人気ブログランキング |

<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「医師協Times」接遇コラム連載スタート!

いよいよ各地で桜が咲き始めましたね。
昨日偶然通りかかった有名な川沿いの桜並木では、
蕾が大きく膨らんで木全体がピンク色に見えました。
この週末は早めのお花見に行かれる方も多そうですね。


この度、ご縁をいただきまして、大阪府医師協同組合様発行の機関紙「医師協Times」にて
医療現場における接遇コラム(全6回)を執筆させていただくことになりました。

その第1回のコラムが4月号に掲載されました。
  笑顔があふれる医療現場づくり
  第1回 今、求められる医療現場での接遇

次回のテーマは「笑顔が患者さんにもたらす影響」です。
どうぞよろしくお願いいたします。


今日ここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2015-03-27 17:48 | お知らせ

マイナビ薬剤師 連載コラム更新のお知らせ

冬の寒さが戻り北風が冷たいここ数日ですが、それでも日差しを浴びれば春の陽気。
庭ではクリスマスローズとヒマラヤユキノシタのピンクの花がたくさん咲き、
ユキヤナギも満開、ライラックの蕾が色づき始めました。
晴れやかな春空のもと、新しい出会いの季節ももうすぐですね。


マイナビ薬剤師 薬剤師のための情報コラム「薬+読(やくよみ)」
連載コラム「薬剤師の接遇・マナー」が更新されました。

36回目のテーマはQ36「薬局オーナーとのコミュニケーション」です。
是非ご覧ください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2015-03-25 17:37 | お知らせ

挨拶に心をこめる

大きな大きなミモザの木に黄色い花がびっしりと咲いていました。
よく通る道すがら見つけた、大好きなミモザの木。
今まで気付かなかったことを残念に思うほど、満開のミモザはきれいでした。
春の新しいお楽しみルートが一つ増えました!


先日立ち寄ったある古本屋さんでのこと。
お客さんが入るたびに、店員さんが「いらっしゃいませ」と声を出すのですが、
3~4人の店員さんの声が飛び交いつつも、なんだかしっくりこないのです。
せっかく大きな声を出しているのに、もったいないことです。

声は出ているのに、なんとなく元気がない覇気がないと感じた、その理由は簡単。
どの店員さんも挨拶の声が低いのです。

おそらく、ただ声を出せばいいと思って挨拶しているのでしょう。
声が単調で、心がこもっていないのが分かります。
言葉だけが機械的に聞こえてしまうのです。

温度が感じられない言葉はまるで意味を成さない記号のよう。
それが幾重にも重なり不協和音のようで、決して居心地が良いとは言えませんでした。


挨拶は、特に理由も何も考えずに行う人も多いことでしょうが、
礼儀として行う、定型的な言葉であっても
そこには、感謝や尊敬の気持ちや親しみや愛情が込められます。

たとえ一瞬のことであっても、しっかりと心を込めて挨拶する。
つまり、無意識に声を出すのではなく、
意識して、相手に自分の思いを届けるつもりで声を出す。

意識して自分の思いを声に乗せるとき、
自然に声のトーンが少し高くなったり、
いつもより少し声が大きくなったり、
声のスピードが丁寧にゆっくりになったり、
あるいは笑顔を伴って挨拶したり、
お辞儀が深くなったりするのだと思います。

仕事の電話に出るとき、大切なお客様の応対をするとき、
少し緊張してかしこまって、声のトーンが高くなったりするのと同じですね。


心を込めて、相手の目を見て挨拶をすれば、おのずと相手も笑顔で挨拶を返すはず。
そうして自然にコミュニケーションが成立します。

挨拶は、人と人とが出会い、気持ちを通わせるコミュニケーションのきっかけの一つ。
一期一会という言葉もありますが、
一回の挨拶にも、相手を思いやる心を込めて、
その一瞬を大切にしたいと思った出来事でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2015-03-20 17:44 | 接遇マナー

バラの誘引に初挑戦!

ほんの数日前にほんのり色付き始めた君子蘭ですが、早くも今朝開花しました。
街を歩けば、黄色い花のレンギョウにサンシュユ、白い花の白木蓮や沈丁花も満開。
庭のチューリップも蕾を付け始め、一気に春めいて嬉しいです。


春が近いことは、メダカの動きを見ているだけでも分かります。
冬の間、動きが緩慢だったメダカ達も
水温が10度を超えることが多いこの頃は、
水槽に人が近づくたびにエサを求めて寄ってきます。

