人気ブログランキング |

身近にある小さな幸せ

バラの花が見事に咲いて、街歩きがいつになく楽しい季節です。
今年は例年よりバラの開花が早かったようですが、
我が家でも他より少し遅れてようやく全ての種類のバラが咲きました。
シャクナゲやカルミアも咲いて、街が一段と賑やかに感じるこの頃です。


連休が流れるように過ぎていきました。
振り返ると、5月ももう3分の1が終わって、
衣替えもしないままに日焼け対策が必要な陽気になりました。

この頃、ほんのちょっとした嬉しいことがいくつも重なって
とても幸せな気持ちになります。

あとで考えると、なんてことのない小さな出来事なのですが
その一瞬にフワッと優しい気持ちで満たされて
今日もいい日だったなぁと思うのです。


例えば、これは先月のことですが、
研修前に、駅近くのある喫茶店に入りました。

その2週間前にも同じお店に入って、研修先に向かうまでの時間、
予習をして過ごしました。

とても感じのいい、居心地のいいお店だったので、
次も迷わず同じお店に入りました。

20~30分ほどして、お店を出ようとお会計に向かったとき、
店員さんが「先日もいらっしゃいましたよね」と声を掛けてくださったのです。
驚きました。

2回とも朝の時間帯で、お客さんの出入りも多く、
店員さんは皆さん忙しそうに動き回っていました。

それなのに覚えてるなんて!と感激して、
「すごいですね、覚えていてくださったなんて・・・」と言うと
「いえいえ、当てずっぽうです、ハハハ」と明るい笑顔で笑って答えてくれました。

この笑顔が良かった!
あっけらかんと笑いつつ、その実、自信があったのでしょうね。
朝からとても元気が出ました。


そして、これは一昨日のこと。
初めての訪問先へ向かう途中、芝生が広がる公園があったのでふらりと立ち寄った私。

方向音痴というか地図に弱いのに、
新緑が美しい公園の中を歩いて行けば気持ちいいだろうと思ってしまったのです。

なんとなく、公園を横切れば訪問先への近道のような気がしました。
歩きはじめてから、大丈夫かなぁ、と不安が頭に浮かび始めましたが、
時間に余裕もあるし、いざとなったら引き返そう、と言い訳をしながら前進。

でも広い公園のことで、不安は少しずつ大きくなって・・・。
誰かに尋ねようにも、人に出会わないから困ったものです。

そこに、作業服姿の若い男性2人が前方から歩いてきました。
ひとりは電話中だったので、もうひとりの方に「この先は抜けられますか」と尋ねてみました。

すると、私が尋ねた方の男性は知らんぷりで返事無し。
まいったなぁ、と思った矢先、携帯で話していた男性が、わざわざ話を止めて
携帯の通話口を手で押さえ、「大丈夫ですよ、このまま進めば通りに出ます」
とにこやかに教えてくれました。

通話中の電話を遮ってしまった申し訳無さと返事をもらえた嬉しさがごちゃまぜになって、
直ぐに通話に戻って歩きはじめた彼にお礼を言って心からの感謝で頭を下げました。

見かけはとてもいかつい感じで、普段だったら声を掛けるのを躊躇するタイプの方達でしたが
返事をくれた方のすがすがしく丁寧な対応に感動しました。


小さな感動が生まれるとき、そこには予想を上回る喜びや嬉しさがあります。
思っている通りの出来事であれば、感動は生まれません。

でも、自分が思い描いた以上の何かが起きたとき、
こんなことまでしてくれるの?と驚いたり、
思ってたよりずっと良い結果に嬉しくなったりして、
そこに感動するような気がします。


毎日のように、小さな幸せを見つけて、なにげない出来事に感動して、
そのたびに、こんなささいなことで心が動く自分にあきれることもあります。

それでも、こんな毎日を送ることが出来ることを本当にありがたく思うのです。

できるならば、私自身がどこかの誰かに感動してもらえるような仕事をしたい。
心からそう思います。

小さな気付きを見逃さない生き方をしつつ、
いつも支えてくれている大勢の方々の期待を上回るように、
感動を提供できるように、喜んでいただけるように、
これからも一つずつの仕事に丁寧に真剣に取り組んでいきたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2016-05-12 20:39 | 日々徒然 | Comments(0)
<< 熱帯スイレンの植え替え マイナビ薬剤師 連載コラム更新... >>