<   2017年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「SMBCマネジメント+」に研修写真が掲載されました

先週は時折聞こえていたセミの鳴き声が、今週は全く聞かれなくなりました。
まだ日中暑い日もありますが、9月も終わりが近づき、
夜には秋の虫の涼しげな鳴き声が聞こえてきます。
季節の変わり目です。体調管理に十分気をつけましょう。


8月の研修といえば、もうずいぶん前のことのような気がします。

クライアント様から、8月初旬に行った研修時の写真掲載について
ご連絡をいただきました。

SMBCコンサルティング株式会社発行
SMBCマネジメント+(プラス)2017年10月号
企業探訪 株式会社パンプキンズコーポレーション

こちらの記事で、
店長会議 プロフェッショナルマナー講座「医療接遇と言葉のおもてなし」
にお招きいただいた際の研修写真が掲載されました。


当日は、ご参加の皆さんが熱心に身を乗り出すようにしてお聞きくださり、
グループワークも笑顔いっぱいに大変盛り上がりました。

各店でコミュニケーションやサービス向上について
真剣に取り組んでいらっしゃる様子が手に取るように伝わってきて、
私自身、大きな刺激をいただきました。

株式会社パンプキンズコーポレーションの皆さん、ご担当のWさん、
本当にありがとうございました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-09-27 13:17 | お知らせ | Comments(0)

マイナビ医療介護のお仕事 連載コラム更新のお知らせ

今年から四季咲きバラを育てていますが、9月始め、夏剪定に初めて挑戦。
新芽が出たり蕾が膨らんだり、その後の成長や変化にワクワクしています。
一番美しいと言われる秋咲きのバラが咲くのが待ち遠しいこの頃です。


「マイナビ医療介護のお仕事」リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報
『セラピストプラス』の連載コラム
『セラピストのためのビジネスマナー』が更新されました。

第12回 「謙譲語」を身につければ患者さん応対にも自信がもてる

どうぞよろしくお願いします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な出会いがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-09-23 17:16 | お知らせ | Comments(0)

TKC出版「メディカルプラクティスニュース2017年10月号」に接遇向上記事掲載

そろそろかな~と思っていたら、今朝のウォーキングでその香りに出会いました。
あたりを見渡しても見つけられなかったのですが、それは紛れもなくキンモクセイの香り。
柿の実が色づき始め、コキアもほんのり赤くなってきて、秋も本番と感じます。


株式会社TKC出版発行の経営情報誌「メディカルプラクティスニュース 2017年10月号」に
接遇向上記事が掲載されました。

メディカルプラクティスニュース 2017年10月号
  「患者さんを迎える笑顔と言葉」

本年4月に続く4回目の本記事では、
気持ちよく患者さんをお迎えするための笑顔や声掛けについて
会話形式で掲載していただきました。
どうぞよろしくお願いします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-09-22 10:54 | お知らせ | Comments(0)

失敗は成功の元

各地に大きな傷跡を残した台風18号が過ぎました。
被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げるとともに
少しでも早くいつもの生活に戻れるよう願っています。


夏剪定を済ませた庭の四季咲きバラでは
新芽の先に蕾が見えはじめました。
早いものは、すでに5mmくらいに膨らんだものもあり、開花が楽しみです。

夏剪定は初めてだったので、ちゃんと芽がでてくるかドキドキしました。
次々に新芽が伸びてくれて、たったそれだけのことですがホッとしています。


新しいことにチャレンジすると
結果がイメージ出来ないことが多いので心配や不安が募ります。

でも、初回がたとえ失敗経験だったとしても、
2回目の挑戦では、ほんの少し経験値が増えた分、落ち着いて対応でき、
その繰り返しで、少しずつ成長していけるのだと思います。

自分の身に起こることに、無駄なことは一つもなく、
どこかに前に向かうヒントが隠れていて、何かと何かがリンクしています。
大切なのは、そのことに気付けるかどうかなのでしょう。


