知之為知之、不知為不知。是知也

昨日、待ちに待ったメダカの仔魚が生まれました!
今朝は別の種類のメダカで孵化が始まり、メダカの季節もようやく軌道に乗った気がします。
朝のエサ遣りをしながら、卵を抱えている親めだかを見つけるたびに
嬉しくなって朝からテンションが上がるこの頃です。


新人研修がひと段落して、各地から研修後のご報告をいただいています。
新人の皆さんは、社会人2ヶ月目も半分が過ぎましたね。
大型連休で心身ともにリフレッシュしたのち、慣れてきた職場に復帰して、
仕事の楽しさと厳しさを実感する毎日かもしれません。


「論語」の中に、
『子曰、由、誨 女知之乎。知之為知之、不知為不知。是知也。
(子曰く、由、汝に之を知ることを誨えんか(おしえんか)。
これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為す。是れ知るなり。)』
という章句があります。

ここに出てくる「知之為知之、不知為不知。是知也」、
この部分に、私はいつも「そうそう」と強く思うのです。


解釈は人それぞれだと思いますが、
知るということは、知っていることは知っている、知らないことは知らない、と言えること、
というような意味です。

新人の頃は、何から何まで覚えることばかりです。
そして、一度覚えたはずのことも、
いざ行動に移そうと思ったときにすぐに行動できなければ、
覚えたことにはなりません。

知るということは、知っていることと知らないことをよく分かっていることなのです。


少し前にもここで書いたような気がしますが、
新人の皆さんには、知ることに貪欲になって欲しいと願っています。

分からないことを分からないまま、分かったつもりのままにしないで、
とことん興味を持って、分かるまで追求して欲しいと思います。

自分で分かるまで調べるもよし、同僚や上司に相談するもよし、
とにかく分かるまで投げ出さないことです。

知らないことに出会ったならば、新たに学ぶチャンスと前向きに受けとめましょう。
分からないことは決して恥ずかしいことではありません。
これから学びを深めていけばいいのです。


新人研修のときには出来なかったことも、
その中のいくつかはこの1ヶ月で出来るようになっているはず。

分からないことがあるということは、のびしろがあるということです。
学ぶ意欲さえ持ち続ければ、分からないことはいつか必ず分かることに変わります。

知らないことに出会える幸せを存分に味わって、
学ぶことを楽しみながら成長し続けてくださいね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びにたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2015-05-15 17:44 | 日々徒然 | Comments(0)
<< 「拝見」はされるもの? 「薬キャリPlus+」専門家コ... >>