タグ:気付き ( 225 ) タグの人気記事

ところ変われば・・・マスクを着ける派?着けない派?

4月半ばというのに、牡丹や藤の花が満開です。
今年のチューリップは早咲も遅咲きも一気に咲いたという話も聞きました。
暑くなったり寒くなったりで服装選びが難しい日が続きましたが、
そろそろ春の陽気も落ちついて楽しめそうですね。


長かった花粉シーズンがようやく終わりに近づいてきました。
地域によって違いはあると思いますが、
今年は花粉の量が多くて大変だったという方も多いと思います。

私も例外ではなく、例年よりつらかったです。
食生活など相当気を付けて対策してきたつもりですが、
それも今年はまるで効果を実感できないほどでした。


さて、花粉症のシーズン中、
マスクを着用するという方もいると思います。

そのマスク。
各地に出張して感じるのは、マスク着用にも地域差があるということ。

関東では、インフルエンザ~花粉症の季節は
それこそ、街中を歩く半数以上(あるいはもっと多いかも?)がマスク姿、
ということも珍しくないように感じます。

ところが、同じ時期にもかかわらず、
ほとんどマスク姿を見かけない地域もあります。


不思議に思って尋ねてみると、
よほどのことがないとマスクは着けない、花粉くらいでマスクは着けない、
などの答えが返ってきます。

花粉症のシーズン中、外出時は可能な限りマスクを着けている私は、
着けないという話を聞くたびに感心しました。
着けなくても大丈夫なんだ~とうらやましい気持ちにもなりました。

人それぞれ考え方の違いがはありますし、
花粉の飛散量も地域差があるので一概には言えませんが、
それぞれの土地で積み重ねてきた思考や文化が影響しているように感じています。


あなたはマスクを着ける派?着けない派?

私は花粉の時期はマスクを着けるものと頭から決めつけてきましたが、
案外、自分の思い込みの部分が大きいのかもしれません。
(でも、着けないで外出して、夜眠れないくらい大変になったことも・・・)

当たり前のように行っている自分の行動も、
たまに振り返ってみると、新しい気付きがあって楽しいものです。

なにはともあれ、先週くらいからマスク無しでも大丈夫になってきました。
数か月ぶりのマスク無しの生活、快適です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-04-18 16:49 | 日々徒然 | Comments(0)

今は失敗してもいいとき~新社会人の皆さんへ

先日、出張のチケットを買いにJRの窓口に行くと、
定期券を買う親子がずらりと並んでいました。
入学したばかりの高校生たちの初々しさに、
長い行列に並んだことも忘れて、思わず微笑んでしまいました。


今の時期、どこを歩いていても
新社会人とわかるスーツ姿をよく見かけます。

どこから見ても、誰が見ても、新社会人と分かる期間というのは
案外それほど長くはないうように思います。

大型連休を過ぎるころには、新しい職場にも新生活にも慣れて
自分なりの個性もほんのちょっとずつ出てきて、
4月特有のフレッシュさが自然と薄らいでいくのかもしれません。


毎年書いているような気がしますが、
新社会人の皆さんには、新人と言われる期間は、
とにかく何にでも積極的にチャレンジしてほしいです。

どんなに失敗しても大丈夫、何を質問してもいい、という時期は
「長い人生でも今だけ」と言っても決して言い過ぎではないと思います。

むしろ、どんなことでも興味をもって前向きに取り組み、
分からないことがあれば、どんどん質問する。
そんな姿勢こそがあなたの将来性を豊かにします。

質問することで学びや気づきが増え、先輩や上司との接点が増えます。
お互いの人となりが分かってくると、相談もしやすくなります。

私が質問される立場だとしたら、
質問してくる人に対して「熱心だな」と感じて
時間の許す限り喜んで答え、精一杯応援したくなります。

失敗した人を見たら、「頑張ってるな」と感じて
もっともっと応援したくなります。

これは決して私に限ったことでなく、
多くの先輩や上司の方々が同じような思いを抱いているはずなのです。


新社会人の皆さん、
新しい環境に馴染むまでもう少しかかるかもしれませんが、
分かったふり、分かっているふり、をせずに
どんどん質問して、どんどんチャレンジして
自分の世界を可能性を、もっともっと広げていってくださいね。

応援しています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。


*--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より好評発売中

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2018-04-13 17:55 | 日々徒然 | Comments(0)

