人気ブログランキング |

地産地消のメリット

今年生まれの1年生メダカ。
すっかり大きくなった子もいれば、まだまだ大きくなりきれない子たちまで
色も形も大きさも様々です。
一緒に生まれて一緒に育てても、成長に大きな差があるから不思議です。


地産地消(ちさんちしょう)という言葉、いつしかすっかり市民権を得ましたね。

地域生産地域消費(ちいきせいさん・ちいきしょうひ)の略語で、
「地域で生産された様々な食材をその地域で消費する」という意味で使われています。

元はと言えば、国の政策から始まったもののようですが、
国の方針や基本計画といった難しい話はさておき、
地産地消は私たちにとって良いこと尽くめ。

今日は、そのメリットをまとめてみます。


まず何よりもいいことは、採れたての旬の食材をいち早く手に入れることができる、
ということ。

なんといっても、採れたて・もぎたての野菜や果物の美味しさは格別です。
どんな理由を並べるより、地産地消のメリットとして
どなたにも体感していただけるのではないでしょうか。

旬の食材には、その季節に私たちの身体が求めている栄養素がギュッと詰まっています。
例えば、夏のスイカ。
暑い季節に採れるスイカは、利尿作用がすぐれていて、
体内の水分をすばやく外に出すことにより体温の調整に役立ちます。

地域で生産されたものをその地域で消費するということは、
新鮮な状態で消費者の手に届くということですから
配送等で時間がかかり栄養素や食物酵素が失われることもありません。


次に、地域で採れる食材はその地域に合う働きを持っていること。
それぞれの地域の環境や風土に合った作物がその土地土地に出来るものなので
その地域の人々の身体が必要としているものが含まれています。

寒い地域には身体を温める働きのある食材、
暑い地域には身体を冷やす働きのある食材、というように。

その他、生産者が分かるため安心・安全を感じやすいこと、
生産者とのコミュニケーションにより、食材への興味や知識を得ることができること、
エコの面でも、運送距離が短くなり二酸化炭素の排出が少なくなる、等々。


実は、我が家の近くにも採れたて野菜を販売するショップが次々に出来て
地産地消の高まりを実感しています。

我が家は両親が家庭菜園で野菜等を作っているため、
採れたて野菜の美味しさは体験済み(笑)

地産地消は、今や私たちの身体づくり健康づくりに欠かせないもの。
私たちの生活を豊かなものにするために
地元の食材を日々の暮らしの中に積極的に取り入れましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝をこめて、
明日も新しい学びに出会えますように。
by smile_garden | 2012-09-05 17:58 | Comments(0)
<< メダカのおかげでいいことも(^^) 初めて読むアーユルヴェーダ >>