タグ:笑顔 ( 160 ) タグの人気記事

白湯を頼んだら・・・

今朝、今年最初のバラが咲きました。
白い花を楽しませてくれたコブシはいつしか葉っぱが茂って緑いっぱいになり、
ソメイヨシノも葉桜になり、いよいよ新緑の季節です。
新芽に日が差してキラキラ輝く様子にワクワクの毎日です。


先日、久しぶりに母と買い物に出かけました。
帰り道に立ち寄った喫茶店での出来事。

昼食後だったのですが、薬を飲むのを忘れていた母のために白湯を頼みました。
呼び出しボタンを押すと、すぐに「研修」と書かれた名札をつけた女性がやってきました。

「薬を飲みたいので、白湯をいただけませんか」と私が言うと、
「かしこまりました」とにっこり微笑んで引き返しました。

少しして、その彼女が何も持たずに戻ってきました。
私の目をしっかり見て、
「白湯はご用意できるのですが、熱々でお持ちして大丈夫ですか。
お薬を飲むとおっしゃったので、少しぬるめがいいかなと思ったのですが。
どんな温度でも調整はできます。どうしましょうか」
と尋ねるのです。

驚きました。
母も「そこまで気をつかってくれて・・・」と嬉しいやら恐縮するやら。
「熱々で」とお願いすると、まもなく熱々のお湯を持ってきてくれました。


細やかな対応がとても嬉しかったので会計時にお礼を伝えよう、と思っていたら、
レジにいたのが、ちょうどその彼女でした。

「さっきは白湯をありがとう。細かいところまで気をつかってくれて嬉しかったです」
と伝えたところ、ニコニコ笑顔でさらに気遣いの言葉が続きました。

「いえいえ、何でもないことです。
ただ、お湯の温度だけじゃなくて、薬の量はどれくらいあるのか、
錠剤なのか粉薬なのかも聞けばよかったかなぁと思っていて。
薬がたくさんあるなら、お湯の量もたくさんいるし、粉薬なら、もっと欲しいかも、って。
すぐに飲むなら、熱々だと飲めないし、
でも、あんまり聞きすぎても失礼かと思って
とりあえず温度だけ聞いたのですが、大丈夫でしたか?」


研修中にもかかわらず、
「薬を飲みたいから白湯をください」というひと言から
これだけのことを想像して、それを行動に移してくれました。
剤形や量まで考えてくれるなんて、まさに想定外です。

初めて入るお店だったのですが、自宅からは少し離れています。
この彼女のもてなしにすっかり感動してしまって、会計後「また来るね」と言っていました。
後で聞くと、母も同じことを思ったそうです。


4月も半ばになり、新人の皆さんは
新しい環境にもだいぶ慣れてきた頃だと思います。

新人が最初に任されるのは、おそらく単純作業が多いはずですが、
単純作業にも必ず目的があり、頼まれるまでの背景もあります。

単純な内容であっても、そこに至る経緯や目的を考えて工夫を凝らし、提案し、実行する。

指示した以上の仕事をやってもらえると上司も嬉しいものです。
それがたとえ見当はずれの内容だったとしても
自主的に考え工夫して、真剣に仕事に向き合う姿勢は伝わりますから、
上司も「また頼もう」と思うでしょう。


ちょうど新人研修のさなかのことでもあり、
研修中という店員さんの対応に、大きな気付きと感動がありました。

頼んでいないことまで見越して、相手を思って行動してくれると
そこに感動が生まれます。
これが接遇の心、思いやりのあらわし方なんだと改めて学びました。


どうすれば相手が喜ぶか、相手の要望に応えられるか、
ありとあらゆるイメージを総動員して、それを行動に移す。

簡単なようで、かなり難しいことだと思います。
でも、相手を思う気持ちがあれば、少しずつ意識し訓練することで
自然とイメージが浮かぶようになるでしょう。

小さなことの積み重ねが経験になり実績になります。
経験は判断力を高め、そして必ず次の仕事のときに役立ちます。

新人の皆さん、目の前の仕事にがむしゃらに真剣に向き合って
小さなことからでいいので、成果を出し続けてくださいね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-04-15 09:37 | 接遇マナー | Comments(0)

