人気ブログランキング |

観察力を鍛えると・・・

3月になりました~(^^) というだけで、なんだかワクワクしませんか?
新しい出会いの季節、新しい始まりの季節です。
思いっきりワクワクを楽しみましょう!


コミュニケーション上手になるためのポイントの一つに観察力があります。
コミュニケーションしたい相手をよく観察すると、
相手の状況や思いを、その人の表情や行動から推測することができます。

相手の要望をキャッチすることができれば、
うまくコミュニケーションする方法がおのずと見えてくるものです。

コミュニケーション上手の人は、本当に小さな何かしらを見つけることに長けています。
観察しているポイント、知りたいですよね。


観察ポイントは、実は特別なものではありません。
例えば表情。目(視線)の動き、口角の上がり具合、まばたきの回数、など。
話し方では、声のトーン、話すスピード、間合いの取り方、頷きや相づちの回数、などなど。

いつもとちょっと違うな、と思ったら、そこに相手の気持ちの変化が現れていたり、
あるいは、相手からの要望がこめられていたりするのです。

私たちが無意識のうちに行っている様々な動きには、
私たちの感情が反映されています。
そこを見逃さないようにしっかり観察することがコミュニケーションの秘訣になります。


もう一つ、大切な観察ポイントがあります。
相手のいいところを見つけることです。

初めての相手の場合も、いつも一緒に働く仲間の場合も考え方は同じです。
初対面で苦手意識を持ってしまった相手に対しては、
特に、その人のいいところを探す努力をしましょう。

しっかり相手を見て観察しくうちに、自分には無い良い部分が見つかることもあります。
そして、いいところを見つけよう、探そう、という思いは、相手にも伝わります。

観察することでコミュニケーションの糸口を探そう、という思いは、
つまるところ、相手とコミュニケーションしたい、という思いでもあります。

一緒にいい仕事をしたい、お客様の役に立ちたい、そんな思いを持って
お互いにコミュニケーションをとっていくのですから、
それぞれのいいところを認めて、引き出し、高め合っていくことが
結果的にいい仕事につながります。

相手のいいところを探すには、やはり観察力が大切なのです。


観察力を鍛えていくと、自分のこともよく見えてくるようになります。
自分にないものが見えてくるのです。

あの人のいつもニコニコ笑顔でいるところが素敵だな、私も真似してみよう。
先輩のいつも落ち着いた話しぶりはとてもいい感じ。私も先輩みたいになりたいな。

「学ぶ」という言葉は、「真似る」と語源が同じだそうです。
観察力を磨いて、相手のいいところをどんどん自分に取り入れていきましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
ワクワクがたくさんありますように。
by smile_garden | 2013-03-01 09:49 | コミュニケーション | Comments(0)
<< ネガポって? 2冊の金言 >>