この冬一番のお気に入り

いつものウォーキングコースでは落葉樹の葉っぱがほとんど落ちましたが、
垣根などの山茶花がピンクや白の花をびっしり咲かせてにぎやかです。
二十四節気の一つ大雪が過ぎ、北日本や日本海側では記録的な大雪になっています。
インフルエンザも流行が始まっています。体調管理には十分気をつけましょう。


猛烈な寒波で、平年を下回る寒い日が続いている地域が多いようです。
寒がりの私としては、この辺で寒波がおさまってくれることを願うばかり。

例年であれば、防寒のマフラーに手袋に、と完全防備で出かけるところですが、
今年は不思議なことに、今のところまだ少し余裕があります。

これからが寒さの本番とわかっていても、
例年とはちょっと違う、自分の身体の調子に驚いています。


そんな私のこの冬一番のヒットは、湯たんぽ。

足先が冷たくて眠れないので、長年電気毛布と電気あんかを使っていましたが、
肌の乾燥が気になり、この冬、初めて湯たんぽを使い始めました。

きっかけは、偶然見かけたキャビンアテンダントさん達の対談記事。
ファシーの湯たんぽをいつも携帯しているというCAさんが大勢いると知り、
興味を持ちました。


それまで、湯たんぽといえば、昔ながらの金属やプラスチック製の楕円形のものや
充電式のものをイメージしていました。

ところが、ドイツ製の湯たんぽファシーはゴム製で、まるで昔の水枕のよう。
お湯を入れても、ゴム製なのでやわらかく、ふにゃふにゃしています。

カバーのデザインや色が豊富で、選ぶ楽しみもあり、
すっかりお気に入りになりました。


いざ使い始めると、低温やけどに対する注意はもちろん必要ですが、
朝までほどほどの暖かさがキープされるので本当に快適。

去年までの私には信じられないことですが、
今年は電気毛布も電気あんかも使わずに、朝まで気持ちよく眠れます。

さらに、寝ている間の乾燥からも一気に開放され、苦手な冬なのに絶好調。

今のところ、この冬の健康管理には、
この湯たんぽファシーが一役買ってくれていると信じてやまないこの頃です。


余談ですが、湯たんぽを漢字で書くと「湯湯婆」だそうです。
さらにもう一つ、あんかは「行火」と書くそうです。
どちらも初めて知りました。

知らないことが多すぎて恥ずかしいばかりですが、
こういう小さな新しい気付きのおかげで、いつもワクワクでいっぱいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**
[PR]
by smile_garden | 2017-12-14 16:09 | 日々徒然 | Comments(0)

失敗は成功の元

各地に大きな傷跡を残した台風18号が過ぎました。
被害に遭われた方々へ、心よりお見舞い申し上げるとともに
少しでも早くいつもの生活に戻れるよう願っています。


夏剪定を済ませた庭の四季咲きバラでは
新芽の先に蕾が見えはじめました。
早いものは、すでに5mmくらいに膨らんだものもあり、開花が楽しみです。

夏剪定は初めてだったので、ちゃんと芽がでてくるかドキドキしました。
次々に新芽が伸びてくれて、たったそれだけのことですがホッとしています。


新しいことにチャレンジすると
結果がイメージ出来ないことが多いので心配や不安が募ります。

でも、初回がたとえ失敗経験だったとしても、
2回目の挑戦では、ほんの少し経験値が増えた分、落ち着いて対応でき、
その繰り返しで、少しずつ成長していけるのだと思います。

自分の身に起こることに、無駄なことは一つもなく、
どこかに前に向かうヒントが隠れていて、何かと何かがリンクしています。
大切なのは、そのことに気付けるかどうかなのでしょう。


そんなことを、台風一過のトラブル続きの中で考えました。

台風18号で大きな被害が出た地域の皆さんを思うと
あまりに小さなことで申し訳ないのですが
我が家では、庭のつるバラの枝が折れたり倒れたりしました。

過昇温対策をすっかり忘れていて
ようやく大きくなってきたメダカと、同じ容器にいたヌマエビが
高温で一気にやられてしまいました。

どれもこれも油断が原因と反省しきりですが、
この経験は必ず今後に役立ちます(役立てます)。


失敗は成功の元。
失敗の数だけ、成長することができます。
そう信じて、また一歩、前進したいと思います。

なかなか前に踏み出せないあなたにも、チャンスは必ずやってきます。
勇気を出して、一歩前に踏み出してみませんか。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。