旅先での想定外

こぼれ種から育ったノースポールに、白い花が咲き始めました。
バラも一斉に芽吹き始め、春が近づいていることを実感します。
サギソウの球根を植えようと取り出したら、すでに発芽していてビックリ!
暖かい日差しの中、大慌てで植えつけました。


地方出張に出かけると、近くにある名所旧跡を尋ねるのが楽しみです。

しかし、方向音痴の私のこと、
電車に乗る時も、初めての街を歩く時も
とにかく間違えないようにと慎重に方向を見定めます。

そんな私の危うげな様子が伝わるのでしょうか、
先週は2回(も)、駅員さんが声をかけてくれました。


乗車ホームの番号を見上げて、これで間違いないよね?と
案内板と切符を何度も見返していた時のこと。

ホームにいた若い女性の駅員さんが近づいてきたので
ここぞとばかりに切符を見せると
「このホームですね。5号車ですから、この先でお待ちください」
とにこやかに教えてくれました。


また、小さな駅でロッカーを探していた時、
駅の周りをぐるりと歩いても見つからないので
改札口に戻って駅員さんに尋ねてみました。

これまた若い女性の駅員さんが、改札内にあるロッカーを使うように案内してくれたので、
私は行き先を告げ、辺りの様子を尋ねてみました。
駅員さんは丁寧に説明した後、「いってらっしゃい」と笑顔で送り出してくれました。

数時間後、同じ駅に戻り改札を通ると、
私に気付いた駅員さんが「おかえりなさい。いかがでしたか」とやさしく出迎えてくれました。
隣にいた男性の駅員さんは、不思議そうな顔で見ていました。


一人で考えて間違えるより、先に誰かに聞く。
特に出張先など間違いが許されない行程では、不安があれば、すぐ確認。
幾度も失敗を重ねてきた私の、一番の安心手段です。

でも、尋ねるより先に声を掛けてもらうことも度々。
そんなときは、本当に助かります。

助かるだけでなく、そのひと言に感激します。

質問して答えてくれるのは、ある意味、当然のことと言えますが、
質問しないのに聞きたいことを教えてくれると、そこに感動が生まれます。
想定外のことが起こる時、嬉しい気持ちがグッと強くなるのです。


ささいなことですが、自分がこのような経験をしたあとに
必ず思うことがあります。

自分はできているかな、と。

相手が思っている以上のことを、提供できているだろうか、と。


病院で、薬局で、施設で、患者さんのお宅で、
相手が知りたいことを想像して、自分から声を掛ける。
「何かお困りですか」「お手伝いしましょうか」

そのほんのひと言が、どれほど相手を安心させ、勇気付けることか。

思いやりとは、常に周囲に思いを馳せることなんだと思います。
思いをつかうから、思いやり。

その思いは、つかわなければ相手には伝わらない。
使い方は人それぞれ。
言葉にして伝えたり、表情や態度で伝えたり。


旅先で自分が嬉しいと感じたことを、いつか別の誰かに返せるように、
周囲への思いやりを大切にしたい。
旅先での感動が、次のモチベーションにつながります。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-02-25 21:10 | 日々徒然 | Comments(0)

おかげさまで9年目!

睡蓮鉢に分厚い氷が張り、真冬の寒さが身にしみます。
全国的に大荒れのお天気となった週末、センター試験に臨まれた受験生の皆さんは
次の目標に向かって気持ちを新たにしていることでしょう。
1月もはや半分終わりましたが、引き続き体調管理に気をつけましょう。


