人気ブログランキング |

タグ:畑 ( 92 ) タグの人気記事

待ち遠しいベリーの季節

6月に入り、地域によっては梅雨入りの声も聞こえ始めました。
この頃はレイングッズもおしゃれなものが増えてきて、雨の日の外出も楽しめますね。
今日の雨上がり、使い終わった折り畳み傘をバッグに付けている姿を見かけました。
こんな便利な商品もあるのね!と感心しました。


両親の畑のベリー類が色づき始めました。
暑すぎるのは困りますが、暑い時期が来るとベリー類の収穫ということで今から楽しみです。

最初は3種類だったブルーベリーも
少しずつ種類を増やしてきて、今年は早生から晩生まで8種類になりました。

早いものは6月末から、遅いものは9月はじめまで収穫できる予定です。
小さな苗を買ってきて育てているので、本格的な収穫はまだ先ですが
イメージだけでも十分楽しんでいます。


花の時期に畑に行って初めて気付いたことがあります。
ブルーベリーの花はすずらんのような白い小さな花ですが、
種類によって花の形や色が微妙に違うのです。

考えてみれば当たり前のことなんですが、
色がピンクがかっていたり、花のふくらみ具合や長さなどが違っていたりと
それぞれに個性があることに改めて気付きました。


収穫の時期が異なるものを育てることで
長い期間にわたって食べることができるようにと思って増やしてきました。

しかし、収穫の時期が異なるだけでなく、花の違いがあり、さらには味も違うわけです。
ブルーベリーの奥深さを感じてワクワクしています。

食べ比べが出来るようになるにはまだしばらく時間がかかりそうですが、
今からそのときを楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2015-06-03 17:49 | 日々徒然 | Comments(0)

深まる秋、味覚の秋

10月になりました! 早いもので、今年も残すところあと3か月です。
秋の味覚の代表とも言える栗ですが、両親の畑でも収穫が始まりました。
採れたてのふっくらと丸みのある栗は表面もツルツルでツヤツヤ。
昨年手に入れた栗の皮むき器が今年も大活躍しそうです。


畑のいちじくも最盛期を過ぎて、
初夏のラズベリー以来ずっと途切れることが無かった畑の果物も
秋の深まりとともにそろそろ一段落の様子。

次はキウイの出番を待つばかり。
今年は嬉しいことに豊作で、子どもの手に余るほどの大きな実もついて収穫が楽しみです。


冒頭に書いた栗ですが、
皆さんはどのような食べ方がお好みでしょうか。

ほんの最近、私が驚いたことの一つに、栗の茹で方があります。
我が家では、何も入れずにただ栗を茹でて、スプーンですくって食べるのですが、
先日ラジオから偶然聞こえてきたのは、塩を入れて茹でる方法。

初めて聞く方法だったので、帰って早速やってみました。
なるほど、栗の実が引き締まって、甘さが際立つ感じです。

後で調べてみると、どこを見ても茹でるときには塩を加えると書いてあります。
何でもないことのようですが、新しい気付きが喜びを運んでくれると思いました。


茹で栗のことを考えていたら、塩茹で落花生が思い浮かびました。
落花生、さつまいも、里芋・・・と、これからまだまだ秋の味覚が待っています。
身体に健康に、採れたての旬の栄養を味わい楽しめる幸せを満喫しています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
by smile_garden | 2014-10-01 11:45 | 日々徒然 | Comments(0)

夏の出来事いろいろ

今日から9月。雨降りの新学期スタートという生徒・学生さんも多いことでしょう。
両親の畑では、夏野菜やベリー類が終わり、イチジクの収獲が始まりました。
猛暑と大雨の8月が去り、いよいよ秋ですね。


出入りの多い8月でしたが、
この夏を私的に振り返ってみようと思います。

まず、今年のメダカから。
産卵の始まりが遅く、あわせて孵化スタートも例年より遅かったことから
出足が遅れて成長もどうなるやらと心配しましたが、
8月には産卵を始める1年生メダカもぼちぼち出てきました。

今年は猛暑日も多く、高温との戦いといった印象が強い反面、気温が低めの日も多く、
めだか達には水温の高低差も大きく、過ごしにくい夏だったかも、と思っています。


この夏の新しい出来事と言えば、メダカの新しいタンクメイトを迎えたこと。
先日、水槽に新しく仲間入りしたのはドジョウです!