**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

「患者さん対応のプロをめざす!  『選ばれる薬剤師』の接遇・マナー」
 同文舘出版より2017年7月19日発売

**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**--**

[PR]
by smile_garden | 2017-09-20 17:34 | 日々徒然 | Comments(0)

花粉症の季節にさようなら

今日から5月。新緑も鮮やかな季節になりました。
4月から新しい生活が始まった方は、そろそろ慣れてくるとともに疲れを感じる頃でしょう。
身体の声をしっかり受けとめてメンテナンスも怠らず、いつも元気いっぱいでいたいですね。


すでに大型連休に入って、お休みを満喫されている方も多いことでしょう。
私の4月は、仕事もプライベートも本当に流れるように過ぎていきました。

そして、嬉しいことといえば、花粉のシーズンがようやく終わりに近づいたこと。
まだ少しは飛散しているかもしれませんが、
個人的には、おかげさまでマスク・メガネ無しでも普通に生活できるようになりました。


今年の花粉シーズンを振り返って、ふと気付いたことがあります。

それは、アレルギーの薬を飲まずに1シーズン無事にクリアしたことです。

シーズン初めは、どうなることかと思いました。
くしゃみや鼻水、そして目のかゆみ。
時に、耳の中まで痒くなる有様で、前途多難と思い憂鬱でした。


数年前の経験以降、仕事モードに入ると
鼻水も目のかゆみもピタッと止まるのは分かっていたので、
気をつけるべきは日常生活の時間でした。

うがい・手洗い・鼻うがいに加えて、
外出時はマスクとメガネも忘れずに着用。

絶対に薬を飲まないと決めていたわけではないのですが、
気付いてみたら、薬無しで何とかしのいでいたので、我ながら奇跡的。


今年は症状が軽くて助かった~と思い返しながら、もう一つ気付きました。

かれこれ1年以上になりますが、
今も毎朝続けているフラックスオイルの効果が出始めたのかも、と。


そもそも、花粉対策で摂取し始めたわけではなく、
単に、身体にいいということでオメガ3のオイルの中から
目に付いたものを選んだだけのこと。

毎日摂取が習慣になっているけれど、
フラックスオイルの効果なんて今さら思い出しもしなければ
何かを期待して特別頑張っているというものでもありません。

効果の出方には個人差があるようですが
私の場合、身体に合っていたのかもしれませんね。


身体にいいと知ると、なんでも試したくなって、
でも実際に試してみて、身体に合わないものもあります。

私にとっては、チアシードがまさにそれ。
かえって調子を崩してしまい、あえなく断念。

その点、フラックスオイルはクセもなく、
豆乳ヨーグルトにかけると簡単に取れるので
苦もなく気楽に続けています。


花粉症状が全く出なくなったわけではないのでまだ油断できませんが、
この春は、例年になく体調も良かったように思います。

これからも、気長にコツコツ、フラックスオイルを続けよう!
改めてそう思ったのでした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2017-05-01 13:05 | 健康 | Comments(0)

迷ったとき、どちらを選ぶ?

12月になって咲き始めたバラの花が今も咲いています。
冬のバラは花持ちがいいと本に書かれていましたが、
まさか3週間以上も咲き続けてくれるとは予想もしていませんでした。
我が家に迎えた初めての四季咲きバラ、来年はもっと大きく育てたいです。


あっという間に、今年も残すところ1週間ほどになりました。
年内にやっておきたい仕事がまだ残っていて、少しばかり焦り気味です。

いつだったか、どこかで読んだある言葉を折りにつけ思い出します。
「迷ったときは、つらい方を選ぶ」。

最初は意味が分からないと思いました。
「迷ったら、好きなほうを選ぶ」とか「迷ったら、面白い方を選ぶ」というのなら、
すんなり理解できます。

が、それとは反対。
あえてつらい方を選ぶとは・・・何故だろう?と。


でも、実際にやってみたら、とても納得できました。

たとえば、目の前にやるべき仕事が2つあって、
どちらを先にしようか、と迷った時。

嫌な方、つらい方、大変な方を先に選ぶと
圧倒的に、後がラクなのです。


このやり方で仕事を進めるようにしたら
どうしよう?と考えて手が止まるというようなことがほとんどなくなりました。

悩む時間そのものがほぼゼロになり、
仕事の効率も確実に上がりました。

迷う中身にもよるとは思うのですが、
個人的に今年得た新しい気付きの中で、一番のヒットかもしれません。

迷ったら、つらい方を先にやる。
来年も続けます。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-22 15:46 | 日々徒然 | Comments(0)

研修は「きっかけ」

今朝、冷たい空気のずっと向こうに、真っ白に雪化粧した富士山の頭が見えました。
くっきりと富士山が見えるようになると、冬を実感します。
身近なところでもインフルエンザの話題が増えてきました。
空気が乾燥しています。うがい手洗いを欠かさず、感染予防に努めましょう。


秋の研修が一段落して、各地から研修のご感想やレポートが次々に届いています。
ご参加いただた皆さん、本当にありがとうございます!