今日は弊社の創業記念日です。

ということを、ここで当日に書くのはとても珍しいはず。
例年、過ぎてしまってしばらく経ったころに思い出すのが常でした。

今年、それを当日に認識することができたのは
カレンダーに印をつけておいたから。
ほんの少し、アリの一歩くらい成長したかなと思います。


お陰をもちまして、弊社は9年目に入りました。
これもひとえに皆さんからのご指導とご支援のおかげと
心より深く感謝申し上げます。


この厳寒の時期に、創業したんだなぁ、と懐かしく思い出します。

当時お世話になったKさんには、本当に何から何まで教えていただき、励ましていただき、
道々で交わしたちょっとした会話まで覚えています。

全ての手続きが終わって、「やった~!終わった~!」と万歳して喜んだ私に
Kさんはすかさず、「これからなんですよ」とやさしく諭してくださいました。

あれから8年経ちましたが、ことある毎にKさんの笑顔を思い出し、
「まだまだこれから。もっと頑張ろう」と気合いを入れています。


もう8年、そんな印象です。
あっという間に時間が過ぎ、流れに乗ってここまで来ました。

新しい仕事のお誘いをいただいたら、とにかくやってみる。
おかげで、自分では考えつかないようなこともたくさん経験することができました。

ありがたいことに、この冬は今までになくやることが山積みで、
お正月休みも早々に切り上げ仕事をしています。

仕事の段取りや効率的な時間の使い方を常に意識するようになりました。
創業当時には思いもしなかった自分の姿です。


9年目に向けて、あらためて、
前を向いて挑戦する気持ちを持ち続けたいと
思いを新たにしました。

失敗続きの私の人生ですが、
そのせいか、良くも悪くも失敗を怖がらない度胸が自然と身についたように思います。

どんな挑戦も失敗も、成長するための学びのプロセス。
やりたいこと、やってみたいこと、正しいと信じることに
積極的に熱意を持って挑戦していきたい。

支えてくださる皆さんへの思いやりと
ほんのちょっぴり自分にも思いやりを持って。


これからも一つ一つの仕事に丁寧に心を込めて、
皆さんのお役に立てるよう、皆さんに喜んでいただけるよう、精一杯務めてまいります。
今後ともよろしくお願いいたします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-01-16 11:07 | 日々徒然 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

2017年、お正月三が日は好天に恵まれました。
初詣の帰り道、はやくも蝋梅が満開になっているのを見かけて嬉しくなりました。
これからが寒さの本番。寒さに負けず、笑顔と健康の一年を目指しましょう。


お陰をもちまして、無事に新年を迎えることができました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


毎年、お正月を迎えると目標作りにとりかかります。
今年は気合いが入って、元日早々目標づくり。

まず前年の目標達成をチェックすると、
書き出したことも忘れていたのに思いもよらず達成している目標もあり、
ちょっぴり嬉しくなりました。

欲張らず、でもほんの少し背伸びもしてもっと成長できるように、
今年も一つずつ丁寧に、目の前の仕事に全力投球で前進していきたいです。


皆さんは、今年の目標は決まりましたか?
目標が定まると、自然と意識が向いてモチベーションも高まります。
まだという方は、是非チャレンジを!


本年も全国の皆さんにたくさんの笑顔と健康をお届けできるよう精進してまいります。

皆さんのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げるとともに、
本年も引き続きご指導ご支援の程よろしくお願い申し上げます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい年が、気付きと学びの多い一年になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-01-04 13:02 | ご挨拶 | Comments(0)

本年もありがとうございました!

早いもので、2016年もあと数日となりました。
こんなに寒いのに、庭では数種類のバラが花を咲かせてくれて、嬉しい毎日。
つるバラがメインの庭ですが、四季咲きバラを植えて本当に良かったです。


おかげさまで今年も無事に一年務めることができました。
皆さんから頂きましたご厚情・ご支援に心より御礼申し上げます。


毎年この時期、一年を振り返ると同じことを思うのですが、
今年もまた、新しい出会いがたくさんあり、ワクワクがいっぱいの充実した一年でした。

新しいチャレンジがいくつもあり、本当に学びと刺激にあふれていました。
自分では予想もしなかった展開もあり、
チャンスが巡ってきたら、とにかくチャレンジしてみる!
そんなスタンスであっという間に一年が過ぎたように感じます。


今年も多くの方々に支えられてここまでやってくることができました。
各地で出会った皆さん、お世話になった皆さんに、
そして、いつも陰に日向に応援してくださる皆さんに、
心より深く感謝申し上げます。

本年も一年間本当にありがとうございました。


来る2017年も日本全国の皆さんに笑顔と健康をお届けするため
一つずつのお仕事に心を込めて丁寧に精一杯取り組んでまいります。

来年も引き続き、ご指導ご支援を賜ります様よろしくお願い申し上げます。


皆さん、どうぞよいお年をお迎えください。
また新年にお会いしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい年がたくさんの笑顔あふれる一年になりますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-28 14:22 | ご挨拶 | Comments(0)

研修は「きっかけ」

今朝、冷たい空気のずっと向こうに、真っ白に雪化粧した富士山の頭が見えました。
くっきりと富士山が見えるようになると、冬を実感します。
身近なところでもインフルエンザの話題が増えてきました。
空気が乾燥しています。うがい手洗いを欠かさず、感染予防に努めましょう。


秋の研修が一段落して、各地から研修のご感想やレポートが次々に届いています。
ご参加いただた皆さん、本当にありがとうございます!

