タグ:メダカ ( 85 ) タグの人気記事

trial and error が大切

雲一つない澄みわたった青空を眺めながら、近くの土手を歩いていたら
トンボを見つけました。秋ですね。
いいお天気につられたのか、季節外れのホテイソウの花も咲きました。
どんどん日が短くなるこの頃、日中の明るい時間を大切に使いたいです。


前回、メダカの冬支度について書きましたが、
今年は大きな気づきがありました。

今までと異なる方法で育てたら、
思いもしないいい結果が得られたこと。

これまでの育て方は、間違っていたのかも、
と今さら思いました。


今回は、趣味のメダカでしたが、
仕事でも同じことなんですよね。

慣れた方法が、最適と思い込んでいるけれど、
実際には、もっといい方法がいくつもあって、
それに気づかないだけなのかも。


できる、できない、ではなく、
やるか、やらないか。

いつもと同じ方法を繰り返すだけじゃなくて、
少しやり方を変えてみる。

ああ、これもPDCAサイクルだ、と気づきました。


メダカを飼い始めて、ちょうど10年。

思うように育てられない、私が求めるメダカが育てられない、
と半ばあきらめの心境で臨んだ今年ですが、
今までと違う育て方をしたことが、いい結果につながりました。

やっぱり大切なのは、trial and error 。
試行錯誤することなんですね。


今までの失敗の積み重ねと、
何年も続けてきたことで身についたちょっとしたコツとが
全て役に立ったのです。

メダカのおかげで、
あれもこれもヤル気が一気に高まりました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**


[PR]
by smile_garden | 2018-10-25 17:38 | 日々徒然 | Comments(0)

秋晴れのもと、メダカの冬越し支度

ツワブキが咲き始めました。
鮮やかな黄色い花が一斉に開いて、庭が一気に明るくなりました。
ダイヤモンドリリーの蕾もたくさん上がってきて、
キラキラ光る花の美しさを想像して、今からワクワクしています。


週末、久しぶりにいいお天気が続いたので
ここぞとばかりに、ため込んでいたあれもこれもを一気に片づけました。

その一つがメダカの冬越しの支度。
ここのところ、急に冷え込んできたので
手遅れにならないようにと、早めの対策。

日当たりのいい場所に移動したり、
寒さよけになる水草を入れたり。
今のうちにやっておけば、後で慌てることもないので安心です。


今年は、今までになく手抜き飼育になりましたが、
猛暑にも負けず(負けた子たちも、例年以上にたくさんいたけれど)
みんな大きく育ってくれました。

一番早く生まれたメダカたちを外鉢から水槽に移したところ、
予想していた以上にきれいな色合いに育っていて感激。

外飼いでは上から見るばかりなので、背中の様子は分かっても
体幹や尾ひれ・胸びれの色や模様がわかりません。

今年は、途中で横見をチェックすることも出来ていなかったので
初めて横から見て、予想以上に美しく育ってくれていて
とても嬉しくなりました。

正直なところ、手抜き飼育で期待を上回る美しいメダカが育ってくれたのは、
心中複雑なのですが、嬉しいことには変わりません。

素直に、笑顔になれる素敵な成果を受けいれて、
この経験を来年以降に活かしていこうと思います。
(つまり、来年も手抜きで大丈夫ということが分かったということですね。)

今年生まれのメダカたちの半数以上は、外飼いのまま冬を越します。
寒さに当たることで、赤いメダカは体色がいっそう濃く美しくなるのですが、
とはいえ、去年のような厳しい寒さにならないことを願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-10-22 17:53 | 日々徒然 | Comments(0)

「月刊CLINICばんぶう」10月号 『接遇再考』第10回掲載

すっかり日が短くなり、四時半起きして歩いていた真夏が遠い昔に感じられます。
畑では栗と入れ違いに柿が採れ始め、橙色の実を見ると秋を実感します。
橙色と言えば、私が大好きな赤いメダカ。
小さいうちは色が薄いのですが、ここにきてだいぶ体色が濃くなってきました。
究極の手抜き飼育にもかかわらず、今年も赤いメダカが育ってくれて嬉しいです。