嬉しいのは「職場に帰って早速実行します」という皆さんからのお声が多数見られること。
皆さんの明るい笑顔が見えるようです。

研修はきっかけでしかないと思っています。
私の仕事は、変わっていくためのきっかけを提供することです。

研修で得た気付きや学びを現場にどうやって活かしていくのかは、
皆さんのやる気や熱意によるところが大きいです。

「良かった」「よく分かった」で終わりにすることなく、まずは何か一つでも行動してみる。
実際にやってみて、各職場に合う形に変えながら
より良い職場文化を築いていただきたいと願っています。

私自身も、皆さんからもらった刺激や気付きを今後の研修に活かして
もっともっと多くの職場に笑顔とワクワクを届けたいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-08 17:32 | 研修・講演 | Comments(0)

地道にコツコツ

12月になりました。カレンダーをめくると、ついに最後の1ページ。
今年はいろいろあって、長かったような短かったような・・・。
桜がすっかり落葉して、いつものウォーキングコースも冬景色になってきました。
空気が乾燥してきりりと引き締まり、夕焼け空がきれいです。


今年も念頭に読書の目標を立てたものの、
かなり早い段階で、未達が決定してしまいました。

読書の時間そのものは、おそらく変わっていないはずですが、
変わったのは、読む本の中身。

何を読んでいるか、といえば、
去年から育て始めたバラの本ばかり読んでいるのです。
それも、飽きもせずに繰り返し繰り返し。

移動時は、さすがに他の本を読んでいますが、
自宅での読書は、ほぼ半分以上はバラの本になってしまったこの1年。
進歩がまるでないようで、自分でもあきれています。


もともと、一度読んだ本を繰り返して読むというのは
松下幸之助氏や稲盛和夫氏の著書などごく一部だけでした。

それなのに、繰り返し同じバラの本を読むのは、
バラは季節ごと、種類ごとに世話の方法が異なり、
初心者ながら多くの種類と数を手がけてしまったばかりに
まるで覚えられないからです。

さらに、思うように花が咲かなかったり、病気が発生したりして、
何故だろう?どうすればいいんだろう?と思うたびにまた本を開き・・・。

今では6冊に増えた本を、その時期の世話の内容に合わせてとっかえひっかえ、
次は何をどうするんだったかな?と学んでいます。


さて。
そんな1年の終わりが近づいたこの頃、新しい発見がありました。

繰り返し同じ本を読んで、書いてある通りに世話をしているつもりでも失敗するのですが、
突然、本に書いてあることの正しい意味が分かったのです。

ああ、こういう意味だったんだ!と。
今までは何度読んでも、本当の意味が理解できていなかったのですね。


今回の新しい発見は、つまるところ、
私のバラの世話がちょうど一巡したことによります。

昨年初めて手がけた冬剪定と誘引で分かっていなかったことを
今回ようやく、少しだけ深く理解できた気がします。


決して要領がいい方ではないので、何事も時間がかかるのですが、
あえて自分で言うなら「地道にコツコツ」が苦にならない性格です。

これからも、仕事もプライベートも、焦らず地道にコツコツを続けていこうと思います。
この週末は、2回目となるバラの冬剪定を手がける予定です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-12-02 17:33 | 日々徒然 | Comments(0)

想像力の目

庭のライラックが黄葉しました。
葉っぱが落ちないままに、全体がそっくり黄色く色づいた姿に見とれています。
街歩きをしていても、移動中の車窓からも、この時期の景色は見飽きることがなく、
日本にいて良かったとしみじみ思います。
今年は街中の紅葉も色が鮮やかに感じられて、ワクワクの毎日です。


今日も医療機関での接遇研修でした。
とても嬉しいことがあったので、早速ご紹介したくなりました。


少し前に「背中に目をつける」という記事を書きました。

後ろのことは目には見えないけれど、
背中に目を付けたつもりで、音や雰囲気に敏感に反応して、
見えない場所にいる患者さんのご要望にも
お応えできるように努力する、というような内容でした。