嬉しいのは「職場に帰って早速実行します」という皆さんからのお声が多数見られること。
皆さんの明るい笑顔が見えるようです。

研修はきっかけでしかないと思っています。
私の仕事は、変わっていくためのきっかけを提供することです。

研修で得た気付きや学びを現場にどうやって活かしていくのかは、
皆さんのやる気や熱意によるところが大きいです。

「良かった」「よく分かった」で終わりにすることなく、まずは何か一つでも行動してみる。
実際にやってみて、各職場に合う形に変えながら
より良い職場文化を築いていただきたいと願っています。

私自身も、皆さんからもらった刺激や気付きを今後の研修に活かして
もっともっと多くの職場に笑顔とワクワクを届けたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-08 17:32 | 研修・講演 | Comments(0)

ほめ上手を目指して

ケイトウが咲きはじめて、庭が一段と華やかになってきました。
今年はスイレンが絶好調。あちこちの鉢で次々に咲いてくれて途切れることがありません。
サギソウの蕾も嬉しいことにほぼ出揃い、今から開花を待ちこがれています。


ささやかですが、
人のいいところを見つけたら、できるだけそれを言葉にして伝えるように心掛けています。
元々ほめ上手ではないので、そこを意識して訓練しているつもりです。

特に、若い方達のいいところに気付いたら
状況が許す限り、声をかけて「ありがとう」を伝えます。

質問にわかりやすく答えてくれたとき、
書面の文字がきれいだったとき、
笑顔がよかったとき、
私が嬉しいと感じたとき・・・。

すでに遠い昔になってしまいましたが、
若かりし頃、上司や先輩や目上の方からかけてもらったほんのちょっとのほめ言葉が
どれほど励みになり勇気や自信につながったことか。

若者達に自信を持ってもっともっと成長してもらいたいから、
恩返しのつもりで「ありがとう」を伝えていければと思っています。


ほんの先日も、待ち時間に入ったファミレスで
給仕してくれたアルバイトらしい若い女性の対応が良くて感心しました。

この時は、3人でお店に入ったのですが、一人ずつ違うものを複数注文。
その彼女が、運んできた飲み物を何も聞かずにそれぞれの前にサッと置きました。

お客さんは他にも複数いたので、ちゃんと覚えていてさすが!と思い、
「良く覚えているのね、ありがとう」と声を掛けました。

すると、そこで意外な反応が。
「いえいえ、そんな・・・」とはにかみながら、
「私、まだ入ったばかりなんです。
この前も間違えてお出ししてしまって、怒られました」
と給仕の手を止めずにさらりと話してくれたのです。

注文を取る際も、とても気持ちのいい笑顔と受け答えでしたが、
このやり取りから、正直で素直でまっすぐな心のうちまで見えた気がしました。

失敗を糧に日ごと成長している様子が思い浮かんで、とても清々しい気持ちになりました。


自分のトレーニングとはいえ、ほんのちょっとしたことでも、
同じ空間に居合わせるお互いが笑顔になれると嬉しいものです。

若い方達に負けず、私も小さな積み重ねを続けてほめ上手を目指します。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-07-21 16:18 | コミュニケーション | Comments(0)

新しい出会いが思い出させてくれたこと

庭のバラは、ピークを過ぎたものの遅咲きの種類が今もきれいに咲いています。
紫陽花やタチアオイ、ブーゲンビリアも咲いて、春の庭は益々賑やかです。
タチアオイを見ると、何年か前に松本を訪れたときに偶然出会った光景を思い出します。
10種類以上はあったでしょうか、さまざまな色のタチアオイがずらりと並んで咲いていて
それは見事な景色でした。


昨日は、雑誌の編集者さんとの初顔合わせでした。

今まではお電話とメールでのやりとりだったので、初めてお目にかかることになり、
どんな方かな?と想像しながら待ち合わせ場所に向かいました。

電話で受ける声の感じと話し方がとても丁寧で、どことなく緊張感も感じられたので、
若い方かも、と想像していたのですが、大当たり!
社会人2年目というフレッシュな編集者さんでした。


待ち合わせの時間前に指定場所で待機してくださり、笑顔で丁寧に自己紹介。
はにかみながらも、しっかりご自身の担当をアピールしてくださり、
とても好印象のスタート。

お話を進めるうちに、2年目とは思えない洞察力の素晴らしさに気付きました。
丁寧な言葉遣いと、間合いの取り方や復唱・要約する内容とタイミングが絶妙で、
おかげさまでとても気持ち良く話しができ、嬉しい時間となりました。
Iさん、貴重なお時間をどうもありがとうございました!