株式会社日本医療企画発行 「月刊 CLINIC BAMBOO」10月号に
接遇連載の第10回が掲載されました。

『接遇再考』連載第10回
今月のテーマ:「順番の説明」

どうぞよろしくお願いいたします。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-10-03 13:42 | お知らせ | Comments(0)

2月のスイレン

二十四節気の雨水を間近に控える2月半ば、
冬将軍が行ったり来たりで、お天気も目まぐるしく変わっています。
氷点下になる日もありますが、庭のバラは枝にほんのり赤く新芽が顔を出しはじめ
萌芽の季節が間近であることを教えてくれています。


平昌五輪が開幕しました。

普段どちらかというと、あまりテレビを見ない私ですが、
オリンピックの期間だけは特別。
空いた時間を見つけては、テレビでさまざまな競技を見ています。

冬季五輪がやってくると、鮮明に思い出すワンシーンがあります。
出張先で見た、バンクーバー五輪での日本選手のメダル獲得の瞬間です。

今回の五輪も、選手の皆さんがそれぞれの思いを胸に存分に力を発揮して、
納得のいく競技ができるように、心からの声援を送ります。


話が変わりますが、
2月の初めに、とても嬉しいことがありました。

なんと、ベランダで冬越し中のメダカ容器で、温帯スイレンが咲いたのです。

今年はいつになく厳しい冬となりましたが、
メダカの冬越し容器の一つで、温帯スイレンが蕾を付けたまま冬に突入、
もう育つこともないだろうと放置していました。

ところが、朽ちることもなく、すこ~しずつ、本当に少しずつ、
蕾が大きくなって、そのうち蕾に色が付き始めました。

まさかまさかの展開に驚きながら、
本当に咲くかどうか、ギリギリまで疑心暗鬼だったのですが、
見事に白い花を咲かせてくれました。

夏はピンクの花ですが、今回咲いたのは白。
ビニール掛けで温室効果があるとはいえ、さすがに日照不足なのでしょう。

寒い中でも、夏と同じくしっかり3日間咲いて、
真冬のスイレンを楽しむことができました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-02-16 12:37 | 日々徒然 | Comments(0)

失敗は成功の元

各地に大きな傷跡を残した台風18号が過ぎました。
被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げるとともに
少しでも早くいつもの生活に戻れるよう願っています。


夏剪定を済ませた庭の四季咲きバラでは
新芽の先に蕾が見えはじめました。
早いものは、すでに5mmくらいに膨らんだものもあり、開花が楽しみです。

夏剪定は初めてだったので、ちゃんと芽がでてくるかドキドキしました。
次々に新芽が伸びてくれて、たったそれだけのことですがホッとしています。


新しいことにチャレンジすると
結果がイメージ出来ないことが多いので心配や不安が募ります。

でも、初回がたとえ失敗経験だったとしても、
2回目の挑戦では、ほんの少し経験値が増えた分、落ち着いて対応でき、
その繰り返しで、少しずつ成長していけるのだと思います。

自分の身に起こることに、無駄なことは一つもなく、
どこかに前に向かうヒントが隠れていて、何かと何かがリンクしています。
大切なのは、そのことに気付けるかどうかなのでしょう。


そんなことを、台風一過のトラブル続きの中で考えました。

台風18号で大きな被害が出た地域の皆さんを思うと
あまりに小さなことで申し訳ないのですが
我が家では、庭のつるバラの枝が折れたり倒れたりしました。

過昇温対策をすっかり忘れていて
ようやく大きくなってきたメダカと、同じ容器にいたヌマエビが
高温で一気にやられてしまいました。

どれもこれも油断が原因と反省しきりですが、
この経験は必ず今後に役立ちます(役立てます)。


失敗は成功の元。
失敗の数だけ、成長することができます。
そう信じて、また一歩、前進したいと思います。

なかなか前に踏み出せないあなたにも、チャンスは必ずやってきます。
勇気を出して、一歩前に踏み出してみませんか。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-09-20 17:34 | 日々徒然 | Comments(0)