実は、今日の研修でも、同じお話をしたのですが、
研修後、今回もやはり医師の先生から
「自分も同じように考えているので、とても嬉しい気持ちで聞かせてもらった」
とご感想をいただきました。

F先生からは、研修前に心温まる素晴らしいお話を聞かせていただき、
私の方がたくさんの感動と大きな気付きをいただきました。

さらに研修後のご感想までいただいて、
平静をよそってお話を伺っていましたが、
あまりに嬉しくて、大きくうなずくだけでなく、心の中でもガッツポーズをしたほどでした。


さて、F先生は、私が言うところの「背中の目」のことを「想像力の目」とおっしゃいました。
なんて素敵な言葉だろうと思い、しっかり心の中にメモしました。

確かに、背中の目は想像力の目です。

見えないところにいる患者さんが、今何をしているのか、
何か困った事はないか、気分が悪くなったりしていないか、
何か手助けしてほしいと思っているのではないか・・・。

想像力を働かせることで、背後で起こるかもしれない出来事が見えてきます。

何か作業をしているときでも
見えている場所も見えない場所も、小さな変化を見逃すことがないように
想像力をフルに働かせる。

慣れてくると、自然と意識が向くようになります。
私ももっともっと、想像力に磨きをかけたいと思います。


F先生のお話を伺いながら、
どんな小さなことも、たとえ医療とは関係のないことであっても、
全てがどこかでつながっている、と感じました。

無駄な事はひとつもない。
失敗も成功も、仕事での経験もプライベートでの出来事も、
全てが身について、いつかどこかで役に立つ。
そんな思いを強くしました。


これからは、F先生のお言葉をありがたく頂戴して
「想像力の目」としてお話をさせていただこうと思います。

F先生、そして、本日の研修でお世話になった皆さん、
どうもありがとうございました。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
素敵な笑顔にたくさん出会えますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-11-18 17:33 | 研修・講演 | Comments(2)

研修の秋、真っ盛り

ススキの穂が風に揺れ、畑の柿やみかんが少しずつ色づき始めました。
今年初めて植えてみたコキアも枝が赤く色づいてきました。
早いところでは、サツマイモやサトイモの収穫も始まっているようです。
収穫の秋、到来ですね。


読書の秋、スポーツの秋、実りの秋、といろいろな秋がありますが、
私はと言えば、おかげさまで、研修の秋、真っ盛りです。

リピートのクライアントさんをはじめ、初めての訪問先でも、
参加者が過去最高人数だったり、
ご質問やご相談を次々にいただいたりと
大変充実した時間を過ごしています。

お招きくださったクライアントさん、ご担当者さん、
そして遠方からも足を運んでくださるご参加のみなさんに
心より感謝申し上げます。


研修の度にさまざまな新しい感動や気付きがありますが、
先日は、お昼の休憩で偶然ご一緒した女性のお話に大変刺激を受けました。

最初は、
「職場の事務の人たちも誘えば良かった!」
「これから職場に帰ったら、今日の話を10分くらいにまとめてすぐに伝えます」
等々、午前中の研修についてのご感想やお仕事の話を伺いました。

そこから話がどんどんふくらんで、
「現状に不満はないけれど、もっと違うこともやってみたい」
「さらにステップアップできるのではないかといろいろ考えているところです」
等々のお話になりました。

医療者との対話の中で、個別に将来のビジョンについて伺うことはごくごく少ないので
私自身、とても興味深くお話を伺いました。

医療者として、女性として、共通の思いや悩みもあり、
研修の話から大きく展開して、地域医療で患者さんのお役に立つために何ができるかなど
研修の休み時間だということを忘れてしまいそうなくらい、
さまざまな視点から話が盛り上がりました。

参加者と一緒にお昼をいただく機会はあまりないので、
本当に刺激の多い充実したランチタイムになりました。


この日は、参加者がお互いに自分の悩みや解決方法をシェアし合う姿勢が素晴らしく、
私も講師として、その気持ちに応えたい、あれも話したい、これも話したい、
とどんどん欲張りになって、研修が盛り上がっていったように思います。

研修は生もの、そして、人と人とのつながりが増えるほどに
研修の中身が濃くなっていくことをあらためて実感できた1日でした。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
[PR]
by smile_garden | 2016-10-07 20:01 | 研修・講演 | Comments(0)