夏バテを予防するちょっとした習慣

大雨、猛暑の次は台風12号・・・いつもと違う台風の動きが気になります。
最新の情報を見て、早めの対策を心がけましょう。
雨降りの今朝、庭で黄色いハイビスカスが咲きました。
レモンイエローの小ぶりな花が涼しげです。


台風の影響で、ひところの猛暑も一休みといったところですが、
台風が過ぎた後はまた暑さが戻ってきそうです。

おかげさまで、暑い暑いと言いつつも体調はすこぶる良好。
夏バテも知らずに動き回っています。

しかし、周囲を見渡すと、疲れが抜けない、熟睡できない、
といった夏バテかもしれない症状を訴える人もちらほら。

今年の夏は特に暑さが厳しく、室内外の温度差が大きいため
体力を消耗して不調を感じる人が少なくないのだと思います。


夏バテを予防するポイントは、「食事」「睡眠」「運動」。
そう、ごくごく当たり前の健康づくりのポイントですね。

とはいえ、夏を乗り切るには、いつもと違うちょっとした工夫も大切。

・冷たいものを摂り過ぎない
 暑いからといって冷たい飲み物を一気にがぶ飲みすると
 胃腸に負担がかかり、ますます体力を消耗してしまうため要注意!

・短くてもいいので、熟睡できる時間を確保する
 エアコンの適度な利用はもちろんのこと、
 寝る前に軽いストレッチをしたりぬるめのお風呂に入ったりして
 体温を上げておくと、入眠がスムーズになります。 

・軽い運動を取り入れる
 どうしてもエアコンの中で過ごす時間が長くなるため、血流が滞りがち。
 血行を良くするために適度に身体を動かしましょう。
 デスクワークの合間に背伸びや深呼吸するだけでも効果があります。

疲れない身体づくりのためのコツは、他にもたくさんあります。
日々の習慣を工夫して、疲れを持ち越さないように気を付けたいですね。


長期予報では、9月くらいまで平年より高めの気温が続きそうです。
日頃の生活習慣を見直し、夏バテ知らずで夏を乗り切りましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


[PR]
by smile_garden | 2018-07-28 11:36 | 健康 | Comments(0)
<< 久しぶりのジャム作り 考え方や価値観の違いを受けいれる >>