今年は、すべてのメダカの冬越しがうまくいきました。
メダカを飼い始めて初めてのことです。
話こそ出来ませんが、こちらの気持ちが伝わったのかもと嬉しくなります。


そろそろメダカの産卵の準備も始めたいところですが、
先日のお休みはバラの誘引に初チャレンジ。

新しく買い求めたつるバラをガレージのフェンスに誘引したのですが
バラと言えばトゲ。
今まで見るだけだったので、
いざ自分で手入れをする段になってトゲの存在を思い知らされました。

知識としては理解していても、いざ実際にやってみるとその大変さが分かります。
知識と知恵の違い、ですね。
あちこちトゲが刺さって痛い思いをしましたが、
なんとか誘引できてホッとしています。

誘引は1月までに終わらせるのが理想的なのですが、今回は特別。
大きく育った苗を購入したので、これから新芽が伸びて花をつけてくれるのが楽しみです。


一気に春本番の暖かさがやってきて、桜の開花も早まりそうな気がします。
休日のTO DOリストはすでに満載。
仕事もプライベートもますます頑張ります!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
by smile_garden | 2015-03-18 18:07 | 日々徒然

生きている言葉

少しずつ朝晩の冷え込みも緩み、春本番を間近に感じるこの頃です。
今日はこぶしの花が咲いているのを今年初めて見ました。
何年もかかってようやく、こぶし(辛夷)と白木蓮の違いがパッと分かるようになりました!


先日偶然つけたテレビから聞こえてきた言葉に、ちょっと驚きました。

「信じれない~」
と若い女性が言ったのです。

テロップには、親切なことに
「信じられない~」
と出ていました。

ら抜き言葉もここまできたか、と思い、
ほんの少しですが、残念にも感じました。


私は、自分が接遇マナーの講師をしているから、ということとは全く関係なく、
単に私自身の好みで、ら抜き言葉を使わないようにしています。

使わないように意識しているというよりは、
そのような言葉が思い浮かばないので使わない、
ただそれだけのことかもしれません。

ら抜き言葉がいいとか悪いとかは別にして、個人的には、
ら抜きにすることで意味が伝わりにくい場合があるように感じています。

でも、使っている方々はそのような思いを感じないのでしょうから、
余計なお世話ですよね。


話が変わりますが、最近知ったこと。

以前は「的を射る」が正しく「的を得る」が誤りだとされていましたが、
  昨年「的を得る」は誤用ではないことがほぼ確定した
という記事を読んで驚きました。

「的を得る」は間違いだと思い込んできて、使うときには構えていましたから、
こちらはなんだか拍子抜けした気分です。


このような事例に接するたびに、言葉が生き物だということを改めて感じます。

だからこそ、一つずつの言葉に気持ちや思いを込めて、
丁寧に使いたいと思うのです。

研修や講演先で
「久しぶりに『ら抜き』ではない話を聴いて、とても気持ちが良かった」
というご感想をいただくことがあります。
同じ思いで聴いてくださる方がいらっしゃるんだな、と嬉しくなります。

私は言語学者でも何でもありませんから、詳しいことは分かりませんが、
そんな私が願っていること。

聴いてくださる方に伝わりやすい言葉や表現を使って、
もう一つ加えるなら、
自分も相手も心地よいと感じる言葉を使って、
これからも心を込めてお話させていただきたい。

・・・新人研修を控えた季節の独り言でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2015-03-16 17:32 | 日々徒然

3.11、あれから4年

冬の間、土の上にちょこんと芽を出すだけだったチューリップ。
3月になった途端にグングン伸び、あっという間に手のひらほどの高さまで育っています。
不安定なお天気の地域もありますが、季節は着実に進んでいるのですね。


3.11、あれから4年。
時は止まることなく、刻み続けます。

東日本大震災による犠牲者とそのご遺族に心よりお悔やみ申しあげるとともに
被災された方々、今も避難生活を送られている多くの方々にお見舞い申し上げます。


庭の花が蕾をつけた、メダカが元気に冬を越した、
と小さな何でもないことに喜びを感じる日々。

震災が教えてくれた、
いつも当たり前に思っていたことが当たり前にあることの有難み。
日常が変わらずにある有難み。

あの日を忘れることなく、被災地に心を寄せつつ、
目の前のことを精一杯やることが自分にできることだと思っています。


もうすぐ、被災地にも春がきます。
一日も早い被災地の復興を心よりお祈り申し上げます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
タグ:
by smile_garden | 2015-03-11 17:08 | 日々徒然

マイナビ薬剤師 連載コラム更新のお知らせ

庭のヒマラヤユキノシタの蕾がようやくピンクに色づいてきました。
例年より少し遅いような気もしますが、開花が楽しみです。
縁側の君子欄の蕾もほんの少しですが色づき始め、あちらこちらで春の訪れを感じます。