レインボーカラーいろいろ

朝晩すっかり冷え込んできて、今朝は睡蓮鉢に氷が張りました。
さすがに朝、めだか達の姿はほとんど見られません。
街歩きをしていると、玄関に掛けられたリースや庭のライトなどの飾り付けが増えて、
クリスマスらしくなってきました。
12月も半ばを過ぎ、師走のせわしさを実感する毎日です。


街のイルミネーションは、白、青、赤、黄色、緑、ピンク、など色とりどり。
街ごとに色が異なるので、どこに行ってもそれぞれ楽しめます。

我が家の庭にも、小さなガーデンLEDライトを追加しました。
それが、動物の形のLEDライト。
なんと、レインボーカラーのLEDライトです。

レインボーカラーってなんだろう?とよく分からないまま買ってきて、
充電後、点灯したライトを見て納得。

ライトの色が、レインボーカラーに次々と変わるのです。
赤から紫、青、緑、黄色、という具合です。
(思いついたまま書いているので、色の順番はこのとおりではないと思います)

ここまで進化してるんだ~と感動する気持ちと、
リスが七色に光るってどうなの?と思う気持ちが混在していますが
なにはさておき、灯りが増えて庭が少し賑やかになりました。


LEDライトを設置してから数日後のこと。

外出先でアクアコーナーを見かけると、つい寄ってしまうのですが、
その日も例にならって引き寄せられるように熱帯魚コーナーへ。

そこで見た熱帯魚にびっくり。
「カラーブラックテトラ」と名札が付いていて、
ほのかに赤や青や緑色の体色をしています。

わたしの知っている「ブラックテトラ」とは違い、興味深々。
早速そばにいた店員さんに質問したところ、
「人工的に色を付けてあります」とのこと。

今に始まったことではないらしいのですが、なんとも言えない複雑な気持ち。
注射して色素を入れるらしいので、
魚って痛みを感じるのかな?と思ってしまいました。


レインボーカラーいろいろ。
最近感じたレインボーのお話でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-16 16:43 | 日々徒然 | Comments(0)

趣味も選択と集中?

庭のツワブキが満開です。
立冬が過ぎた途端に真冬並みの寒さがやってきて、
季節の変化に見事に対応している二十四節気の正確さに感心します。
木枯らし1号の予報も出ています。暖かくして体調を崩さないよう気をつけましょう。


今年の秋は出張が続いて、
大好きな季節が、あっという間に過ぎていきました。

ここ数日の小春日和でホッとしたのもつかの間、
朝の気温がいよいよ一桁となり、本格的な冬の到来を感じます。

先週末には、メダカの冬支度もほぼ終わり、
続いて、熱帯スイレンや耐寒性の弱い花々も室内に取り込んで、
なんとかギリギリ間に合ったようでホッとしています。


まだ1年を振り返るには早いのですが、
出入りの多い1年だったことから、幅広く手を広げてしまった趣味についても
いろいろ考えました。

世話が十分に出来ないとなれば、成果が上がらないのは当然のこと。
あれもこれもやりたいことには何でもチャレンジして、思う存分楽しんできましたが、
そろそろ選択と集中が必要なようです。

欲張りがすぎるのかもしれませんが、どれも大好きなことばかり。
しっかり目標と計画を立て、それぞれを少しずつでも継続しながら
なおかつ一番楽しめる方法を探っていきたいと思っています。


もちろん、大好きな仕事が第1優先!
年内もまだまだ研修が続きます。
各地で皆さんにお目にかかれるのを楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-11-08 18:04 | 日々徒然 | Comments(0)

めだかにも秋の気配

続々と発生する台風にやきもきしつつも、いつの間にかすっかり秋らしくなり、
こんなにあっさりと夏は終わるものだったのかと妙に名残惜しい気持ちです。
季節の変わり目で気温の変化も大きいため、体調を崩さないよう十分気つけましょう。


