思ってしまいました。

メールを読むと、内容がまたまたシンクロしているのです。
私が思っていたことと同じことを、先輩も思い出していた、と。

離れていても、考えること感じることが同じだなんて、本当に不思議です。


先日も、久しぶりに会う友人が
「自分一人では何もできない。全て周囲の人々のおかげだと感謝している」
というような話をしてくれました。

某老舗デパートで、サービス褒賞をもらうほどのサービスの達人です。
言うことが違います。

私も頑張らなくちゃ、と自らにカツを入れて帰った晩、
読んだ本の中に同じような言葉が出てきて、これまたシンクロとビックリしました。


何かに引き寄せられたり、何かに導かれたり。
そこに、今の自分が無意識のうちに求めるものや、自分が学ぶべきことがあるからこそ、
私の前に出会いや出来事として現れてくるのだと思っています。
偶然はただの偶然ではなく、きっと自らが求めているからこその偶然なんだと。

毎日慌ただしく時間が過ぎていきますが、
学びや気付きを得られることの幸せに思いを馳せるこの頃です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-03-05 19:38 | 日々徒然 | Comments(0)