以前、長年飼っていた金魚とも、
この数年続けて飼っているメダカやエビやラムズとも、
ドジョウはちょっと違う動きをしてくれて、見ていて飽きません。

底砂付近を動くものと思いこんでいたドジョウですが、
意外にも水面ではねることがあると分かり、驚いています。

じっくりと眺めている時間がもっと欲しいくらい、
潜って隠れる等の生態や、種類によってヒゲの本数が違うことなど、
新しいタンクメイトへの興味が増しているところです。


今年も、複数の方々にメダカや睡蓮の里親さんになってもらいました。
それぞれが、成長や開花の様子を知らせてくれて、
嬉しいのと同時に、とても励みになります。

今まで私は温帯性スイレンばかり育ててきましたが、
いつか熱帯性スイレンも咲かせてみたいと思うようになりました。
青や紫系の花を咲かせる熱帯性スイレン・・・どんどん夢が広がって、楽しみです。


さて、両親の畑ではこの夏もたくさんの収獲がありましたが、
この夏のトピックは、なんといっても採れたてベリーのスムージー。

特に、今年から採れ始めたブラックベリーのソンフリーは
酸味が強いせいか、スムージーにすると最高の美味しさでした。

完熟のソンフリーは、酸味が弱くなり甘みが前面に出てきます。
その甘さ、私はブドウの味に近いと感じますが、
人によって、グレープフルーツみたいという人もいます。

個人的には、同じブラックベリーのボイスンベリーよりも、
ソンフリーの方がスムージー向きだと思いました。

私のお気に入りは、プレーンヨーグルトとハチミツを加えたもの。
いろいろなベリースムージーの中でも断トツの美味しさで、子ども達にも大人気でした。

他にも、豆乳を加えたり、他のベリー類と混ぜたりと
いろんなバリエーションを楽しむことができました。


暑い間続けてきた早朝ウォークですが、
ここ一週間は朝夕過ごしやすくなってきたので、そろそろ時間帯をシフトしようかと考え中。

この夏も引きつづき体調を崩すこと無く、
昨年までの夏太りも気にせずに過ごすことが出来たのは
早朝ウォークの効果かなと思っています。

その日のスケジュールによって、歩く時間やルートは日ごとまちまちなのですが、
歩いている方の中には、度々すれ違う方が何人かいらして、それぞれに挨拶を交わします。

手をあげて挨拶してくださる方、丁寧に頭を下げられる方など人それぞれの挨拶があり、
そんなことさえも楽しく感じた夏でした。


つらつらと私ごと夏の出来事を書いてみました。
秋に向けて、次はどんな楽しいことがあるだろう、とワクワクでいっぱいです。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2014-09-01 10:07 | 日々徒然 | Comments(0)

7月になりました~!

街のあちこちで色鮮やかにオレンジ色の花を咲かせるノウゼンカズラ。
ノウゼンカズラは漢字で「凌霄花」と書きます。
「凌」は「しのぐ」、「霄」は「そら」の意味があり、
つるが伸びて空を凌ぐほど高く登る、というところから付けられた名前とか。
どこまでも高く高く伸びて花を咲かせる姿に、力強さを感じます。


7月になりました!
早いもので、今年も下半期に突入です。

あっという間に時間が流れていきますが、今年も新しい出会いが次々にあり、
本当にワクワクの毎日です。

先週は、お仕事でお世話になっているFさんに、メダカの卵をお持ちしました。
Fさんが里親になってすぐ、メダカが孵化したとの知らせが届きました。
予想外の速い孵化に驚きつつ、その知らせに私の方が嬉しくなりました。


両親の畑では、ラズベリーにつづいて、ブラックベリーのソンフリー、
そしてブルーベリーも収穫が始まりました。
夏野菜も次々に収穫が始まり、ミニトマトやトマト、オクラなども採れています。

今年はいかにも梅雨らしい曇り空の日が多いように感じますが、
一方で気温の上下も大きく、真夏日も多く記録されています。

不安定なお天気に振り回されているのは人間の話。
収獲された野菜を見るたびに、自然界では着実に季節が進んでいるのを実感します。


湿度・気温が高くなってきて、感染症の発生も増えているようです。
体調管理を怠らず、今年後半も元気いっぱい過ごしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい笑顔にたくさん出会えますように。
by smile_garden | 2014-07-01 09:52 | 日々徒然 | Comments(0)

採れたて完熟ベリーのスムージー

ワールドカップブラジル大会、日本第二戦の対ギリシャ戦は引き分けでした。
かなり攻めていた印象だったので、期待しながらテレビ観戦していましたが
得点につながらず残念でした。
次のグループリーグ最終戦のコロンビア戦も、全力を出し切って欲しいと願っています。


両親の家庭菜園では、夏野菜の収獲が始まっています。
ベリー類の収獲も絶好調。
ブラックベリーの収獲はピークを越えましたが、
ラズベリーとイエローラズベリーはこれからが最盛期です。

