首都圏外郭放水路の見学

お盆休みを取って、昨日今日から仕事に復帰という方も多いと思います。
今年のお盆休みの期間は各地荒れ模様のお天気でしたが、
お盆の期間が過ぎたとたん、秋の気配が漂いはじめました。
猛暑が続いた後のさらりと乾いた風がとても心地よいです。


夏休み中、首都圏外郭放水路の見学に行ってきました。

テレビの報道等で度々目にして、
いつか行ってみたいと思っていました。

なんといっても、地下約50メートルです。
地上の気温が30度を超えていても、地下は19度。

出かけた日も快晴の真夏日でしたが、
連日の猛暑から、ほんの一瞬でも解放されるのを楽しみにしていました。


実際の地下放水路は、テレビで見るよりずっと大きく広く感じました。

階段を使って地下に降りていく途中、
少しずつ気温が下がっていくのが分かり、
ひんやりして気持ちよかったです。

寒いかもと念のために上着を持っていきましたが
こればかりは杞憂でした。


地下神殿と名付けられた放水路ですが、
実際に稼働すると、水とともに砂や泥が運ばれて
地下に貯まっていくそうです。

その砂や泥を、ブルドーザーと人の手で外に運び出すと知り、
一番驚きました。


夏休み期間中だったこともあり、
家族連れの見学者が大勢いました。

世界最大級の地下放水路。
稼働後は流域の浸水被害が減っているそうで、
近頃の台風や大雨被害を思い出して心強く思いました。

ご興味ある方、一見の価値ありです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-08-17 15:34 | 日々徒然 | Comments(0)
<< トックリバチの巣 マイナビコメディカル「セラピス... >>