2013年 06月 12日 ( 1 )

自己表現欲求を満たす

ようやく梅雨らしいお天気になってきました。
水不足になっても困るので、ほどほどの雨はやはり必要ですね。
とはいえ、もう台風の季節でもあります。体調管理には十分気を付けましょう。


先日の研修中に聞こえてきたお話。
「相手の話をただ聞いていただけなのに、すごく喜んでもらえた。
話を聞くことでこんなに喜んでもらえるなら、もっとちゃんと聞いてもいいかなと思った」
というようなお話でした。

私たちは、誰もが「認めてほしい」と心の中で思っています。
自分で自覚していようが、いなかろうが、です。

認めてほしい、と思っている相手を「認める」方法はいろいろあります。
その中で、てっとりばやく誰にでもできるのが「聴く」ことです。


私たちは自己表現欲求を持っています。
もっと話したい、という気持ち。もっと私の話を聞いてほしい、という気持ちです。

この欲求を満たしてくれる相手に出会うと、本当に嬉しくなります。
話す機会をもらえると嬉しいし、
話を聞いてくれる相手がみつかるとその相手に好感を持ったりします。


「ただ話を聞くだけ」なのですが、
簡単なようでいて、実は難しいのが現代の私たちの生きている世の中です。

みんな忙しい。みんな自分のことで精一杯。
人の話を聞いている暇があれば、自分のことをやりたい。
人の、自分とは関係ない話なんて、聞くだけ時間の無駄・・・などなど。

時間には限りがあります。誰だって、自分の時間を大切にしたいですよね。
だからこそ、自分の大切な時間を、目の前の誰かのために使うのです。

人の話を聞く。
それは、ただ聞くということではなく、
相手のために自分の時間と相手を思いやる気持ちをプレゼントすることでもあるのです。


話を聞いてほしいと思っている時に、聞いてくれる相手がみつかると嬉しいものです。
話をするチャンスが巡ってきた、それだけでウキウキします。

梅雨空のもと、室内にこもりがちなこの時期を楽しく過ごすためにも
身近な人の話を、いつもよりほんのちょっとでも
意識して真剣に聴いてみてはいかがでしょうか。

しっかり相手に向き合って、目を見て、うなずきや相づちを入れながら聞くと
相手も嬉しくなって、話が盛り上がると思います。
お互いがなんとなくいい気分になれたら、それだけでもハッピーですね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-06-12 09:48 | コミュニケーション | Comments(0)