マイナビ薬剤師 薬剤師のための情報コラム「薬+読(やくよみ)」
連載コラム「薬剤師の接遇・マナー」が更新されました。

35回目のテーマはQ35「患者さんとの『つなぎ』の会話」です。
是非ご覧ください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2015-03-11 11:20 | お知らせ

豆乳ヨーグルトがマイブーム

今日は二十四節気の啓蟄。
冬ごもりをしていた虫が穴から出てくる日ということですが、
この数日で庭のメダカ達も朝から姿を見せてくれるようになってきました。
沈丁花が咲き始め、春と冬のせめぎあいも楽しく感じるこの頃です。


今年に入って、我が家でひそかに続いているブームがあります。
それは、豆乳ヨーグルト。

偶然年末に手に取った本に紹介されていて、興味を持ったのが最初ですが、
実際に作ってみたら、信じられないくらいに簡単に自家製豆乳ヨーグルトが出来、
あまりの簡単・手軽さに嬉しくなって、ずっと作り続けています。

その作り方は、成分無調整豆乳に市販のヨーグルトを1割の分量入れて混ぜるだけ。
真冬の寒い時期は、ただ混ぜるだけでは固まらないこともあるので
ヒーターの前に置いて暖めると、あっという間に固まります。

豆乳が原材料なので、牛乳から作る普通のヨーグルトとは味も違い、ちょっとクセがあります。
先日これを食べた弟は「まるで豆腐を食べてるみたい」と言いましたが、
まさにそんな感じかもしれません。


不勉強で大変恥ずかしながら、これも最近偶然知ったのですが、
大豆に含まれるイソフラボンとエクオールについて。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに科学的構造がよく似ているため
女性ホルモンに似た働きをすることは有名です。

大豆イソフラボンを摂取すると、その中に含まれるダイゼインという成分が
エクオール産生菌と呼ばれる腸内細菌によって代謝されることで
スーパーイソフラボン「エクオール」という物質が作られるのだそうです。

そして、この「エクオール」こそが女性ホルモンに似た働きをするとのこと。
・・・そうだったのね。

さらに、「エクオール」を体内で作ることができる人は日本人の約半分といわれているそう。
40~50%の人は大豆イソフラボンを摂取しても「エクオール」にはならず、
大豆イソフラボンのまま吸収されている、というのです。
・・・私はどっち???


以前から、お豆腐は毎日欠かさず何かしらの料理で食べていましたが、
ここのところは、自家製ジャムをのせた豆乳ヨーグルトが食卓の定番になりました。

大豆食品を毎日にように食べている人のエクオール産生率は
50%という結果が出ているそうですが、
果たして私はどちらかな?と興味津々です。


豆乳ヨーグルトを食べ始めたきっかけは、
それなに?おもしろそう!くらいのものでした。

遠い昔、ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作ったり、
いろいろなヨーグルト作りを試してきましたが、
この豆乳ヨーグルトほど簡単なものは今まで無かったように思います。

作って食べてみて美味しかったから続いていますが
当初は健康づくりなどを考えていたわけではなく、
強いて言えば、牛乳より豆乳の方が身体にいいかなくらいの感覚でした。

難しい話はさておき、これで、健康づくりにも役立てば言うことなし。
マイブームがいつまで続くやら分かりませんが、
楽しみながら出来るお手軽健康づくり、最高です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2015-03-06 17:58 | 健康

「Bslink(ビーズリンク)vol.11」にインタビュー記事掲載!

3月です! 少しずつ気温もゆるんで春らしさを感じることが多くなってきました。
少し前までは朝起きても真っ暗だったのに、ここにきてすっかり明るくなりました。
日の出が早くなると、日の光を浴びる時間が増えるわけで、なぜかお得な気がします。
メダカの季節も間近と思うとワクワクです!


お知らせが遅くなりましたが、
2月発行の薬学生・薬剤師応援マガジン「Bslink(ビーズリンク)」に
インタビュー記事が掲載されました。

 「Bslink(ビーズリンク)」vol.11
 医療接遇のプロが語る現場最前線
 生き残るのは「あなたに会いたい」と思われる薬剤師

「Bslink(ビーズリンク)」は薬学生向け就職情報誌です。
全国薬科系大学の就職部、キャリアセンター、学内合同説明会、
全国調剤薬局及びドラッグストア店舗のほか、
株式会社さんぽう主催の合同就職説明会で配布されます。
また、薬剤師・薬学生の皆さんは
薬剤師の新卒求人・転職Bslink【ビーズリンク】からも申し込みできるようです。

これから社会人になる薬学生の皆さん、そして薬剤師の皆さん、
是非ご覧ください。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2015-03-02 11:05 | お知らせ