そこで私も、時間があるときは早朝ウォーキングの帰りに畑に寄り、
ラズベリーを収穫します。

採りたてベリーをいま流行りのスムージーにして朝食前に飲むと
こんな贅沢があるだろうかと毎回感激して、感謝の気持ちでいっぱいになります。


もう少しで収穫が終わるブラックベリーですが、
こちらは早生の品種で、白い花が咲くボイセンベリー。

実は畑には、植え付けてからふた冬を越してようやく実を付けてくれた
晩生のブラックベリー、ソンフリーがあります。

ソンフリーは薄いピンクの花が咲くので、ボイセンベリーとは花も違いますが、
味も少し異なるようです。
今ようやくほんのり赤く色づいてきたところ。
今年が初めての収獲なので、どんな味がするのか楽しみにしています。


ブラックベリー、ラズベリー、イエローラズベリーとそれぞれ酸味と甘さのバランスが異なり、
どれも美味しいスムージーができます。

豆乳を混ぜてソイスムージーにしたり、ヨーグルトや蜂蜜を入れたり、
ベリーをあれこれミックスしてみたり。
私は氷を入れないスムージーが好みですが、夏の新しい楽しみ方を満喫しています。


野菜・果物の中でブルーベリーに次ぐと言われる高い抗酸化力を持ち、
ビタミンも豊富なブラックベリー。

通常は冷凍ベリーを使う方が多いことと思いますが、
両親が畑で作ってくれるからこそ出来る至福の贅沢、採れたて完熟ベリーのスムージー。
栄養と愛情満点、もちろん味も最高です。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝の気持ちを込めて、
新しい学びに出会えますように。
by smile_garden | 2014-06-20 10:25 | 健康 | Comments(0)

ブルーベリーと新人研修

新人研修の季節です。
今年もたくさんの新社会人の皆さんと出会い、ワクワクがいっぱいの毎日です。


週末ほんの少しでしたが、用事を頼まれて両親の畑に行きました。
用事を済ませたら、私はブルーベリーの様子を見に直行!
久しぶりに見るブルーベリーの木には、早生の花がたくさん咲いていました。


私がひそかに目指しているのは、早生から晩生まで、例えば6月から8月まで、
長い期間にわたってブルーベリーの実が収穫できるようになることです。

ブルーベリーには本当にたくさんの種類があって、
果実の大きさや甘さ・酸味、そして収穫の時期がそれぞれ違います。

あれもこれもいろいろ育ててみたい気持ちでいっぱいですが、
さすがにスペースに限りがあるので、
今は、すでにあるものを大切に育てながら勉強中といったところ。


自分で剪定や収穫を始めてからは、
ブルーベリーの花の時期は、毎年ドキドキとワクワクでいっぱいです。

今日の夕刊の記事に
「(野菜は)手入れをした分だけ応えてくれる」というようなことが書いてありましたが、
ブルーベリーとて同じこと。

真冬の剪定をしっかり行うと、夏の実りにその結果が現れます。
そう、花がどれくらい咲くかで、実りの予想ができるのです。


手をかけた分だけ、心を込めて接した分だけ、しっかり応えてくれる。
それは、人材育成も同じですね。

一人ひとり個性を持った新人の皆さんと、私も本気で向き合います。
今年は特に、自分をさらけ出して向き合っています。
その成果があるのかないのか、皆さんが本当に心から向き合ってくれるのが分かります。

各地、各医療機関の新人研修で出会ったピカピカの新人さんたちが
各職場で元気よく挨拶してとても頑張っている、とのご報告をいただいています。
皆さんの笑顔が目に見えるようで、何より嬉しい知らせです。


季節の変わり目に加えて環境も変化して、体調管理が難しい時期です。
頑張り過ぎず、疲れをため過ぎず、しっかり睡眠をとって
笑顔で元気いっぱい明るい挨拶を続けましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい出会いがたくさんありますように。
by smile_garden | 2014-04-14 21:31 | 研修・講演 | Comments(0)

春を感じる出来事

今日は、日差し暖かく風は強く、2月末なのに春嵐?と思ってしまう陽気でした。
明日からいよいよ3月。出会いや別れの季節がもうすぐですね。


ああ、春だなぁ、と感じる出来事は人それぞれだと思いますが、
ここ数日は少なからず誰でも春を感じる機会があったのではないでしょうか。


私の場合、春を思い起こすものは数あれど、先ずはなんといってもフキノトウ。
(まず食べ物が思い浮かぶところがなんとも・・・笑)

