言葉以上に表情に気を付ける

暑かった夏はどこへやら、人も自然もすっかり秋の装いになりました。
栗の収穫が続き、はやくも柿が色づきはじめ。
例年より季節が進むのが早く感じられます。
気温差が大きいこの頃、体調を崩さないように気を付けましょう。


先日テレビを見ていて、アナウンサーの女性の表情に目が留まりました。

とてもきれいな顔立ちの若い女性なのですが、
言ってみれば、表情が無機質。
言葉遣いは丁寧なのに、表情に動きがないのです。

新人の方なのかもしれませんが、
ほんのちょっと笑顔があれば、うんと素敵になるのに、
ああ、もったいないなぁ・・・と強く思いました。


私たちは、自分の思いや情報を相手に伝えるとき、
その多くを言葉で伝えようとします。

でも実際には、言葉以外の何かしらで伝わることがとても多いのです。
非言語コミュニケーション、と言われるものですね。


表情はその一つ。
どんなに丁寧な話し方をしても、丁寧な言葉を使っても、
表情が伴わないと、その内容は思った通りに伝わらないことがあります。

とてもいい話をしていても、
にこりともしない硬い表情をしていたら
せっかくのいい話が耳に入って来ないかもしれません。

先日の私がそうでした。
美しいけれど温もりが感じられない表情に気を取られてしまい、
女性アナウンサーが何を話していたのか、まるで覚えていません。


身振り手振り、身だしなみ、声のトーンや話すスピード。
これらも同じように周辺言語と言われるものですが、
表情は、多くの人にとって最初に目に入ることでもあるので
その影響が大きいように感じます。

また、自分では笑っているつもりかもしれませんが、
相手には硬い表情、無表情と映ってしまうこともあります。

どのように受けとめるか、感じるかは、受け手が決めること。
だからこそ、受け入れてもらえるように表情にも気をつけることが大切です。


「人の振り見て我が振り直せ」と言いますが、
アナウンサーの表情を見て、私は大丈夫かしらと思わず反省。

いつも研修等でお話ししていますが、
私は今も、笑顔トレーニングを毎日続けています。

これからも自信をもって皆さんの前に立てるよう
しっかり鍛えて表情そして笑顔に磨きをかけたいと
気持ちを新たにする機会になりました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


[PR]
by smile_garden | 2018-09-21 17:47 | コミュニケーション | Comments(0)
<< 全国消防協会発行「週間情報」に... 大垣消防組合 救急研修会 >>