笑顔トレーニングに「あいうべ体操」

今日はひな祭りによく似合う、暖かい日となりました。
朝の気温も少しずつですが日ごとに高くなり、
メダカ達が水面に顔を出してくれる日が増えて嬉しいこの頃です。


猛威を振るったインフルエンザも、ようやくピークを越えたようです。
そのインフルエンザの予防として、今年いろいろなところで目にするのが「あいうべ体操」。

小学校など、組織ぐるみで取り組んでいる地域もあり、
実際にインフルエンザの予防効果が報告されています。
マスコミでもあちこちで取り上げられていますから、ご存知の方も多いことでしょう。


この「あいうべ体操」、実は私は去年のはやい時期からやっていました。
いつからやり始めたのか、確かな記憶はないのですが、
昨年の初夏くらいからだったように思います。

そうなんです。私はインフルエンザ予防のために始めたわけではないのです。
私の目的は、笑顔トレーニングだったのですが、
インフルエンザにも効果があると知り、とても驚いたとともに嬉しくなりました。


笑顔を作る表情筋は、顔の目、口、鼻などを動かす筋肉で、
30種類以上あるそうです。

筋肉ですから、使わないと衰えてしまいます。
笑顔なんて簡単、と思っていても、実際に笑うことをしなくなると
いざというときに笑顔が作れなくなるのです。


私は数年前から、朝の歯磨きや入浴中に、笑顔トレーニングとして
表情筋を鍛えるエクササイズを数種類やっていました。

接遇研修で笑顔についてお話するとき、エクササイズの一部をご紹介することもあります。
ほんの数分のことですし、習慣になってしまうとあっという間です。

そこに、偶然「あいうべ体操」が表情筋を鍛える効果があると知って、
それまでの笑顔トレーニングに追加して取りいれたのが始まりでした。

私の場合、特にタイミングを意識していたわけではないのですが、
入浴中のあいうべ体操は、口の中が乾燥しないのでおススメとも知りました。


「あいうべ体操」のインフルエンザの予防効果は
表情筋と舌筋を鍛えて口呼吸を改善することによります。

口呼吸の改善は、美容にも健康にも役立つということで、まさに一石二鳥、
いえ、それ以上の効果が期待できそうです。


インフルエンザは、感染者数が減少したとはいえ、
乾燥した日が続きますし、まだまだ油断は禁物です。

3月中はうがいや手洗いを始めしっかり予防に努めて、
元気いっぱい、新しい春を迎えましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-03-03 16:42 | 健康 | Comments(0)
<< 新緑のような第一印象? マイナビ薬剤師 連載コラム更新... >>