あの何とも言えない苦みは決して飛び切り美味しいものとは言い難いのですが、
それでも、ふきのとうの天ぷらを食べると、春だなぁ、と思います。

先日の大雪が消えた後、両親が畑から採ってきたふきのとう。
方々にお裾分けして、残った分が我が家の食卓にも並びました。

今は、ふきのとうが土の上にちょこんと芽を出しているだけの畑ですが、
暖かくなれば、一面ふきの葉っぱが生い茂り、地面は全く見えなくなります。
ふきのとうは新しい生命そのものです。


もう一つ、私が春を感じるのは、庭の睡蓮鉢でメダカの姿を見かけた時。
まさに今朝がそうでした。

冬の間は、日中、それも余程暖かい日でなければ、水面近くに上がってくることが無いため、
ほとんど見かけることがありません。

今年の冬は、睡蓮鉢ごとそっくり雪に埋もれてしまいましたから(それも2回も!)
果たして元気でいてくれるやら・・・と気になっていました。


何しろ、メダカを飼い始めて随分になりますが、
睡蓮鉢の上にこれほどの大雪が積もったのも、
睡蓮鉢そのものが雪で覆われて見えなくなったのも
初めてのこと。

45センチ近い深めの鉢が二つ、鉢の中まで雪でいっぱいになっていて、
いつもの冬のように、表面に氷が張るのとは訳が違います。

さすがにこれでは鉢底に潜んでいても凍えてしまうかも、
と、最悪の事態も覚悟していました。


今朝はいつもより暖かい朝で、何気なく睡蓮鉢の方に目をやると
水面でヒュッっと何かが動いた気配あり。

あ、メダカが生きてる!!!
とすぐに分かったので、急いで鉢に近寄ってみましたが、
メダカたちはすでに隠れて見えませんでした。


屋内でも、ヒーターがない水槽では弱ってしまうメダカがかなり居たので、
例年になく厳しい冬だったように感じます。

それにもかかわらず、外の厳しい環境の中で無事に冬を越してくれたメダカたちに
ご褒美でも授けたい気持ちです(笑)


さて、私の3つめの春は、花粉症です。
今日は今シーズン初めて、目の痒みと鼻・ノドの違和感を同時に感じました。
こればかりは、あ~来ちゃったのね、です。

人それぞれ、いろんな春が待っていることでしょう。
心が温かくなるような、たっぷりの笑顔で春を迎えましょうね!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2014-02-28 16:14 | 日々徒然 | Comments(0)

12月のひとりごと

この頃、夜空にくっきりと星が見えます。空気が澄んでいるためでしょうね。
先週後半は、宵の明星と三日月が一緒に見られるチャンスでしたが、
タイミングが合わず残念!
それでも、お皿を空に置いたようなきれいな三日月を見つけて嬉しくなりました。


あっという間に12月です。
ああ、師走なんだなぁ、としみじみ思うこの頃です。

週末、久しぶりに両親の畑に行きました。
ブルーベリーが紅葉していて、なかなか見事な光景。
もうとっくに終わっていると思いこみ、今年は見逃したなぁと残念に思っていたもので、
ちょっぴり得した気分になりました(笑)

ノロウイルスやインフルエンザといった感染症の話題が多く見られるようになってきたのも
真冬の到来を感じさせます。
マスク着用の姿も多く見られるようになってきましたね。

受験生がいらっしゃるご家庭では、健康管理が特に気になる季節でもありますね。
私もこの時期、喉の乾燥には気をつかいます。
週末、畑にいる短い時間でも喉がイガイガしてくるのが分かりました。

乾燥対策、感染症対策、風邪予防・・・
全てに共通するポイントは、体力をしっかり維持すること、免疫力を高めること。

冷え込みも厳しくなってきました。
身体が冷えると免疫力・抵抗力が下がってしまいます。
暖かくして、栄養と睡眠をたっぷりとって、元気いっぱい過ごしましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい気付きがたくさんありますように。
by smile_garden | 2013-12-09 11:32 | 日々徒然 | Comments(0)

生姜の収獲

街路樹の紅葉が美しいこの頃、街歩きがいつにも増して楽しみです。
夕日を浴びて明るく浮かび上がる黄葉したイチョウ並木に見とれたのが数日前、
昨日は朝焼けに染まるケヤキ並木にまたもや心奪われました。


両親の畑で、今年初めて作った赤い大根。
外の皮だけが赤くて、中は普通の大根と同じように白いのですが、
即席漬けなどにすると皮の赤みがアクセントになり、彩りも楽しめます。
この赤大根、煮ものにすると皮の赤みが消えるのにはビックリしました!


