街で見かけた向日葵は・・・

台風の行方が気になる8月スタートとなりました。
台風の進路にあたる地域の方々は十分警戒してくださいね。
暑い日が続いていますので、熱中症にも十分気を付けましょう。


昨日、えんじ色のひまわりを初めて見ました。
偶然通りかかった中学校の花壇に咲いていたその花は、
花の大きさといい背の高さといい、間違いなくひまわりなのですが
どう見てもひまわりに見えない、深紅にも見えるえんじ色でした。

通りを歩いていて遠目に認めた途端、なにコレ?と興味深々で、
いざ近づいてみたら、とても高貴な印象の上品なひまわりでした。
まるで造花のような美しさにほんのひと時足を止め、暑さを忘れて見入っていました。


今まで、ひまわりと言えば黄色と思い込んでいた私。
どうにも気になって調べてみると、いやはや、私が知らないだけで、
黄色のほかに、白、レモン色、オレンジ、赤、ココア色と
花の色だけでもすごい種類です。

さらに、これも初めて知ったのですが、
花びらの大きさや中央部分の花びらのつき方など、
見事なまでにいろいろな種類があり、驚きました。


私が花びらと思っていた、ひまわりの外周の部分は舌状花と言うそうで、
雄しべがなく、花びら一枚一枚が独立した花です。

また、種になる花の中央部分は筒状花と呼ばれ、
雄・雌の機能を持ち、咲いた後に種をつけます。

大きな一輪の花だと思っていたひまわりですが、
実際には、形と機能の異なる2種類の小さな花がたくさん集まって
ひとつの形(一輪の花)になっているのですね。


チューリップの品種改良について、テレビのドキュメンタリー番組で見たことがありますが、
ひまわりも品種改良が進んでいることがよく分かりました。

「ゴッホのひまわり」「モネのひまわり」といった種類は
ゴッホやモネの絵に近い形になるように品種改良されたものなのだそうです。

偶然出会ったひまわりのおかげで、また街歩きが楽しみになりました。
いつか、白い花びらのひまわりを見てみたいです。


向日葵と言えば英名「サンフラワー」。
太陽に向かって咲く姿は、真夏にピッタリです。

夏休みの計画を立ててウキウキワクワクしている方も多いことでしょう。
ひまわりのように、元気いっぱいの笑顔を咲かせて楽しみたいですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2014-08-01 11:35 | 日々徒然 | Comments(0)
<< マイナビ薬剤師 連載コラム更新... NECネクサソリューションズ ... >>