人気ブログランキング |

新人の頃の思い出(^^)

今日は日本各地で雨が降り、明日は日本海側で再び大雪の予報・・・
積雪の多い地域の皆さんは雪崩や落雪などにくれぐれもご注意くださいね。


おかげさまで昨年から、医療関係の皆さんからのお仕事の依頼がグッと増えました。
本当に嬉しく有難く思っています。

どんなお仕事の場合でも、自分では気付かない部分も含めて
過去の経験は何かしらの役に立つものです。
中でも、私自身の経験そのものを活かせるのが医療機関での研修等のお仕事で、
この巡り合わせと出会いに心から感謝しています。


学生さんの就職活動の報道を見ていると、
ときおり自分の新人の頃がなつかしく思い出されます。
就職活動と言えるほどの活動はしなかったのですけど(^_^;)
生意気にも大きな目標を胸に、病院に就職しました。

覚えることが多くていっぱいいっぱいの毎日、そこに加えて毎週の試験。
アンチョコを作るのが追い付かないくらい、忙しい日々でした(笑)

同期の仲間や先輩たち、ドクターや他科のスタッフさんたちに助けられ、
悔しくて泣けたときには励まされ、力をもらったなぁ。
などなど、カッコ悪いけど、何故だか温かい思い出ばかりです。

当時から好奇心だけは旺盛だったのと、ちょっとした度胸も手伝って、
知識も経験もないのに病院の中を動き回っていました。
そんな私を、ドクターや病棟の婦長さんはじめ多くの方々が
ときに厳しく、ときにやさしく迎え、導いてくれました。

多くの先輩方のおかげで、社会人としての基本を身につけてきました。
薬剤師としてなんとかここまでやってこれたのも、
あの厳しかった新人の頃があったからだと、今はっきり言い切ることが出来ます。


医療機関は、さまざまな技術者の集まりです。
プロとプロがタッグを組んで、患者さんのためにより良い医療の提供を目指す集団です。
そんな中、大切なのはチームワークであり、お互いを敬い尊び高め合う信頼関係でしょう。

どんなに素晴らしい能力を持っていても、優れた実力があっても、
日々の仕事の中でその力を使えなければ、宝の持ち腐れ。

新人の頃は、励まし促してくれる上司や先輩がいますが、
それを過ぎると自分で自分をコントロールしていかなければなりません。
毎日の実践こそが力なり。まさに、自分との闘いです。

自分との闘いとともに、
プロとしてお互いのテクニックを高め合うためのコミュニケーションも求められます。

医療機関にあっては、患者さんにより良い医療を提供するために絶対欠かせないのが
スタッフ間、そして患者さんとのコミュニケーションです。
患者さんが求める安心・安全をお届けするために、
接遇とコミュニケーションが求められるのです。


私は、医療機関とそれ以外の会社の両方を経験した今だからこそ
わかるようになったこと、見えてきたことがたくさんあります。
一社会人として、身につけたいセルフコントロール。
共通の目標に向かって、医療スタッフが持てる力をすべて出し切るためのコミュニケーション。
患者さんの求めるものを提供するために忘れてはならない、笑顔や挨拶、おもてなしの心。

これからも、医療機関をはじめ、多くの皆さんの笑顔とコミュニケーションづくりの
お役にたてるよう引き続き精進してまいります。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びがありますように。
by smile_garden | 2012-02-07 22:35 | Comments(0)
<< 埼玉で講演 花粉対策(^^) >>