編集者さんと別れてから、久しぶりに思い出したことがあります。
それは、私がこの仕事を選んだきっかけです。

新しく職場に入ってきた若い人たちに、仕事を教えたりアドバイスをすると、
乾いた土が水をぐんぐん吸い込むように、
情報を次々に吸収して、あっという間に身に付けて成長していく姿を見てきました。

ほんの小さなきっかけでも、そこからまたグンと伸びて、みるみる笑顔が広がっていく。
自信を付けて行動が広がっていく様子を身近に感じるのが好きでした。

自分の色が決まっていない、真っ白な若い方たちとのお仕事は
私自身にも学びや気付きをたくさんもたらしてくれて、それは刺激的な時間の連続です。

講師業を選んでから、すでにかなりの年月が過ぎましたが、
あの頃も今も、心の中は変わっていないのだと確認できた1日でした。


おかげさまで、研修・講演にお招きいただき、各地を訪れる楽しい毎日です。

これからも、お一人おひとりとの出会いを大切に、
皆さんに、小さな成長のきっかけを、一歩前進するためのヒントを
お届けしていきたいと思います。

研修等でお目にかかる機会がありましたら、是非お気軽にお声がけくださいね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-05-28 12:10 | 日々徒然 | Comments(0)

身近にある小さな幸せ

バラの花が見事に咲いて、街歩きがいつになく楽しい季節です。
今年は例年よりバラの開花が早かったようですが、
我が家でも他より少し遅れてようやく全ての種類のバラが咲きました。
シャクナゲやカルミアも咲いて、街が一段と賑やかに感じるこの頃です。


連休が流れるように過ぎていきました。
振り返ると、5月ももう3分の1が終わって、
衣替えもしないままに日焼け対策が必要な陽気になりました。

この頃、ほんのちょっとした嬉しいことがいくつも重なって
とても幸せな気持ちになります。

あとで考えると、なんてことのない小さな出来事なのですが
その一瞬にフワッと優しい気持ちで満たされて
今日もいい日だったなぁと思うのです。


例えば、これは先月のことですが、
研修前に、駅近くのある喫茶店に入りました。

その2週間前にも同じお店に入って、研修先に向かうまでの時間、
予習をして過ごしました。

とても感じのいい、居心地のいいお店だったので、
次も迷わず同じお店に入りました。

20~30分ほどして、お店を出ようとお会計に向かったとき、
店員さんが「先日もいらっしゃいましたよね」と声を掛けてくださったのです。
驚きました。

2回とも朝の時間帯で、お客さんの出入りも多く、
店員さんは皆さん忙しそうに動き回っていました。

それなのに覚えてるなんて!と感激して、
「すごいですね、覚えていてくださったなんて・・・」と言うと
「いえいえ、当てずっぽうです、ハハハ」と明るい笑顔で笑って答えてくれました。

この笑顔が良かった!
あっけらかんと笑いつつ、その実、自信があったのでしょうね。
朝からとても元気が出ました。


そして、これは一昨日のこと。
初めての訪問先へ向かう途中、芝生が広がる公園があったのでふらりと立ち寄った私。

方向音痴というか地図に弱いのに、
新緑が美しい公園の中を歩いて行けば気持ちいいだろうと思ってしまったのです。

なんとなく、公園を横切れば訪問先への近道のような気がしました。
歩きはじめてから、大丈夫かなぁ、と不安が頭に浮かび始めましたが、
時間に余裕もあるし、いざとなったら引き返そう、と言い訳をしながら前進。

