接遇は愛

寒い寒い一日でしたが、それでも今日は啓蟄。
今日はともかく、ここのところ日ごとにメダカもエビも動きが活発になるのがわかり、
それを見ているだけで、春待ち人はワクワクしてきます。


おかげさまで医療機関をはじめとする多くの皆様に
大変ご好評をいただいている接遇マナー研修ですが、
研修しながら、自身も接遇について考える日々が続いています。

接遇の基本となるおもてなしの心や思いやりの心。
この「相手を思いやる心」をより多くの方に、より丁寧に、より深くご理解いただくための
言葉探しを繰り返しています。
もっと分かりやすくお伝えするにはどうすればいいか、いつも新しい表現を求めています。


そんなとき出会った瀬戸内寂聴さんの言葉は、スッと心に入ってきました。
「相手が今何を求めているか、何に苦しんでいるかを想像することが思いやりです。
その思いやりが愛なのです」

ああ、思いやりは愛なんだ。
接遇が思いやりだとすれば、接遇は愛なんだ。
そう思ったら、嬉しくなってきました。


相手を思いやる心を大切に、当たり前のことを当たり前にできるように。
新しい出会いがもたらしてくれる喜びを感謝に変えて、一日一日精一杯生きていきます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も素敵な笑顔に出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2012-03-05 20:51 | Comments(0)
<< バスで出会った思いやりの心 初心にかえる >>