人気ブログランキング |

声が伝えるもの

朝、大きな蝉の声で目が覚めました。
おそらく自室の外壁に蝉が留まっていたのでしょう。
それはもう耳元で鳴いているかと思うくらいに大きな大きな鳴き声で、
蝉も夏の終わりを寂しがっているのかな~なんて思いました。


さて、秋の声とともに、学生さんたちは入学試験や就職試験が目の前に迫ってきて、
いよいよ!という気持ちになってきたことと思います。

私が学生さんや生徒さんの進路指導に携わるようになって数年経ちます。
毎年この時期に会う皆さんには、緊張するであろう面接試験に際して、
笑顔で、大きな声で、飾らないあなたらしい言葉で、自分の思いを伝えてほしい、
と願い、それを伝えています。


そんな中、皆さんから、よくこんな質問を受けます。
「私の敬語、大丈夫ですか?」
「緊張するとよく噛んでしまうのですが、どうすればいいでしょう?」
「勢いあまって、声が裏返ってしまいます。心配です」
などなど。

長年採用に携わってきた経験から言えば、
面接試験で緊張するのは誰しも当たり前のことで(私も緊張します!)
多少敬語に誤りがあっても、話の途中で続けて噛んでしまっても、
はたまた緊張のあまり声が裏返ってしまったとしても、そんなことはあまり気になりません。
大切なのは、誠実さ・一生懸命さなどが伝わってくるかどうか、です。

最低限知っていてほしいマナーとしての敬語を使えているかをチェックはしていますが、
それよりも、挨拶がちゃんと出来ているか、笑顔があるか、というような
もっともっと基本的なところを面接官は見ているものです。


声はたくさんの情報を伝えます。
大きな声・明るい声は元気の良さを伝え、モチベーションの高さのアピールにもなります。
質問に対して「ハイ」と元気よく返事をすることによって、
その人のコミュニケーション力を推し量ることが出来ます。

大きな声で、持っている力を最大限アピールしましょう!
受験生の皆さんのご健闘を心よりお祈りしています!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
by smile_garden | 2011-09-08 22:08 | Comments(0)
<< 心に寄り添う 会話の意味 >>