2013年 08月 05日 ( 1 )

夏バテしたときの食事のポイント

8月になったと思ったら、もう5日です。お盆休みも間近ですね。
今週は、西日本・東日本に猛暑の予想が発表されています。
熱中症に加えて、夏休み中の海・川での水の事故にも十分気を付けましょう。


猛暑続きの今年の夏、すでに夏バテ気味という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
暑い夏を元気に乗り切るために、気を付けたいのは食事・睡眠・入浴です。


中でも、身体を作る基本となる食事は重要です。

暑さで身体がまいってしまったとき、食欲がなくなることがあります。
暑いからと冷たいものを飲み過ぎたり食べ過ぎたりしても、
胃腸が弱ってしまい、食欲が落ちてしまうことがあります。

そんなときは、食事の「量」より「質」にこだわりましょう。
たくさん食べようと思わずに、身体が求めているものを少しずつでも摂ることが大切です。

汗をかくことが多いこの時期は、ビタミンやミネラルの消耗が激しくなります。
そこで、旬の野菜や果物、乳製品などを積極的にとり入れ、
不足しがちなビタミンやミネラルをたっぷり摂りましょう。

胃腸に負担をかけないように、
消化のよいたんぱく質(卵、肉、魚、牛乳など)を摂ることも大切です。


私はこの時期、ミニトマトをよく食べます。
喉が渇いた時には水分補給に1~2粒つまんでみたり、
食事の前には、サラダと一緒にいただきます。

ビタミン・ミネラルのほかフィトケミカル(リコピン)や食物繊維もたっぷりのミニトマト。
普通のトマトより栄養が豊富とも言われる優れモノです。


これから益々暑さも厳しくなります。
自分の身体の調子は自分にしかわからないもの。
しっかりメンテナンスして、楽しい夏にしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの学びと気付きがありますように。
[PR]
by smile_garden | 2013-08-05 09:34 | 健康 | Comments(0)