でも広い公園のことで、不安は少しずつ大きくなって・・・。
誰かに尋ねようにも、人に出会わないから困ったものです。

そこに、作業服姿の若い男性2人が前方から歩いてきました。
ひとりは電話中だったので、もうひとりの方に「この先は抜けられますか」と尋ねてみました。

すると、私が尋ねた方の男性は知らんぷりで返事無し。
まいったなぁ、と思った矢先、携帯で話していた男性が、わざわざ話を止めて
携帯の通話口を手で押さえ、「大丈夫ですよ、このまま進めば通りに出ます」
とにこやかに教えてくれました。

通話中の電話を遮ってしまった申し訳無さと返事をもらえた嬉しさがごちゃまぜになって、
直ぐに通話に戻って歩きはじめた彼にお礼を言って心からの感謝で頭を下げました。

見かけはとてもいかつい感じで、普段だったら声を掛けるのを躊躇するタイプの方達でしたが
返事をくれた方のすがすがしく丁寧な対応に感動しました。


小さな感動が生まれるとき、そこには予想を上回る喜びや嬉しさがあります。
思っている通りの出来事であれば、感動は生まれません。

でも、自分が思い描いた以上の何かが起きたとき、
こんなことまでしてくれるの?と驚いたり、
思ってたよりずっと良い結果に嬉しくなったりして、
そこに感動するような気がします。


毎日のように、小さな幸せを見つけて、なにげない出来事に感動して、
そのたびに、こんなささいなことで心が動く自分にあきれることもあります。

それでも、こんな毎日を送ることが出来ることを本当にありがたく思うのです。

できるならば、私自身がどこかの誰かに感動してもらえるような仕事をしたい。
心からそう思います。

小さな気付きを見逃さない生き方をしつつ、
いつも支えてくれている大勢の方々の期待を上回るように、
感動を提供できるように、喜んでいただけるように、
これからも一つずつの仕事に丁寧に真剣に取り組んでいきたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-05-12 20:39 | 日々徒然 | Comments(0)

新緑のような第一印象?

暖かい日が続いたと思ったら、今度は真冬の寒さに逆戻り。
三寒四温とも言いますが、まさに気温差が大きく体調管理が難しい時期です。
新年度を前に、忙しくしていらっしゃる方も多いことでしょう。
自分の身体の声をしっかり受けとめ、服装の調節などで体調維持に努めましょう。


最近、グリーンノートという言葉を初めて知りました。
意味もわからないのに、爽やかで、すがすがしいイメージを抱き、
とても素敵な言葉に出会えて嬉しくなりました。

早速調べてみると、グリーンノートとは、
新緑をイメージさせる爽やかな香り、植物の葉や茎などの香りを意味するとわかりました。
ここでいうノートは、香り(香調)のことなんですね。

この言葉を知ったのは、ワサビの成分について読んだのがきっかけでした。
ワサビとカラシは、同じ辛味成分(アリルイソチオシアネート)を含むそうです。
でも、この二つは全く異なる香辛料ですよね。
その違いを出しているのが、ワサビに含まれるグリーンノートという香り成分。
香りの違い?・・・なんだか、きつねにつままれたような気分です。


さて、前置きが長くなりましたが、
この時期、新しい進路に向けて新生活の準備を始めた方もいらっしゃるでしょう。

新しい出会いを前に、十分気を付けたいのが第一印象です。

表情や服装、言葉遣いなど、ほんの小さなことでも
相手にとって良いイメージにつながれば、
その後のコミュニケーションもスムーズに進む可能性大です。

しかし、最初の印象が、もしかして相手の意に沿わないものだったり、
相手にとって気に入らないものであれば、せっかくの出会いも台無しになってしまいます。


新しい環境に馴染むまでは、自分自身も緊張したり不安を抱えたりして
ドキドキ、おどおどしがちですが、実際には相手も同じことを感じているはず。

私たちは、気持ちと行動が一致しない場合、気持ちを行動に合わせようとするそうです。
そこで、緊張や不安を感じているときこそ、まずは行動。

たとえば、勇気を出して自分から笑顔で話しかけてみる。
すると、不安が少しずつやわらぎ、相手の緊張もほぐれて
仲良くなるきっかけが生まれるかもしれません。

グリーンノートとまではいかずとも、
初対面で、新緑のようにさわやかな、やさしい印象を伝えられるように
最初の一歩、ちょっとした行動を大切にしたいですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-09 17:50 | コミュニケーション | Comments(0)