もう一つ、今年初めてたくさん採れたのが生姜でした。
一口にショウガと言っても、いろんな種類があるそうで、
その中の2種類を試しに作ってみたのだとか。

新生姜といえば、甘酢漬け。
お寿司に添えられる「がり」ですね。

収獲した生姜で早速試しに作ってみましたが、
砂糖とお酢のバランスが難しく、しまりのない微妙なお味に(笑)
薄切りも、頭の中で描く食感とは微妙に異なり、
簡単そうだけど、いざ自分でやってみたら難しかった!という結果になりました(^_^;)

甘酢や薄切りの加減は好みもあるので、
これからお気に入りを試行錯誤することになりそうです。


さて、朝晩の冷え込みも本格化してきて、霜が降りる季節になりました。
冷えた身体を温めるには、しっかり着込むことも大切ですが、
温かい食事で身体の中から温める方法も欠かせません。

生姜に含まれる辛み成分と香り成分は、身体によい様々な働きをもっています。
特にこれからの季節に活用したいのが、生姜の身体を温める働きです。

辛み成分であるジンゲロール・ショウガオールには
血行を促進する作用や、身体を温める働きがあります。
新陳代謝を活発にして発汗作用を高める働きもあります。
これらの辛み成分は強い殺菌力も持っています。

ショウガの香り成分シネオールには、食欲増進の働きがあります。
胃の働きを整えて、消化を促進する働きです。

これらの辛み・香り成分には抗酸化作用があるため、
老化やがんの予防にも効果があります。


お寿司屋さんの「がり」は、口直しの意味だけでなく、
抗菌効果で食中毒を予防し、消化を促す働きがあるのですね。

また、生姜を使った料理を食べた後は身体がポカポカしてきますが、
生姜の身体を温める効果は、生のままより加熱した方が効果が大きくなると言われます。
これは、辛み成分ジンゲロールが加熱によりショウガオールに変化するためです。
身体を温めたい場合は、生姜湯や加熱料理で摂る方が効果があるのでおススメです。


朝晩と日中の気温差が大きく、空気が乾燥しているため、
風邪を引きやすい時期でもあります。

生姜は、身体を温めることで風邪を予防し、
風邪の引きはじめには、発汗・解熱作用も期待できます。

他にもたくさんの働きを持ち、色々な働きで健康に役立つ生姜。
いろんな料理に積極的に使って、健康づくりに役立てましょう!


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
新しい学びがたくさんありますように。
by smile_garden | 2013-11-22 20:16 | 健康 | Comments(0)

フェイジョアの収獲

色づき始めた桜並木を歩きました。
春の桜もきれいですが、紅葉した桜もまたきれいです。

秋の桜など意識したこともなかった私ですが
あるとき、一年を通して桜の木が好き、という話を聞いてから見方が変わりました。
赤く色づいた秋の桜はとても味わい深く、今では大好きになりました(^^)


両親の畑では秋の実りの収獲が終わり、冬野菜へ移ってきました。

今秋も色々な野菜や果物がたくさん採れましたが、
今年初めてたくさん採れたものもあります。
その一つがフェイジョアです。


植えてからもう5年ほどになるでしょうか。
最初は名前も聞いたことが無く、どんなモノなのか全く想像もつきませんでした。

一昨年・昨年と片手で数えるほどの実を収穫しましたが、
当然ながらみんなで一口ずつ口に入れたら終わり。
とても味わうには程遠く、どんな味だったかも忘れてしまいました(笑)

そのフェイジョアが、今年はたくさん花をつけました。
5~6月頃、花弁の内側が赤で外側が白の
いかにもトロピカルフルーツらしい鮮やかな花が咲きます。

秋になって、濃緑色の実が自然落下したときが熟したサイン。
植えてから初めて、ボウルにいっぱいになるくらい収穫できました。


フェイジョアは、収穫してもすぐには食べません。
追熟することで香りもよくなり、
パイナップルやバナナ、洋ナシを足したような味になります。
追熟すると糖度も15~16度くらいになるとのこと。

南米が原産地のフェイジョアは、パイナップルに似た甘い香りから、
別名パイナップルグァバとも言われます。

栄養成分としては、食物繊維やビタミン、ポリフェノールなどを含み
中でもビタミンCはみかんと同じくらい豊富に含まれているとか。
美容と健康にも良さそうです(笑)


・・・と、受け売りの言葉を並べてしまいましたが、
今年はゼリー状の甘い実をたっぷり食べられるのを今から楽しみにしています。


今日もここを訪れてくれたあなたへ
感謝を込めて、
たくさんの気付きがありますように。
by smile_garden | 2013-11-12 17:23 | 日々徒然 | Comments(0)