そんなことを、台風一過のトラブル続きの中で考えました。

台風18号で大きな被害が出た地域の皆さんを思うと
あまりに小さなことで申し訳ないのですが
我が家では、庭のつるバラの枝が折れたり倒れたりしました。

過昇温対策をすっかり忘れていて
ようやく大きくなってきたメダカと、同じ容器にいたヌマエビが
高温で一気にやられてしまいました。

どれもこれも油断が原因と反省しきりですが、
この経験は必ず今後に役立ちます(役立てます)。


失敗は成功の元。
失敗の数だけ、成長することができます。
そう信じて、また一歩、前進したいと思います。

なかなか前に踏み出せないあなたにも、チャンスは必ずやってきます。
勇気を出して、一歩前に踏み出してみませんか。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-09-20 17:34 | 日々徒然 | Comments(0)

簡単な敬語のレッスン~テロップで学ぶ言葉遣い

はや9月も半ば。大型の台風18号の動きが気になります。
両親の畑では、クリの収穫が最盛期。
数年前に植えたポロタンという栗が、ようやくたくさん採れるようになりました。
渋皮までぽろっと皮がむけるポロタン、手間要らずの上に美味しいです。


先日、テレビのニュースを見ていたときのこと。

インタビューを受けた人が
「もうちょい○○したかった」というように話していましたが、
テロップでは「もうちょっと」に変わっていました。

多くのテレビ画面で、話し言葉が文字で表示されていますが、
誰にでもわかる丁寧な言葉に置き換えられていることに気付きます。


テロップについては、全てが話し言葉の通りに表示されるのではないからこそ
表示される文字に注意を向けると、新しい発見もあります。

適切な言葉や言い回しに変えてテロップが出ることも度々で、
「~いただく」が「~もらう」に直されていたり、
「ら」抜き言葉や「さ」入れ言葉などが直されているケースもあります。

敬語表現を始めとして、さまざまな表現が適切な言葉に置き換えて表示されるので
テレビを見て楽しみながら、言葉遣いの勉強にもなるのです。


コミュニケーション力を高めるためには、
話す力と聞く力の両方が必要です。

そして、話す力については、
言いたいことをわかりやすい表現で話すことと、
相手が聞き取りやすい話し方をすることが大切です。

普段何気なく見ているテレビですが、
そこに映し出されるテロップに、ほんのちょっと意識をむけるだけで
気軽にわかりやすい言葉遣いを学ぶことができます。

敬語や言葉遣いが苦手だと思う人は、是非試してみてくださいね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-09-16 12:03 | 接遇マナー | Comments(0)

マイナビ医療介護のお仕事 連載コラム更新のお知らせ

オミナエシやハギなど秋の花が彩り豊かに咲いています。
ヒガンバナの芽も一斉に出てきました。
気温が一気に10月に進んだかと思えば8月に戻ったりと大きく変化していますが
植物たちがちゃんと時季を分かって成長していることに感心しています。


「マイナビ医療介護のお仕事」リハビリテーション・セラピストのお役立ち情報
『セラピストプラス』の連載コラム
『セラピストのためのビジネスマナー』が更新されました。

第11回  実は間違い! 一般化してしまっている「NG敬語」

どうぞよろしくお願いします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な出会いがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-09-08 10:20 | お知らせ | Comments(0)

マイナビ薬剤師 連載コラム更新のお知らせ

春先に新苗で購入した四季咲きバラがだいぶ育ってきました。
今までは、苗を育てるために蕾が付くと取っていたのですが、
株も大きくなってきたので、この秋には初めての花が見られそうです。
夏剪定を終えて、あとは花を待つばかり。ワクワクがいっぱいの秋になりそうです。


今月もマイナビ薬剤師 薬剤師のための情報コラム「薬+読(やくよみ)」
連載コラム「薬剤師の接遇・マナー」が更新されました。

92回目のテーマはQ92 「お渡し済みの薬の返金を求められたら」です。
是非ご覧ください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-09-05 14:46 | お知らせ | Comments(0)

敬意はある?ない?? 職場で「了解」を使っていませんか?