慌しく時間が過ぎていき、気付けばもう9月も半ば。
朝晩過ごしやすくなって、ときに肌寒さを感じて驚くことも。
猛暑の日々が嘘のように、虫の音色が涼しげです。

人間が快適だと感じるこの季節、
はたしてメダカ達はどうなのかなぁ、と思うこの頃。
というのも、この1週間くらいで
朝のメダカ達の動きが真夏に比べるとだいぶゆっくりになってきたからです。

採卵が思うように進まなかった系統では、7月末生まれのチビッ子めだかもたくさんいます。
寒くなるまでに、このチビッ子達がせめてなんとか若魚に育ってくれたら・・・
と願っていますが、さてどうなるやら。
エサ遣りのたびに「たくさん食べて大きくな~れ」と唱えるのが習慣になりました。


食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋・・・。
時間を有効利用して、仕事にプライベートに好きなことを思いっきり楽しみたいですね。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-09-14 17:01 | 日々徒然 | Comments(0)

メダカ道は果てしなく・・・

ノウゼンカズラやサルスベリを見ると、真夏になったと感じます。
今年は、バラが終わった後の庭のフェンスでサンパラソルを咲かせてみました。
ジニアやブーゲンビリア、ハイビスカスも咲いて、夏の庭が一段と賑やかです。
今日は七夕。夜空に星が見られるといいですね。


出張続きで6月があっという間に終わり、
7月になったと思ったら、もう3分の1が終わろうとしています。

飼い主不在でもこれまで順調に育ってくれた我が家のメダカたちですが
先日の猛暑日の過昇温でがっくり数が減ってしまいました。

5月で採卵を止めるつもりが、思うように採卵できず6月まで持ち越し、
さらに今回のショックで7月も採卵を続けています。

今年こそ、と意気込んでいたのに、やっぱりうまくいかなくて
私のめだか道、道のりは果てしなく続きます。
秋口には、大きく育った若魚がたくさん泳ぐ姿を見たいものです。


いよいよ台風のシーズンも始まりました。
猛暑もかなわないと思うのですが、
近頃は猛暑と大荒れのお天気がセットになっているようで心配です。

暑い日が続きますので熱中症対策と体調管理をしっかり行いましょう。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-07-07 20:28 | 日々徒然 | Comments(0)

今年のめだかは・・・

梅雨入りして、色々な種類の紫陽花が色鮮やかに咲いています。
庭ではブーゲンビリアも満開。

真夏はまだ先のはずなのに、すでに真夏日が連日記録されています。
この時期は、真夏以上に熱中症になりやすいので、水分補給等十分気を付けましょう。


おかげさまで各地出張に飛びまわり、あっという間に時間が過ぎていきます。
行く先々で新しい出会いがあり、
短い時間であっても、心を通わせて温かい気持ちになるたびに、
この仕事をしていて良かった、と思います。


さて、出張が続くとメダカやバラの世話が行き届かず、
メダカやバラ達に申し訳ない気持ちになることも。

趣味を拡げすぎたかなぁと思うこともあるのですが、
有難いことに、それぞれみんな元気でいてくれて本当に嬉しいです。


今年の我が家のメダカ達はといえば
主人がいい加減な割に、とても頑張って育ってくれています。

暑い日が続いた後など、
出張から帰って、めだかの鉢や水槽を見ると、ホッとします。
無事でいてくれてありがとう、そんな気持ちです。

孵化ケースでは、目が行き届かないまま気付いてみたら
1センチサイズの稚魚が数匹だけになっていることも。
大きく育った稚魚が、チビッ子や生まれたての仔魚を食べてしまうのですね。
そんな状況に出くわすと、がっかりというよりただただ申し訳なくなるのですが
これも自然の出来事、と受け入れるしかありません。


今年は梅雨の雨が少なめとの予報。
そして、この夏は猛暑になりそうとの予報も。

雨降りが少ないのは、メダカ飼育にとっては助かるのですが、
かといって、水不足になっては困ります。

例年シーズンが終わると、今年もうまくいかなかった、と反省するばかり。
今のところ十分とは言えない飼育環境なのですが、
メダカ達には今年こそ、元気に無事にたくさん育って欲しいと願っています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-06-11 21:08 | 日々徒然 | Comments(0)