人気ブログランキング |

春を感じる出来事

今日は、日差し暖かく風は強く、2月末なのに春嵐?と思ってしまう陽気でした。
明日からいよいよ3月。出会いや別れの季節がもうすぐですね。


ああ、春だなぁ、と感じる出来事は人それぞれだと思いますが、
ここ数日は少なからず誰でも春を感じる機会があったのではないでしょうか。


私の場合、春を思い起こすものは数あれど、先ずはなんといってもフキノトウ。
(まず食べ物が思い浮かぶところがなんとも・・・笑)

あの何とも言えない苦みは決して飛び切り美味しいものとは言い難いのですが、
それでも、ふきのとうの天ぷらを食べると、春だなぁ、と思います。

先日の大雪が消えた後、両親が畑から採ってきたふきのとう。
方々にお裾分けして、残った分が我が家の食卓にも並びました。

今は、ふきのとうが土の上にちょこんと芽を出しているだけの畑ですが、
暖かくなれば、一面ふきの葉っぱが生い茂り、地面は全く見えなくなります。
ふきのとうは新しい生命そのものです。


もう一つ、私が春を感じるのは、庭の睡蓮鉢でメダカの姿を見かけた時。
まさに今朝がそうでした。

冬の間は、日中、それも余程暖かい日でなければ、水面近くに上がってくることが無いため、
ほとんど見かけることがありません。

今年の冬は、睡蓮鉢ごとそっくり雪に埋もれてしまいましたから(それも2回も!)
果たして元気でいてくれるやら・・・と気になっていました。


何しろ、メダカを飼い始めて随分になりますが、
睡蓮鉢の上にこれほどの大雪が積もったのも、
睡蓮鉢そのものが雪で覆われて見えなくなったのも
初めてのこと。

45センチ近い深めの鉢が二つ、鉢の中まで雪でいっぱいになっていて、
いつもの冬のように、表面に氷が張るのとは訳が違います。

さすがにこれでは鉢底に潜んでいても凍えてしまうかも、
と、最悪の事態も覚悟していました。


今朝はいつもより暖かい朝で、何気なく睡蓮鉢の方に目をやると
水面でヒュッっと何かが動いた気配あり。

あ、メダカが生きてる!!!
とすぐに分かったので、急いで鉢に近寄ってみましたが、
メダカたちはすでに隠れて見えませんでした。


屋内でも、ヒーターがない水槽では弱ってしまうメダカがかなり居たので、
例年になく厳しい冬だったように感じます。

それにもかかわらず、外の厳しい環境の中で無事に冬を越してくれたメダカたちに
ご褒美でも授けたい気持ちです(笑)


さて、私の3つめの春は、花粉症です。
今日は今シーズン初めて、目の痒みと鼻・ノドの違和感を同時に感じました。
こればかりは、あ~来ちゃったのね、です。

人それぞれ、いろんな春が待っていることでしょう。
心が温かくなるような、たっぷりの笑顔で春を迎えましょうね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2014-02-28 16:14 | 日々徒然 | Comments(0)
<< 偶然が教えてくれること ソチ五輪にありがとう! >>