台風15号が去り、9月の声とともに本格的な秋を感じるこの頃。
朝晩の気温も一気に下がって、暑い・寝苦しいなどと感じていた先週のことが嘘のよう。
こんなに急激に季節ががらりと変わって、とても驚いています。
衣替えはまだ先と思っていましたが、少し早めた方がよさそうです。


前回、前々回と大名言葉と言われる言葉について書きました。

今回は、「ご苦労様」や「なるほど」と同じように、
医療の現場でもよく使われている「了解」について書いてみます。


研修先の医療機関で施設内をご案内いただいたり、
現場調査のために施設内を歩いている時、
「了解!」「了解です」「了解しました」
などの言葉が聞こえてくることがあります。

多くはスタッフ同士の会話ですが、
この「了解」も大名言葉、
すなわち目上の人が目下の人に使う言葉と言われていますから
注意が必要です。


「了解」という言葉は、
漢字の並びからしてなんとなく敬語のように感じる人もいるかもしれませんが、
敬語表現ではありません。

ビジネスマナーでは、「了解」の代わりとして、
「承りました」「承知しました」「承知いたしました」「かしこまりました」
を使います。

これらの言葉は、慣れないととっさに出てこなかったり、言いにくい言葉でもあるので
日頃から意識して使って、緊張せずに言えるよう慣れておくといいでしょう。


例えば、
上司から「○○をお願いします」と仕事を頼まれた時、
同僚から「明日の会議、○時に集合です」と予定を確認された時、
部下から「○○終わりました」と業務報告を受けた時。

あなたはどのような返事をしていますか。

もし「了解です」「了解!」というように答えている場合は
「了解」という返事が習慣になっている可能性がありそうです。


同等の立場の人や目下の人に対して使う場合は問題ないのですが、
私の研修では、できるだけそれも控えるようにお伝えしています。

医療機関では、患者さんやご家族のほか、
出入りの業者さんなど大勢の人々が行き来しており、
スタッフ間の会話が外部の人の耳に届くことも十分考えられるためです。


例えば、内線電話。

スタッフ同士が会話して、「了解です」と言う分には問題ないのですが、
それを通りがかりに聞いた患者さんなど外部の人は
電話の相手が誰だか分かりません。

偶然聞こえてきたスタッフの「了解です」を
ぶっきらぼうで乱暴だと感じる人もいるかもしれないのです。

会話の相手のことだけでなく、周囲にまで気を配る。
気にしない人のことではなく、気にする人がいるかもしれないことを意識に留めて
行動することが大切だと思います。


なお、「了解!」ではなく、「了解です」「了解しました」であれば
敬語になっていると思う方もいるかもしれませんが、これも当たりません。

「です」「しました」をつけることで、確かに敬語表現(丁寧語)にはなっていますが、
「了解」には敬意が含まれないため、目上の人には適さないとされています。


また、代わりの言葉として「わかりました」を思い浮かべる人もいるでしょうが、
細かいことを言えば、この言葉も要注意。

「かしこまりました」「承知しました」と言えば
『理解して受ける』『(相手の依頼を)承る』というような意味になりますが、
一方の「わかりました」は「理解しました」の意味です。

こんな人は実際にはいないと思いますが、
「あなたの話しはわかった(けれど、私は受けていません)」
という意味に取ることもできるのです。


前回も書きましたが、
この人なら使ってもいい、この人には使ってはダメ、と考えながら言葉を選ぶより、
普段から敬意をあらわす代わりの言葉を使う習慣をつけていれば、
悩むことも迷うこともないように思います。

状況や相手次第ではありますが、上司や患者さんはもちろんのこと、
重要な仕事を頼まれた時や大切な取引先やお客さまなどには、
「承知しました」「承りました」「かしこまりました」と言えるようになりたいものです。


医療者は、患者さんの命を預かっています。

ささいな感情の行き違いが思わぬところでミスを呼び、
命に関わる重大なエラーにつながらないとも限りません。

何気なく使っている言葉が無意識のうちに相手を不愉快にさせているとしたら、
どんなに小さなことであっても、相手を不信に思わせているとしたら、
信頼関係を築くどころか、信頼関係を壊してしまうことにもなりかねず、
それはとても残念なことです。

気付いた時がチャンスです。
自分がよく使っている言葉を振り返り、
心当たりがあれば、是非、意識を向けてみてください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-09-04 15:09 | 接遇マナー | Comments(0)